ベストカー恒例 世界のトシ新井が徹底テスト 雪道で使えるコンパクトカーの4WDはどれだ⁉[動画で迫力を堪能せよ!!]


 ベストカーの冬の恒例企画、「雪上TEST」、今シーズンもやってます!! 

 比較的低速域で滑りやすい雪上は、クルマの挙動変化の本質が現われやすく、操安性の素性がハッキリと炙り出される最高のテストフィールドなのです!!

 今年の冬は特に雪が深く、テストコンディションとしては最高の群馬サイクルスポーツセンターで、新井敏弘選手が最新の人気コンパクトカーの4WD性能を徹底的にテストしました!! 

 ベストカー2月26日号の記事、さらに動画でもそのテストシーンを見てください!!

文/梅木智晴 写真/池之平昌信


【画像ギャラリー】新井敏弘が最新注目車を雪道で徹底テストした!! そのシーンを画像で紹介(7枚)画像ギャラリー

後輪モーター駆動の4WDが意外なまでに楽しい!!

 テストに持って行ったのは以下の4台。

・アクアG E-Four

・ノートX FOUR

・フィットHOME e:HEV 4WD

・マツダ2 XD LパッケージAWD

ベストカー恒例の人気企画「雪上TEST」。4WDコンパクトカーに加え、ランクルやJEEPラングラーなどもテストした!!
テストはこの人、世界のトシ新井だ!!

 アクアとノートは後輪を独立したモーターで駆動するシステム。一方フィットとマツダ2はプロペラシャフトで機械的に後輪へ駆動力を伝えるメカニカル式の4WDだ。

 これまでのイメージだと、後輪モーター駆動の4WDは、モーター出力が小さく、あくまでも発進時のアシスト用というものだったのだが……。

豪快に後輪で雪を蹴散らして加速していくノートe-POWERの4WD。後輪は68ps/10.2kgmを発揮するモーターで駆動する

 そのあたり、新井選手が発進加速テスト、制動テスト、さらには総合性能を確かめるための雪上ジムカーナなどにより多角的にテストした。さらに、ユーザーが雪道で直面するであろう、アイスバーン坂道発進力テストでは、意外なまでの後輪モーター4WDの脱出力の高さに驚愕!!

圧雪路上で50km/hからの制動テストも実施した

まさに重戦車⁉ ランクル&JEEPラングラーの雪上走破力は想像以上だった!!

 せっかくの雪上テストだ!! 新井選手に新型ランドクルーザーの雪上走破力を試してもらった。ライバルとして持って行ったのはJEEPラングラー。最新のパワートレーンに先進的4WDコントロールシステムを備えるランクルに対し、シンプルな作りながら前後リジッドアクスルで直結4WDモードも持つラングラーの武骨な走りがどう対峙するのか⁉

ホイールの半分くらいが埋まっちゃうくらいの新雪路はまったくものともせず、豪快に雪を跳ねのけてグイグイ走っていくランクル

 ま、結論から言っちゃえば、両車ともにタイヤが半分くらい埋まっちゃう程度の新雪路だったら、豪快にかき分けてグイグイ走っちゃうってことが確認できました。コンパクトカーテストのために、群サイの広場に重機で周回コースを切り拓いて圧雪コースを作ったんだけど、ランクルとラングラーはそこを走っても何にも起きない。物足りなくなった新井選手は重機の入っていない深雪部分に突っ込んでいって、豪快に雪を跳ね飛ばして新たなコースを作ってしまった!! 

JEEPラングラーはランクルよりも軽く、軽快なフットワークが印象的だった。フロントサスもリジッドアクスルで、よりシンプルでヘビーデューティー

そんなベストカー雪上テストを動画で味わってください!! 

さらにテスト結果の詳細は現在発売中のベストカー2月26日号でお伝えしています!!

【画像ギャラリー】新井敏弘が最新注目車を雪道で徹底テストした!! そのシーンを画像で紹介(7枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ