かつてはソアラやシルビアがそうだった! 現代の”デートカー”を考える

かつてはソアラやシルビアがそうだった! 現代の”デートカー”を考える

 現在50代以上の世代には馴染み深い言葉「デートカー」。あの時代は、プレリュードやソアラとった2ドアクーペが主流だったが、現在ではどんなクルマがそれに当たるのか。

 過去に存在したデートカーの歴史をひも解きながら、現在ならどんなクルマが女性ウケするデートカーとなり得るのかを考察していこう。

文/フォッケウルフ
写真/トヨタ、ホンダ、日産

【画像ギャラリー】かつてのデートカーと現代のデートカーを写真で見比べる!(11枚)画像ギャラリー

■かつてのステータスシンボルは今何処へ……

 いまから30年以上前、クルマがステータスシンボルだった時代がたしかに存在した。そう記憶にとどめているおっさんたちは、今もなお並々ならぬこだわりをクルマ選びに反映させていることだろう。かくいう筆者もそのひとりであり、分相応であるべき……とわかっていながら、いらぬこだわりを発動させてしまうものだ。

 そうさせる意識の根底には、クルマでいい思いをした経験があるというのは言うまでもない。なかでも現在では都市伝説と化している「クルマで女性にモテる」ことの実体験が、おっさんたちのクルマ観に多大な影響を与えているのは間違いない。

1980年代当時のプレリュードは、男も女も多くの若者たちを虜にした
1980年代当時のプレリュードは、男も女も多くの若者たちを虜にした

 そんなおっさんたちの思い出作りを素敵に演出してくれたのが、1980年代に一世を風靡したスペシャリティーカーに類するクルマたちで、特に女性ウケがよかったクルマは「デートカー」と呼ばれ、もてはやされた。

 スポーツカー風のスタイリッシュなクーペボディに、今風に言えばプレミアムなイメージがプラスされ、その個性とゴージャスな雰囲気によって、クルマで見栄を張りたいとか自分を大きく見せたい、そして「モテたい」というよこしまな思いに囚われた当時は20代だったおっさんたちから絶大な支持を集めた。

 草食系男子が増えたと言われる昨今、なにもクルマでモテようとする考えは時代遅れの感が否めない。しかも、かつてのデートカーの主流派だった2ドアクーペは国産の新車にかぎれば十指に満たない。3大デートカーと呼ばれていたトヨタ ソアラ、ホンダ プレリュード、日産 シルビアは、いずれも絶版で後継モデルすら存在していない。

当時はソアラに乗っているだけで女性のほうから声をかけてくるという、今では絶対に信じられないような事象も起きたという
当時はソアラに乗っているだけで女性のほうから声をかけてくるという、今では絶対に信じられないような事象も起きたという

 しかし、デートにクルマが必須であることはいつの時代も同じこと。ならば、現代版デートカーとして女性ウケしそうなクルマとはどういったものか、過去の事例を踏まえて考察してみよう。

次ページは : ■デートカーのあり方を考える

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!