【ハイエース、ジムニー、ランクル…】鰻のタレ的クルマ論~つぎ足しでン十年〜


 ユニークな視点の自動車評論でおなじみの小沢コージさんが、他誌でベンツのGクラスをつぎ足しつぎ足しの焼き鳥のタレ的クルマだと評価していたけれど、考えてみればGクラスのようなクルマはほかにもたくさんある。

 例えばカローラなんか、登場したのが’66年だから、すでにおん年49歳。’79年に登場したGクラスの大先輩だ〜。しかも現行モデルは11代目、そのタレの味も熟成の域に達している。クラウンなんかも、おん年60歳。

では海外ではないのか、と探せば、あるじゃないですかポルシェ911シリーズ。こちらも50歳を超える長寿モデルの最右翼。

 う〜ん、ご長寿モデルは、なんかその味に秘密がありそう! ということで、本企画ではつぎ足しつぎ足しで作る鰻のタレ的クルマ評論をしてみました。それでは早速いってみましょう。

トヨタのヘリテージ 2車の秘伝のタレ度は

 のっけはやはり伝説のクラウン。ご存じのとおり国産車のなかのハイソサエティカーだ。初代モデルが’55年に誕生し現行モデルはなんと14代目。その間ずっと高級路線を突き進んできた。

 7代目クラウンの「いつかはクラウン」なんていうキャッチコピーも懐かしい。タレ的にはまさに熟成の味。つぎ足しつぎ足しの効果が抜群に現われていた。

 しか〜し、タレ的にいえばアスリート(最初は特別仕様車として登場、その後カタログモデルに昇格)が設定された頃からビミョーに味が変わり始めた感じだ。

 それは秘伝のタレに、タバスコが入ったような感じでこの点はマイナスポイントといえるのではないでしょうか。

 売り上げを伸ばしたい、モデルバリエーションを増やしたい、という思惑はわかるけど、高級車なんだからスポーティさなんてなくてもいいんじゃない、と思うのです。それをついつい欲を出してスポーティモデルを出すからタレに雑味が入ってしまった。

 いいものを食べ慣れた大人の舌は繊細だ。雑味が入ればお客は逃げる。上客を逃したくないなら、伝統にこだわる、それしかないぞ。

 高級フレンチでもそう。売り上げを伸ばそうと、素材の質を下げると途端に客足が悪くなり、さらに素材の質を下げなければやっていけないという悪循環に。それと同じことであります。それでもクラウンは高級車という秘伝の味を守っているクルマ、と評価したい。

 ということで秘伝のタレ度は70点

〈カローラはどうなんだ?〉

02
カローラアクシオ

 お次は同じトヨタのカローラ。これも歴史が長いクルマだ。しかし今やカローラという名には、アクシオという余計な名前がつき、すでに秘伝のタレはナンプラーに成り代わってしまった。

 それもこれも元凶はカローラによる世界制覇を夢見たトヨタがいけない。もともと国ごとにクルマに対するニーズが違うのは当然のこと。そこでトヨタは欧州ではオーリスを、北米やアジアでは大柄ボディのカローラを送り込んできた。

 で、日本はどうしたかというと、タイで発売しているヴォイスの兄弟車としてカローラアクシオを登場させちゃった(プラットフォームはヴィッツベースね)。

 これなら車重が軽いから燃費はいいし、安く作れるから価格競争力も抜群という理由からだ。しかしどうだ。古くからカローラに対する『使い勝手のいい実用車』というイメージは崩れ去り、同時に秘伝のタレなんてどっかにいってしまった、残念!

 50年に及ぶ伝統の匂いすら残っていない。このこともあって秘伝のタレ度の評価は低い、残念!

 ただ最新モデルは大胆なフロントフェイスイメージチェンジでトヨタは巻き返しを図ろうとしている。この先カローラの味はどうなるんでしょう。見ものですね。

 ちな、ナンプラーはタイで生まれた魚醤。魚と塩を漬け込み、発酵させたもので、日本でいえば、秋田の「しょっつる」。トムヤンクンの美味しさの秘密は、コレ。

次ページは : コンパクトカーは味が大いに薄まった

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ