ラシーン&フィガロ復活祈願!! 新型マイクラ登場で考える日産キュートな歴代コンパクトカー

ラシーン&フィガロ復活祈願!! 新型マイクラ登場で考える日産キュートな歴代コンパクトカー

 2022年1月27日、日産は欧州市場へ新型コンパクトEVを投入すると発表した。欧州日産のエントリーカー「マイクラ」の後継となるという。

 ご存じの方は多いかと思うが、欧州の「マイクラ」は、先代まで日本の「マーチ」と共用だったモデルだ。マイクラは2017年にK14型へとモデルチェンジをしたが、マーチは2010年に登場したK13型のまま取り残されている。

 今回マイクラがバッテリーEVへと生まれ変わるのであれば、マーチもバッテリーEVへと生まれ変わり、ついでにいま中古車市場で人気が高騰している日産のコンパクトカー、ラシーンやフィガロなども復活させることができるのでは!? と期待が高まる。

 はたして、新型マイクラ登場で、名門「マーチ」やその他のコンパクトカーの復活はありえるのか、新型マイクラについていまわかっている情報と、昨今の日産の日本市場における戦略をもとに、考察しよう。

文:吉川賢一
写真:NISSAN

【画像ギャラリー】日本にはマーチが必要だ!! 超名門コンパクトカー 日産「マーチ」の歴代モデルと新型マイクラ、いま中古車市場で価格が高騰している日産のコンパクトカーたち(52枚)画像ギャラリー

新型マイクラは、K12似のデザインへと回帰

 日産は、2021年11月に発表した長期ビジョン「Nissan Ambition 2030」のもと、欧州市場へはバッテリーEVのアリアや新型クロスオーバーEV、また、e-POWERを搭載したキャシュカイやエクストレイルも投入するとしている。

 さらに、小型のバッテリーEV向けとして新開発したCMF B-EVプラットフォームを使い、ルノーからは「5(サンク)」、日産からは「マイクラ」として、双方からバッテリーEVの新型車を発売するという。ただし、マイクラのデザインは日産が行うが、開発と生産はルノーに一任されるそうだ。

 新型マイクラのティザー動画を見ると、K12マーチ(マイクラ)を彷彿とさせる楕円形のヘッドライトリングやキャビン形状がみてとれる。また、ボディサイズは、MINIのバッテリーEVや、フィアット新型500(バッテリーEV)といった、Aセグメントサイズのようにみえる。

 現行マイクラはBセグメントコンパクトハッチであるが、新型ではサイズが小さくなることで、Aセグメントに限りなく近いBセグハッチバックとなる。激戦区となっている欧州Bセグメントは、SUVのジュークを本命として戦うようだ。

 現行K14マイクラは、ルノーの「クリオ」と兄弟車だ。ルノーはクリオ(日本名ルーテシア)を残すのに、なぜ兄弟車のマイクラは大きく変えるのか。それは、マイクラが欧州で売れていないことが原因だろう。クリオは欧州市場において、年間20万台規模(※2021年1~11月では16.5万台)も売れている、Bセグコンパクトの王者だ。一方のマイクラはクリオの約7分の1(同期間で3.1万台)ほどしかない。

 欧州市場に強いルノーの采配となれば、一台でも多くクリオを売るためにライバルを減らしたかったことなども、関係しているのかもしれないが、マイクラがバッテリーEVになることは、日本のマーチがバッテリーEVとなって続投される可能性もあり、たいへん喜ばしいことだ。

新型マイクラのティザー動画を見ると、K12マイクラを彷彿とさせる楕円形のヘッドライトリングやキャビン形状をしている
新型マイクラのティザー動画を見ると、K12マイクラを彷彿とさせる楕円形のヘッドライトリングやキャビン形状をしている

次ページは : 人気の過去モデルをBEVで復刻は十分に考えられる

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!