深紅のフェアレディが未来を変える!? 日産の人材育成プロジェクトがS耐でも開始

深紅のフェアレディが未来を変える!? 日産の人材育成プロジェクトがS耐でも開始

 モビリティリゾートもてぎのレーシングコースに見慣れない深紅のフェアレディZ(Z34)が走っていた。カーナンバー25のそのマシンはスーパー耐久ST-3クラスのゼッケンを装着しているようだ。

 水素エンジンやバイオ燃料などなにかと話題が多いスーパー耐久シリーズだが、このフェアレディZも大きな話題を誘いそうだ。あの日産肝いりの人材育成プロジェクトが関係しているという情報も!!

 気になるマシンにベストカーが独占で直撃してきました。

文/ベストカーWeb編集部、写真/成田颯一、塩川雅人(本誌)

【画像ギャラリー】日産メカニックチャレンジがスーパー耐久参戦!! 深紅のZで未来の自動車界を背負うメカニックを育成(14枚)画像ギャラリー

■日産メカニックチャレンジがスーパー耐久に!?

2022シーズンの日産メカニックチャレンジはGT300と並行してスーパー耐久にも参戦する
2022シーズンの日産メカニックチャレンジはGT300と並行してスーパー耐久にも参戦する

 日産自動車大学校と日産販売会社がタッグを組んで、レース現場で人材育成をする「日産メカニックチャレンジ」。すでにスーパーGT GT300にも参戦し、シリーズチャンピオンを獲得するなど話題に欠かないプロジェクトだ。

 このメカニックチャレンジには日産自動車大学校の学生、そして全国の日産ディーラーに勤務するメカニックがレース期間のサーキットに出向き、そこでレースメカニックの補助をするというもの。

 一見するとレース現場での経験は学生やディーラーの整備士にとっては無意味にも思えるのだが、参加者の意見を聞くに「整備への意識が変わった」「より精度の高い整備をしたい」などキャリアへの好影響を与えているようだ。

 そんな日産メカニックチャレンジだが、なんと2022シーズンはスーパーGT GT300と並行してスーパー耐久にも参戦するという。日産自動車大学校は以前にもスーパー耐久を舞台に教育プログラムを実施していたこともあり、スーパー耐久の舞台に日産メカニックチャレンジが戻ってきたことになる。

 またスーパー耐久に参戦するチームはスーパーGTのKONDOレーシングとは異なり、TEAM ZEROONE(チーム・ゼロワン)というエントラントになる。参加クラスはST-3クラスでマシンはフェアレディZ(Z34)だ。メンテナンスは老舗の浅野レーシングが担当し、ドライバーは富田竜一郎、名取鉄平、白坂卓也の3名と発表された(なお浅野レーシングのスーパー耐久参戦は並行して継続)。

 チームの基軸となる富田はGT3マシンの経験も豊富で国内外のレース経験の引き出しも多いドライバー。モビリティリゾートもてぎでのテストで直撃したところ、マシンの順応などはさすがに問題がなさそう。プロジェクトについても大きな期待を寄せているとのことで、今後の富田を主軸としたチームの走りが楽しみだ。

次ページは : ■気になるマシンはどうなっている??

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ