京浜急行電鉄沿線にグループ4社の路線を展開する京急バス

京浜急行電鉄沿線にグループ4社の路線を展開する京急バス

 ひとつのバス事業者を掘り下げて紹介する、バスマガジンの名物コーナー、バス会社潜入レポート。今回は2017年に遡って、7月発売号で掲載した京浜急行バスグループ編を振り返って紹介する。

 京浜急行バスは京浜急行電鉄の子会社で、京急の鉄道沿線に路線を展開する。羽田空港へのアクセス輸送も担っており、関東各地へのリムジンバスを展開。

 東京湾アクアラインを経由する中距離高速バス、東北や中国・四国方面などへの長距離高速バスも運行する。傘下に3社の地域分社があり、リムジンバス・高速バスの一部も担当している。

(記事の内容は、2017年7月現在のものです)
構成・執筆・写真/加藤佳一(B.J.エディターズ)
※2017年7月発売《バスマガジンvol.84》『おじゃまします! バス会社潜入レポート』より
(京浜急行バスグループ特集 その1)

【画像ギャラリー】京浜急行電鉄沿線に路線を展開しグループ4社で輸送を分担する京急バス(25枚)画像ギャラリー

■京浜地区から三浦半島の路線とリムジンバス・高速バスを営業

●若宮大路

湘南京急バス鎌倉営業所前を行く〈鎌12〉九品寺循環。若宮大路は鶴岡八幡宮と由比ヶ浜を一直線に結ぶ鎌倉のメインストリートだ
湘南京急バス鎌倉営業所前を行く〈鎌12〉九品寺循環。若宮大路は鶴岡八幡宮と由比ヶ浜を一直線に結ぶ鎌倉のメインストリートだ

 京浜急行バスは京浜急行電鉄が100%出資する子会社である。京浜急行電鉄同様、東京都港区に本社を置き、都内に京浜島、羽田、大森、神奈川県内に新子安、横浜、能見台(のうけんだい)、追浜(おっぱま)、堀内(ほりのうち)、鎌倉、逗子(ずし)、衣笠、三崎、久里浜の13営業所。

 このうち京浜島、羽田、新子安はリムジンバス・高速バスのみ担当し、羽田、横浜、能見台、追浜、堀内、鎌倉は地域分社の羽田・横浜・湘南京急バスに管理を委託している。

●JR大森駅東口

JR京浜東北線の大森駅東口には湾岸工業地域からの路線が集中。夕刻になると、退勤客で満員になったバスが次々に到着する
JR京浜東北線の大森駅東口には湾岸工業地域からの路線が集中。夕刻になると、退勤客で満員になったバスが次々に到着する

 一般路線は京急の鉄道沿線をエリアとするが、JR蒲田駅・羽田空港発着路線は羽田京急バスに移管、横浜・横須賀・鎌倉市域の路線の多くは横浜・湘南京急バスに運行を委託している。

 この結果、京浜急行バス本体は大森・逗子・横須賀・衣笠・久里浜・YRP野比(のび)・三浦海岸・三崎口の各駅に発着する系統を中心に営業。その多くが工業地帯や住宅地域の通勤通学路線で、小型バスを使用したきめ細かなバスサービスも提供している。

●羽田空港国内線第2ターミナル

羽田空港アクセス輸送は京急バスの重要な使命。バスは国内線第1・第2ターミナルと国際線ターミナルの連絡路を複雑に走行する
羽田空港アクセス輸送は京急バスの重要な使命。バスは国内線第1・第2ターミナルと国際線ターミナルの連絡路を複雑に走行する

 また鎌倉・葉山や横須賀・観音崎、三浦半島南端の油壷・三崎港・城ヶ島などでは一定の観光需要があり、レトロ調バスの運行や、鉄道と連携した企画型フリー乗車券の設定などにより対応している。

 1960年代に運行開始した羽田空港リムジンバスは、空港利用者の増加を受けて80年代以降、関東一円に路線を延ばすこととなった。また97(平成9)年に東京湾アクアラインが開通すると、京急線沿線と房総半島を結ぶ中距離高速バス路線が加わった。

●海ほたる

東京湾アクアライン経由の高速バスは京浜地区と房総半島を直結して急成長。川崎~木更津系統は日中、人気の海ほたるPAに停車する
東京湾アクアライン経由の高速バスは京浜地区と房総半島を直結して急成長。川崎~木更津系統は日中、人気の海ほたるPAに停車する

 夜行高速バスの運行についても先駆的で、86(昭和61)年に開業した品川~弘前間〈ノクターン〉以降、東北・中部・近畿・中国・四国へと路線を拡大した。

 現在は乗合バス営業キロ3582.5km、社員数1080人である。

次ページは : ■地域分社は羽田・横浜・湘南リムジンバス等の運行も分担

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します