FJクルーザー復活熱望!! 気になるあのコンセプトカーの正体は…実は相性良好「EVとクロカン」

FJクルーザー復活熱望!! 気になるあのコンセプトカーの正体は…実は相性良好「EVとクロカン」

 2021年12月に明らかとなった、トヨタのバッテリーEV戦略。本発表のなかで公開された、開発中のトヨタ&レクサスブランドのバッテリーEV15車種は、コンパクトカーからフルサイズピックアップトラックに至るまでと、トヨタの本気がうかがえるものであった。

 そのなかの、ひときわ目立つブルーボディの一台は、見覚えがあると感じた人は多いだろう。「Compact Cruiser EV」と名付けられたクロカンEV SUVは、かつての「FJクルーザー」の復刻版のようにも見える。販売終了から4年が経とうとしている、FJクルーザー。個性的なデザインで、復活を望む声も大きいモデルだが、バッテリーEVとなって復活するようだ。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA、ステランティス、GMC

【画像ギャラリー】おしゃれなデザインで人気だった本格派、トヨタ「FJクルーザー」(29枚)画像ギャラリー

あのお洒落な本格派がバッテリーEVとなって帰ってくる!!

 ボクシーで無骨なボディ、立ち上がったフロントウィンドウ、ワイドな樹脂フェンダー、大型のフロントスキッドプレートなど、オフロードが似合うエクステリアの「コンパクトクルーザーEV」。ボンネットに空いたスリッドや、正方形のサイドミラー、そしてライトブルーのボディカラーなど、かつてのFJクルーザーを彷彿とさせるデザインだ。小型のランドクルーザーにも見えなくはないが、その名からも、FJクルーザーをオマージュしたバッテリーEVであることは確かだろう。

 FJクルーザーは、トヨタのSUVのなかでも「遊び」にフォーカスを置いたユニークな一台。北米では2006年から、日本では2010年から販売されていたが、北米では2013年に、日本でも2018年に生産終了となっている。しかし、アウトドア人気の影響もあり、中古車オークションでは300万円超で取引される個体もあるほど、現在もファンの多いモデルだ。

 「FJ」という名は、1960年に開発された40系ランドクルーザーの型式が由来。未舗装路や砂地、岩盤路などが多い北米では、休日のアクティビティのみならず、生活のための移動手段としても、オフロード性能は必須。FJクルーザーはそうした背景のもとで誕生した。

 アメリカ人好みな4リッターV6の大型エンジンと、ランクルやプラドと同様の「ラダーフレームシャシー」を採用しており、チャラめの外見には似合わない本格的なつくりをもつ、FJクルーザー。バックドアに横開き式が採用されていたことや、ガラスハッチが装備されていたこともあり、荷室の使い勝手は悪くはなかったが、サイドドアが、Bピラーのない「観音開き」タイプで、後部ドアだけを開けることができず、少々不評であったようだ。

北米では2006年から、日本では2010年から販売されていたFJクルーザー。丸いヘッドライトと立ち上がったAピラー、そして3本のワイパーなど、古風ながらも個性的で丸みを帯びたデザインが特徴的

クロカンとバッテリーEVは相性がいい

 クロカンとバッテリーEVの組み合わせ自体は、相性がいい。一般的なモノコックの乗用車の場合、床下に敷き詰めた駆動用バッテリーを事故の衝撃から守るため、バッテリーEVはガソリンモデルに対して強固なボディ剛性とする必要があるが、耐久性が高くて強固なラダーフレームの場合はその必要がないからだ。

 重たいボディによる電費の悪さは気になるところだが、車重がある(電費は悪い)分は、大型のバッテリーを積めばよい。ボディサイズは十分に大きいので、大容量バッテリーを積むスペースも多くある。(今回のトヨタの発表の際)コンパクトクルーザーEVのとなりには、ピックアップEVコンセプトが並んでいたが、潤沢な充電インフラが用意されるならば、この手のクロカンEVやピックアップEVはアリだと思う。

次ページは : 2022年は、ピックアップ&クロカンEVが続々と