納車待ちが続くランクル300、実はランクルプラドのFMCにも影響する背景とは!?

納車待ちが続くランクル300、実はランクルプラドのFMCにも影響する背景とは!?

 2021年8月に発表・発売されたランドクルーザー300。だが、月に700台製造されるのに対して、推定受注累計は約3万台、現在の納期は4年以上にも及ぶという。

 にも関わらず、なぜユーザーはキャンセルすることなく待ち続けるのか? なぜトヨタは生産が間に合ってないのに受注活動を止めないのか? 通例ランクルの発表の1年後となるランクルプラドはどうなるのか? 流通ジャーナリスト・遠藤徹氏が探る。

文/遠藤 徹、写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】最大で納車5年待ち! 3年後の残価価値は驚異の67%!? 人気過ぎて生産が追い付かないランクル300をギャラリーでチェック(35枚)画像ギャラリー

■サプライヤーからの半導体供給不足により、組み立て台数を増やせず

2021年8月2日に発表、発売した「新型ランドクルーザー300」が好調な受注推移を見せており、納期は4~5年以上となっている。半導体不足を始めとした部品の供給が滞っており、生産が進んでいない状況が続いている
2021年8月2日に発表、発売した「新型ランドクルーザー300」が好調な受注推移を見せており、納期は4~5年以上となっている。半導体不足を始めとした部品の供給が滞っており、生産が進んでいない状況が続いている

 トヨタが昨年8月2日に発表、発売した「新型ランドクルーザー300」が依然好調な受注推移を見せており、この2月初め現在の納期は4~5年以上となっている。

 国内向けの月販計画は700台となっているが、これに対して推定受注累計は約3万台であるから、4年以上待たされることになっている。

 ふつうに考えると新型車の受注台数が生産販売計画を大幅に上回るほどの多数に達すると増産し、納期を早めるようにしないとユーザーは待ちきれずにキャンセルが続出し、メーカーや販売店は困ることになる。

 ところが、今回のランドクルーザー300は増産できない事態に直面している。サプライヤーからの半導体を中心とした部品の供給が滞り、組み立て台数を増やせない状況にあるのだ。販売店の受注活動自粛で調整すればよいのだが、これをすると販売の勢いがそがれる。

 そうなるとダメージが大きくなるために受注活動を続けているので、余計に納車が先送り状態になっているのである。メーカーのトヨタでは1台でも多く生産するため、やりくりして部品の供給を正常化すべく努力している状況なのである。

■リセールバリューも魅力。すべてが新しくなったランクル300

新型ランクルは新開発のGA-Fプラットフォームを採用、高張力鋼板の採用を拡大、各部のアルミ化、最新の溶接技術を活用したことで、剛性向上かつ200kgにも及ぶ軽量化を達成した。ボディサイズは全長4950mm×全幅1980mm×全高1925mm、ホイールベースは2850mm
新型ランクルは新開発のGA-Fプラットフォームを採用、高張力鋼板の採用を拡大、各部のアルミ化、最新の溶接技術を活用したことで、剛性向上かつ200kgにも及ぶ軽量化を達成した。ボディサイズは全長4950mm×全幅1980mm×全高1925mm、ホイールベースは2850mm

 一般的には新車を成約するとおおよその生産予定と納期が提示される。4年以上の待ちとなれば、車検の時期が来てしまうので、車検を取り直しせざるを得なくなる。あまり待ち期間が長くなると待ちきれず、キャンセルしほかの車種に切り替えることになる。

 ところが、今回のランドクルーザー300の場合は我慢して待っているケースがほとんどとなっている。現在までのところ多くが歴代ランドクルーザーの既納ユーザーで占められている。

 ランドクルーザー300の人気の高さはトヨタの新しいクルマづくりの考え方である「TNGA」による新開発のプラットフォームを採用、クォリティアップ、一段と磨きをかけた高い走破性を実現したフルタイム4WD、最新のデバイスを盛り込んだ安心、安全パッケージの「トヨタセーフティセンス」、高いリセールバリューなどが上げられる。

 このうちの高いリセールバリューは残価設定クレジットで支払いを組んだ際の残存価値で示される。例えば3年後だと67%、5年後は54%となっており、クラウンよりも15ポイント以上も上回っている。

 また、ランクル300のリセール価値はこれだけではない。どういうルートで流れているのか明確ではないが、早くも中古車オークションで現行モデルが出品されている。

 最上級のGRスポーツ(車両本体価格770万円)が80万円強のオプション&付属品を装着したフル装備状態で、1500万円程度の落札でプレミアム価格がつけられたという情報もある。現行の新車に対して600万円ものプレミアムがついたことになる。

次ページは : ■新型含め歴代ランクルは「購入後1年間転売禁止」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ