ルーフベンチレーションって何? 消えた&生き残った日本車の世界初の装備5選


 老若男女、モデルによっては世界中のユーザーに向けて開発しなければならない自動車。「走る・曲がる・止まる」の基本性能が優れていることはもちろん、便利かつ快適さも求められる。

 このように、オーナーを満足させるべく、1台のクルマに求められるポイントはあまりにも膨大だ。

 しかし開発者の知恵と努力の甲斐あって「かゆいところに手が届く」装備が次々と誕生している。そのなかにはメーカーを代表する装備になるものもあれば、いつのまにか姿を消しているケースも少なくない。

 数え上げればキリがないが「消えた日本車の世界初の装備、生き残った世界初の装備5選」と題して紹介したい。

文/松村透
写真/トヨタ、日産、ホンダ、松村透

【画像ギャラリー】ルーフベンチレーションって何? 消えた&生き残った日本車の世界初の装備5選(12枚)画像ギャラリー

■スーパーライブサウンドシステム(トヨタ)

ルーフベンチレーションって何? 消えた&生き残った日本車の世界初の装備5選
「ニューライブコンパクトビークル」と名づけられたセラ。スーパーライブサウンドシステムを選択すると10スピーカー(DSP搭載)となる

 トヨタの純正オーディオの名称としておなじみの「スーパーライブサウンドシステム」。臨場感を高めるために「DSP(Digital Signal Processor)音場創出型カーオーディオ」世界で初めて車両と一体で開発された。

 1990年、セラに設定されたことを皮切りに、多くのトヨタ車に設定(メーカーオプション)された「スーパーライブサウンドシステム」は、CDをはじめとする音楽ソースの広帯域化に対応して、重低音から高域までフラットに原音を忠実に再生。

 DSPの効果もあり、車内にいながら、コンサートホールにいるような広がり感のある音響空間を実現した。

ルーフベンチレーションって何? 消えた&生き残った日本車の世界初の装備5選
セラ・スーパーライブサウンドシステムは、ファンキー、カジュアル、ハイファイの3モードに切り替えることが可能なDSPにより、リアスピーカーの角度や残響音をコントロールできた

 「スーパーライブサウンドシステム」という、いかにもゴージャスかつキャッチーなネーミング、そして10スピーカーや12スピーカーなど、スピーカーの数の多さにも魅力を感じたミーハーなクルマ好きは筆者だけだろうか。

 その後も「パノラミックスーパーライブサウンドシステム」や「トヨタプレミアムサウンドシステム」、「JBLプレミアムサウンドシステム」をはじめとして、車種のモデルチェンジともに進化している。

 そして、その源流にあるのは「スーパーライブサウンドシステム」だという気がしてならない。

■インテリジェントパーキングアシストシステム(トヨタ)

ルーフベンチレーションって何? 消えた&生き残った日本車の世界初の装備5選
2代目プリウスにもインテリジェントパーキングアシストシステムが設定された

 初心者はもちろん、それなりの運転経験があるドライバーでもバックでの車庫入れや縦列駐車が苦手という人は案外多いかもしれない。

 車庫入れをクルマが行ってくれたら・・・という妄想を、トヨタが2003年に実用化・商品化したのが「インテリジェントパーキングアシストシステム」だ。

 当初はこの種の装備にありがちな「ドライバーがクルマに合わせる」配慮が必要であったりと、多少なりとも改善の余地があったことは確かだ(・・・とはいえ、夢のような装備を実用化してしまったのだから賞賛されてしかるべきだと思う)。

ルーフベンチレーションって何? 消えた&生き残った日本車の世界初の装備5選
インテリジェントパーキングアシストシステムは現行モデルのトヨタ車にも設定されており、進化をつづけている

 その後、2005年に画像認識による駐車枠認識機能を、2006年に世界初となる超音波センサーによる駐車空間認識機能を追加。さらに2008年には後退開始位置を案内する「プレサポート機能」が追加された。

 そして2010年には、車庫入れ駐車時にステアリング操作で目標駐車位置を設定できるイージーセット機能を追加されるなど、たえず進化を遂げてきた。

 インテリジェントパーキングアシストシステムは、現在でもアルファードやヴェルファイア、ノア、ヴォクシー、プリウスなどのトヨタ車に標準装備またはメーカーオプション設定されている。

 また、縦列駐車は「スマートパノラマパーキングアシスト」としてライズの一部グレードにメーカーオプション設定されており、今後も進化を遂げていく装備であることは間違いない。

次ページは : ■アラウンドビューモニター(日産)

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ