これが新型アルトの実力! 日本車の進化の主役はアルトだった!!


 7年ぶりにフルモデルチェンジを行い、歴代9代目モデルとなった新型アルト。2021年12月22日から発売を始めたが、その実際の走りや使い勝手のほうはどのように進化しているのだろうか。

 ベーシックな軽セダンだからこそ、ユーザーの目はより厳しくなってくるのだが、細部のチェックについては並ぶ者がいない自動車評論家、渡辺陽一郎氏にさっそくこの新型アルトに試乗してチェックしてもらった!

文/渡辺陽一郎写真/西尾タクト

【画像ギャラリー】これぞ日本のベーシックカー! 新型アルトの実力を裏付けるポイントを写真でチェック!!(39枚)画像ギャラリー

■質感を向上させてきた新型アルトの進化は大きい!

 1979年に初代モデルを発売したアルトは、スズキの中心的な車種になる。2021年12月10日にフルモデルチェンジを行って9代目に進化した。

 新型アルトの外観は、従来型に比べると印象が変わった。従来型は直線的なデザインで、シンプルなツール感覚を表現したが、新型はボリューム感を増している。

新型アルトのエクステリア。世代を超えて親しみやすく、愛着のわくデザインを採用しているのだという

 テールランプの位置も、先代型は軽商用車のようにリアバンパーに装着されたが、新型では高い位置に戻された。開発者は「先代型はデザイン面で実用的な機能を中心に表現したが、賛否両論があり、新型では質感を高めている」と述べた。

 新型のボディを横方向から見ると、ボンネットとルーフパネルの寸法的な比率、フロントピラー(柱)の角度などがバランスよくデザインされている。

■前方視界のよさにもこだわりを見せる

 見栄えがいいだけではない。先代型に比べると、フロントピラーとフロントウィンドウの角度を立てて、手前に引き寄せた。そのためにピラーが前方視界を遮りにくく、斜め前側も見やすい。

 ちなみにピラーを寝かせると、前面衝突時のエネルギーをボディ全体で吸収しやすいが、角度を立てると困難になる。開発者は「新型アルトでは、衝突安全性能の確保でも苦労した」と語る。

 サイドウィンドウの下端は、先代型に比べて35mm下がり、側方視界も向上した。運転席のサイドウィンドウを開いて後ろを振り返ると、後輪が視野に入る。駐車場の白線と並行に駐車する時も便利だ。

サイドウィンドウの下端が下がったことで側方視界も向上させた新型アルト。あくまでユーザーニーズに寄り添っている
こちらは先代型アルト。サイドウィンドウ下端の形状がかなり新型よりも上がっていたことがわかる

 先代型ではリアサイドウィンドウの下端を後ろに向けて大きく持ち上げたが、新型ではこの度合いも少なく抑え、斜め後ろも見やすくなった。

 良好な視界とカッコよさの両立は、工業デザインの本質を突いている。視界は安全に直結するから、外観がカッコよくても、後方視界が悪ければクルマのデザインとしては失格だ。アルトはカッコよさと視界を両立させており、優秀な工業デザインといえる。

次ページは : ■使い勝手のよさを増したインパネ、居住空間の余裕もあり!