鰻のタレ的クルマ論 〜つぎ足し、つぎ足しでン十年〜

 ユニークな視点の自動車評論でおなじみの小沢コージさんが、他誌でベンツのGクラスをつぎ足しつぎ足しの焼き鳥のタレ的クルマだと評価していたけれど、考えてみればGクラスのようなクルマはほかにもたくさんある。

 例えばカローラなんか、登場したのが’66年だから、すでにおん年49歳。’79年に登場したGクラスの大先輩だ〜。しかも現行モデルは11代目、そのタレの味も熟成の域に達している。クラウンなんかも、おん年60歳。

では海外ではないのか、と探せば、あるじゃないですかポルシェ911シリーズ。こちらも50歳を超える長寿モデルの最右翼。

 う〜ん、ご長寿モデルは、なんかその味に秘密がありそう! ということで、本企画ではつぎ足しつぎ足しで作る鰻のタレ的クルマ評論をしてみました。それでは早速いってみましょう。

トヨタのヘリテージ 2車の秘伝のタレ度は

 のっけはやはり伝説のクラウン。ご存じのとおり国産車のなかのハイソサエティカーだ。初代モデルが’55年に誕生し現行モデルはなんと14代目。その間ずっと高級路線を突き進んできた。

01

 7代目クラウンの「いつかはクラウン」なんていうキャッチコピーも懐かしい。タレ的にはまさに熟成の味。つぎ足しつぎ足しの効果が抜群に現われていた。

 しか〜し、タレ的にいえばアスリート(最初は特別仕様車として登場、その後カタログモデルに昇格)が設定された頃からビミョーに味が変わり始めた感じだ。

 それは秘伝のタレに、タバスコが入ったような感じでこの点はマイナスポイントといえるのではないでしょうか。

 売り上げを伸ばしたい、モデルバリエーションを増やしたい、という思惑はわかるけど、高級車なんだからスポーティさなんてなくてもいいんじゃない、と思うのです。それをついつい欲を出してスポーティモデルを出すからタレに雑味が入ってしまった。

 いいものを食べ慣れた大人の舌は繊細だ。雑味が入ればお客は逃げる。上客を逃したくないなら、伝統にこだわる、それしかないぞ。

 高級フレンチでもそう。売り上げを伸ばそうと、素材の質を下げると途端に客足が悪くなり、さらに素材の質を下げなければやっていけないという悪循環に。それと同じことであります。それでもクラウンは高級車という秘伝の味を守っているクルマ、と評価したい。

 ということで秘伝のタレ度は70点

〈カローラはどうなんだ?〉

02

 お次は同じトヨタのカローラ。これも歴史が長いクルマだ。しかし今やカローラという名には、アクシオという余計な名前がつき、すでに秘伝のタレはナンプラーに成り代わってしまった。

 それもこれも元凶はカローラによる世界制覇を夢見たトヨタがいけない。もともと国ごとにクルマに対するニーズが違うのは当然のこと。そこでトヨタは欧州ではオーリスを、北米やアジアでは大柄ボディのカローラを送り込んできた。

 で、日本はどうしたかというと、タイで発売しているヴォイスの兄弟車としてカローラアクシオを登場させちゃった(プラットフォームはヴィッツベースね)。

 これなら車重が軽いから燃費はいいし、安く作れるから価格競争力も抜群という理由からだ。しかしどうだ。古くからカローラに対する『使い勝手のいい実用車』というイメージは崩れ去り、同時に秘伝のタレなんてどっかにいってしまった、残念!

 50年に及ぶ伝統の匂いすら残っていない。このこともあって秘伝のタレ度の評価は低い、残念!

 ただ最新モデルは大胆なフロントフェイスイメージチェンジでトヨタは巻き返しを図ろうとしている。この先カローラの味はどうなるんでしょう。見ものですね。

 ちな、ナンプラーはタイで生まれた魚醤。魚と塩を漬け込み、発酵させたもので、日本でいえば、秋田の「しょっつる」。トムヤンクンの美味しさの秘密は、コレ。

コンパクトカーは味が大いに薄まった

04

 お次はコンパクトカー2台。マーチとミラージュだ。どちらも日本を代表するコンパクトカー(だった)。マーチの初代モデルは’82年登場。ミラージュは’78年登場。

 マーチはあのジウジアーロ先生の作品。走り屋にはマーチターボが人気で、’02年登場の3代目は特に人気が高く、ヨーロッパでも大人気、ゴーン社長もベタ惚れだった。

 いっぽうミラージュはスーパーシフトにターボモデルが大人気で、かつてのワンメイクレース、ミラージュカップは本誌でもおなじみの中谷選手を誕生させたレースとしても知られている。それだけモータースポーツシーンでも大いに盛り上がった。

05

 しかし変化が起きたのは初代ヴィッツが登場してからだ。圧倒的な燃費のよさにマーチもミラージュも押され、あえなく販売低迷。

 マーチは’02年の3代目、ミラージュも’95年登場の5代目までは頑張っていたものの、ついに両車ともに生産拠点をタイに変え、低価格を維持している。つまりミラージュもマーチも長く続いた秘伝のタレを捨てて、どちらもナンプラー味になってしまったというわけだ、残念。

 ナンプラー味は好みが分かれるのか、どちらも今のところ販売低迷。しかもハイブリッドモデルでもないので、アクアにやられっぱなしになっているのが現状、辛い! 

 なので秘伝のタレ度は両車ともに10点

P90_A

 そんななか、一人気を吐いているのがマツダだ。コンパクトモデルデミオは、秘伝のタレを見直し、ベースの味としてSKYACTIVを投入することで、旨味を増し、ただいま大人気。こちら純和風の味をアピールすることで成功している。

 結局マーチやミラージュのように、鰻のタレ同様、つぎ足しの加減を間違うと秘伝のタレもアッという間にどうしようもない代物になってしまうということなのでしょう。後継者の感性と舌の実力が試されるようです。開発者の皆様は要注意を。

アメリカを向くと伝統の味が変わるぞ

06

 日本にとってアメリカ市場は大事。しかしアメリカ人の好みは日本人とかなり違う。ピザ大好き、ハンバーガー大好き、BBQ大好きとなんでも大食いだ。

 最近は寿司も大ブームだけど、日本では見かけないような巻き寿司も登場。それでも人気というのだからよくわからない。秘伝の味を守るべく国産車もアメリカ人の舌に合わせてクルマを開発しなければ売れない。レガシィとZも苦戦した。

 もともとZは初代モデルからアメリカで大人気。そのまま進化したから、テイストというかZならではの味はそのまま。秘伝の味を守っているといえる。

 なので、秘伝のタレ度は90点

スクリーンショット(2016-01-20 11.08.42)

 いっぽう、大きく味を変えてしまったのがレガシィだ。それまでレガシィの美点のひとつは使いやすいボディの大きさだったけど、こともあろうはスバルはもっとアメリカで売れるようにと日本市場を無視してボディを大型化。日本の道路事情では使いにくい大きさにしてしまった。

 もはや5代目(’09年登場)を登場させた時点で秘伝のタレを捨ててしまったに等しい。当然国内では販売低迷。慌てたスバルは、国内市場向けにレヴォーグを投入。秘伝のタレを一から作るハメに。なので、レガシイの秘伝のタレ度はおまけしても20点だ。

RV系は秘伝のタレ度が高かった!

09

 ここからは駆け足でいきましょう。ご長寿モデルは他にもあって、忘れてならないのはトヨタのハイエース。初代登場は’67年というからカローラとほぼ同じ。日本の経済を高度成長時代から支えてきた商用車だ。

 現行モデルは5代目で、初代からずっと荷物をたくさん乗せて運ぶという黒子的な役割を果たしてきた。なのでこれはもう秘伝のタレの味がどっぷり出ている。

 秘伝のタレ度は満点といえる。

08

 そしてもう1台秘伝のタレの味を濃厚に醸し出しているのがランクルだ。ボディサイズは今やとてつもなく大きいが、それは世界のニーズに合わせてきたから。

 ほかのSUVがオンロード性を重視してフレーム構造を捨てるなか、未だランクルはフレーム構造。これだけをとっても下味がしっかりしていることがわかる。

 秘伝のタレ度95点

10

 そしてオフロード系ではジムニーも忘れてならない1台。軽いボディにフレーム構造。オフロードでの強みはこの車ならでは。重量級のSUVなんかよりよっぽど高い走破性を見せる。それが120万円代から買えるのだから凄い。

 45年の歴史に敬意を示して秘伝のタレ度は100点満点だ。

 最後もおなじみのRV、デリカ。初期モデルは荷物を運ぶミニバンだったが、’79年のスターワゴン登場以来、デリカのコンセプトはオフロード性能を極めたミニバンだ。そのため現行モデルはプラットフォームにアウトランダーのものを利用し、高いオフロード性能をもたせている。

 なので、秘伝のタレ度は90点

11

 以上、秘伝のタレ的クルマを見てきたけれど、伝統を重んじるクルマはやはり長く愛されるということですね。

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ