熱海・三島・沼津の市街地から伊豆半島全域の生活と観光路線を担う東海バス

熱海・三島・沼津の市街地から伊豆半島全域の生活・観光路線を担う東海バス

 ひとつのバス事業者を掘り下げて紹介する、バスマガジンの名物コーナー、バス会社潜入レポート。今回は2018年に遡って、1月発売号で掲載した東海バス編を振り返って紹介する。

 東海自動車は1917(大正6)年に設立され、翌年、現社名に変更。同一商号で営業を続けるバス事業者として、わが国最古の歴史を持ち、1971(昭和46)年に小田急電鉄の傘下に入った。

 1999(平成11)年に地域ごとの運行会社を設立し、バスの運行業務を移管。東海自動車がそれらを統括し、グループ一体となって伊豆半島の足を担っている。

(記事の内容は、2018年1月現在のものです)
構成・執筆・写真/加藤佳一(B.J.エディターズ)
※2018年1月発売《バスマガジンvol.87》『おじゃまします! バス会社潜入レポート』より
(東海バス特集 その1)

【画像ギャラリー】東海バスが走る風景と所有するいすゞバスを見る! バス会社潜入レポート・東海バス:編[1](17枚)画像ギャラリー

■5つの運行事業者が協調して沿線住民と観光客の足を担う

●古宇(こう)

富士山をバックに沼津駅に向かう「N24」系統。2017(平成29)年からアルファベットと数字2桁の系統番号を全路線に導入

 東海バスグループは現在、9つの企業で構成されている。伊東市に本社を置く東海自動車は、グループ全体の事務管理や資金管理、車両の調達などを担当。

 乗合バス・貸切バスの運行は、伊豆東海バス(熱海・伊東事業所)、南伊豆東海バス(下田事業所)、西伊豆東海バス(松崎事業所)、新東海バス(修善寺事業所)、東海バスオレンジシャトル(沼津事業所)が分担する。

 さらに、車両の整備などを行う東海車輛サービス、郵便運送事業などを行う東海輸送、警備事業などを行う東海綜合警備保障もグループの一員。9社合計の従業員数は635人である。

 JR東海道本線沿いの熱海・三島・沼津の3市では、市街地路線を運行。これらの一部は小田急グループ全体のバス事業再編の中で、2002(平成14)年に箱根登山鉄道から移管されたものである。このとき、芦ノ湖畔の元箱根港まで路線を延ばしている。

 熱海市内では観光スポットを巡回する「湯~遊~バス」を運行。三島市ではコミュニティバス「せせらぎ号」の運行を伊豆箱根バスとともに受託している。

 東伊豆ではJR伊東線の伊東駅を起点として、伊豆高原エリアに面的な路線を展開。観光スポットが点在するため観光客の利用率が高く、1990年代にはレトロ調バスも活躍していた。

 南伊豆では伊豆急行の河津駅・下田駅、西伊豆では松崎・堂ヶ島、中伊豆では伊豆箱根鉄道の修善寺駅が拠点。これらを相互に結ぶ幹線は利便性が高く、高頻度で運行されている。また三島駅~修善寺駅~松崎間には特急・急行・快速バスも設定されている。

 それぞれのエリア内で地域のニーズに合わせた生活路線を運行する一方、温泉などの観光資源が多いことから、観光客輸送も重要な使命である。シーズンのみに運行される観光路線も存在する。なお、2006(平成18)年には伊豆下田バスが廃業したことから、下田エリアで同社の路線を引き継いでいる。

 観光客のニーズに応え、エリアごとのフリーパスを販売してきた東海バスグループ。2016(平成28)年にはさらなる利用促進をめざし、「全線フリーきっぷ」を発売した。また2017(平成29)年には全路線に系統番号を導入するなど、「わかりやすいバス・乗りやすいバス」への努力を続けている。

■高速バスは三島・修善寺発着、南伊豆エリア中心の定観バス

●河津七滝(ななだる)ループ橋

1981(昭和56)に完成した河津七滝ループ橋は下田街道随一の見どころ。修善寺駅行きの〈C50〉系統が絶景を眼下に橋を上っていく

 高速バスは2路線が運行されている。「三島エクスプレス」は東海バスオレンジシャトルと小田急箱根高速バスの共同運行。大平車庫(沼津事業所)・三島駅とバスタ新宿を結び、平日7往復、土日祝日8往復のダイヤである。

 「伊豆長岡・修善寺ライナー」は新東海バスの単独運行。年川車庫(修善寺事業所)・修善寺駅とバスタ新宿を結び、平日1往復、土日祝日は三島地区経由の1往復が加わるダイヤである。

 定期観光バスは下田駅・伊東駅・熱海駅を起点に計7コースを設定。このうち5コースは季節限定の運行で、いちご狩り、すいせん、桜、あじさいなど、伊豆の旬を楽しむコースである。

 一般貸切バスは1999(平成11)年、新東海バスに一本化された。現在は新東海バスと東海バスオレンジシャトルを中心として、運行会社5社に分散配置されている。各社はこのほか、地域密着の契約貸切輸送を受託している。

【画像ギャラリー】東海バスが走る風景と所有するいすゞバスを見る! バス会社潜入レポート・東海バス:編[1](17枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ