連日各地で降雪注意報!! 冬用タイヤへの交換タイミングを見誤るな!!


 NEXCOでは、冬用タイヤの早期交換を喚起し、冬道の安全運転を啓発する目的として、毎年初冬に冬用タイヤ装着率調査を実施している。

 NEXCO中日本 金沢支社が12月7日にサービスエリア(SA)で冬用タイヤの装着状況を調査したところ、冬用タイヤの装着率は83%で、約2割が未装着だったとのこと。

 そして、冬用タイヤ未装着の車両が多かったナンバーは、関西・中京圏だったことも判明している。

 一方、NEXCO東日本新潟支社が12月8日に新潟県内などの高速道路4カ所のサービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)で実施した調査での冬用タイヤ装着率は、全体で95%だったという。

文/藤田竜太、写真/AdobeStock(トップ写真=One@Adobe Stock)

【画像ギャラリー】冬用タイヤ未装着は命にかかわる!! 一刻も早いタイヤ交換を!!(6枚)画像ギャラリー

■夏タイヤは気温の低下で性能も低下する

タイヤは気温や路面温度の影響を受けて硬化・軟化が発生する。夏に性能を発揮するように素材を調合している夏タイヤは低温で性能が落ちる(umaruchan4678@Adobe Stock)

 ブリヂストンやダンロップなどのタイヤメーカーでは、雪が降り出す約1ヶ月前を目処に、スタッドレスタイヤの購入&履き替えを推奨しているので、12月7日の北陸地方で約2割の人がノーマルタイヤだったというのは不安というか、不用心といえるだろう。

 ちなみに石川県金沢市の平年の初雪観測日は11月24日。つまりこの地域であれば、10月末には冬用タイヤへ交換するのが理想的なタイミングになる。

 雪が降りだす一ヶ月も前から冬用タイヤの装着が推奨されているのは、雪がなくても気温が低いと夏用タイヤの性能がガクンと低下してしまうため。

 気温が7度を下回ると、夏タイヤよりも冬用タイヤの方が性能的に優位になり、安心して走れるようになる。

 さらに外気温が5度を下回ると、路面が凍結する可能性が出てくる。

 水の凝固点は0度というのは常識だが、アスファルトは大気中よりも熱が逃げやすいため、外気温よりも低くなる傾向があり、気温が0度以上でも路面が凍結することがあるからだ。

 路面が凍結してしまったら、夏タイヤではもうお手上げ。

初雪の一ヶ月前に冬用タイヤに交換するのが理想のタイミング。気象庁のホームページなどを活用して適切な時期に履き替えたい(tkyszk@Adobe Stock)

 そういう意味では、初雪の一ヶ月前に冬用タイヤに履き替えるというのはじつに理にかなったタイミングで、最高気温が7度を下回る日が増えてきたら早めにタイヤ交換を済ませておこう。

 気象庁のHPにアクセスすれば、主要都市の「雪の初終日 平年値」がわかるので、これはけっこう役に立つかも。

 ちなみに高速道路で「冬用タイヤ規制」が出された場合は、4WDやSUVでも冬用タイヤもしくはタイヤチェーンを装着していなければ走行はできない。

 もし、「冬用タイヤ規制」が出されているにもかかわらず、チェーンなしの夏タイヤで高速道路を走り続けた場合は、「高速自動車国道等措置命令違反」で、違反点数2点(反則金なし)が課せられる。

 高速道路を走行中に、「冬用タイヤ規制」が出された場合は、夏タイヤで走行しているクルマは、最寄りのインターチェンジで降りるしかない。タイヤチェーンを携行していれば、路最寄りのサービスエリアやパーキングエリアで装着したのち、引き続き走行が可能になる。

 高速道路で「冬用タイヤ規制」が出ると、高速の入口(料金所)やSA・PAで全車、タイヤをチェックされる場合もあるので、くれぐれも規制には従うこと。

■オールシーズンタイヤも過信は禁物

サイドウォールにスノーフレークマークがついたオールシーズンタイヤならばタイヤ規制中でも走行可能だが、グリップ力はスタッドレスに劣る(samopauser@Adobe Stock)

 ここ数年、注目度が高まっているオールシーズンタイヤも、サイドウォールに「スノーフレークマーク」(またはスノーマーク)が付いているものなら、高速道路で「冬用タイヤ規制」が実施されていても走行可能。

 ただし、圧雪路、氷盤路ともに、オールシーズンタイヤのグリップ力はスタッドレスタイヤに劣るので、オールシーズンタイヤを過信しないことが重要だ。

 また、大雪特別警報や大雪に対する緊急発表が行われるような異例の降雪があるときは、「全車両チェーン規制」が実施されることがある。

 「全車両チェーン規制」が出た場合、スタッドレスタイヤやオールシーズンタイヤを履いているクルマでもチェーン装着を装着しない限り走行できなくなってしまう。(平成29年度では、大雪特別警報の発令事例はなく、大雪に対する緊急発表は3回行なわれた)

 しかしこの「全車両チェーン規制」が出るのは限定されていて、今のところ高速道路7箇所、一般道6箇所の全国13の難所に限られている。

次ページは : ■雪道でのノーマルタイヤ禁止は高速道路だけではない