ノア/ヴォクシー セレナ アルファード…激戦を生き抜いたモデルをさらに厳選!! 最強コスパミニバン3選

限られた車種の中から絞り出すように厳選!! 最強コスパミニバン3選

 何事もコスパを考慮すると得するし人生楽しくなる。やっぱりコスパ大事。そしてそれはクルマを買う時も同じ。

「私は絶対あのクルマ!」とモデルを決めて購入するのももちろんアリだが、その前に「コスパのいいモデル」を念頭に入れてのクルマ選びもいいものです。

 というワケでコスパの分析ならこの人、「コスパの鬼」の自動車評論家 渡辺陽一郎氏が、「物凄くコスパのいいクルマ&グレード」を選出、そのクルマの魅力と「コスパがいいワケ」を説いていく。必ずや役立ちます!!

※本稿は2022年2月のものです。記事中の各値引き目標額はひと声値引きで流通ジャーナリスト 遠藤徹氏調べ。地域や店舗、時期などによって変動しますので、あくまで目安としてください。
クルマ選出&文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年3月10日号

【画像ギャラリー】2022年はミニバン当たり年!!? コスパが決め手のお買い得ミニバン3選(16枚)画像ギャラリー

■車種が絞られてきているミニバン 最も注目はやっぱりノア/ヴォクシー

トヨタ 新型ノア/ヴォクシー(写真はノア S-G)。利便性・安全装備も大幅に向上

 最も注目されるミニバンはノア/ヴォクシーだ。

 ノアは標準ボディも用意するが、エアロを推奨したい。標準ボディよりも7万〜8万円高いが、エアロとしては割安で、売却時も有利になるからだ。

 エアロはヴォクシーとノアの両方に用意され、価格はヴォクシーのほうが5万〜7万円高い。外観が凝っていることもあるが、販売戦略も絡む。

 今は販売総数の60%がヴォクシーで、この状態が続くと、販売格差が一層拡大してノアの売れゆきが下がるからだ。これを防ぐために割安にしたノアを選ぶ。

 次はパワーユニットだ。ハイブリッドの価格は、ノーマルエンジンと比べて35万円の上乗せに抑えた。しかも購入時の税額が約13万円安いから、実質価格差は約22万円に縮まる。

 レギュラーガソリン価格が160円/Lなら、6万kmを走ると、燃料代の節約で22万円の実質価格差を取り戻せる。

 したがってノアのエアロのハイブリッドが買い得だ。グレードはS-Gが割安。2列目がセパレートシートの7人乗りを推奨する。

■日産 セレナ、トヨタ アルファードもオススメできる

 セレナではノーマルエンジン(スマートシンプルハイブリッド)も選べるが、e-POWERを推奨する。

 モーター駆動は、セレナの重いボディと親和性が高く、快適性も向上するからだ。

 グレードはe-POWERハイウェイスターV。

 末尾に「V」の付くグレードは、特別仕様車のVセレクションから派生しており、実用装備を割安に装着する。

 アルファードには、ハイブリッドも設定されるが、後輪をモーターで駆動するE-Fourのみだ。

 よってハイブリッドの価格は、装備のシンプルなXを除くと、すべて500万円以上になる。そこでエンジンは2.5Lノーマルタイプを選ぶ。

 グレードは実用的にはXでもいいが、外観がシンプルで、2列目も実用的なベンチシートのみだ。推奨グレードはSになる。

 エアロパーツが備わり、セパレートシートも選べて、7人乗りの価格は400万円以下だ。

【画像ギャラリー】2022年はミニバン当たり年!!? コスパが決め手のお買い得ミニバン3選(16枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ