10年で激増! 絶対に載せておきたい愛車の必須装備&アイテム


 エアコンやオーディオといった快適系の装備は、走行性能にさしたる影響もなく、なおかつ道路交通法で定められているわけでもないのに、今やほとんどのクルマの搭載されている。では、こうした“当たり前”な装備といえば、ほかにどんなものがあるだろうか。今回は「10年前は存在しなかったが、現代では必需品!」となったアイテムをピックアップしていこう。

文/フォッケウルフ
写真/トヨタ、ホンダ、パイオニア、フォッケウルフほか
グラフ/ソニー損害保険会社「2021年 全国カーライフ実態調査」より

【画像ギャラリー】あなたはもう愛車に搭載してる? 現代のクルマの必需品はこれ!(12枚)画像ギャラリー

■あおり運転対策として普及した【ドライブレコーダー】

 昨今、カー用品業界はユーザーの節約志向や、コロナ禍による生活防衛意識の高まりから需要が伸び悩み、ひとり当たりの販売単価が下落しているという。新車で販売されるクルマの装備内容充実、品質向上によって消耗品の交換サイクルも長期化。ネット販売市場の拡大も低迷に拍車をかけている。そんな状況下でも、好調に売れ行きを伸ばしているアイテムといえば「ドライブレコーダー」だ。

純正ドラレコも多くのメーカーが用意している(写真はホンダ製)

 ドラレコの販売が急伸した要因として、2020年6月に道路交通法の一部改正によって「あおり運転」に対して罰則が設けられ、その違法性が広く周知されたことが挙げられる。ソニー損害保険株式会社が行った「全国カーライフ実態調査」によれば、あおり運転の対策として効果があると思うものとして「ドライブレコーダーを設置する」という答えが73.9%を占めた。

多くの人がドラレコの必要性を強く感じているようだ

 日本交通事故鑑識研究所が業務用として「Witness(ウィットネス)」を発売したのが2003年。2006年にはユーザー向けの商品が発売され、それから15年ほど経った現在の普及率はまだ50%未満だが、新車購入時に装着するユーザーも多くなった。今後は安全、安心を提供するアイテムとして、これからのクルマにとっての必需品になることに疑いの余地はない。

■カーナビアプリの進化とともに注目される【スマホホルダー】

 これまで必需品だったカーナビに取って代わろうとしているスマートフォンの普及拡大に伴って注目を集めているのが「スマホホルダー」だ。文字通りスマホを固定するアイテムだが、今どきはスマホをカーナビ代わりに使ったときのウィークポイントを払拭するべく、充電機能を備えた製品も多くなっている。

カー用品店ではスマホホルダー売り場は大きな面積を占めている

 取り付け位置や、走行中に操作しない、画面を注視しないといった基本的なことに注意して扱うのが前提だが、ドライブの利便性を高めるスマートフォンをより効果的に利用するための必須アイテムとして、道交法違反にならないよう保安基準に適合した製品を選んでほしい。

次ページは : ■【車中泊グッズ】で密を避けて旅へ!

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ