まさか!? の事態は冬だけじゃない! 出産時期到来で気を付けたい猫救援依頼の実情と対策

まさか!? の事態は冬だけじゃない! 出産時期到来で気を付けたい猫救援依頼の実情と対策

 JAFが発表したところによると、2021年1月1日~1月31日の1カ月間でドライバーから「エンジンルームに猫が入り込んでしまった」とロードサービスを要請があった件数は全国で21件、そのうち11件はエンジン始動後に発覚したそうだ。

 しかし、JAFが警鐘を鳴らすのは、冬だけではない。実は、エンジンルームに猫が入り込むのは、寒いからではなく、狭くて外敵から身を守れて安心できるという理由なので、トラブルの可能性は年中あるという。

 「猫バンバン」をしましょうとは言われるものの、「そんなことする必要ある?」と考えている人もいると思うが、猫の多い地域では他人事では済まなくなる可能性がある。

 今回は、猫を追い出す「猫バンバン」だけでなく、猫が入り込みにくくする方法はあるのか? 入り込んでしまった時はやっぱりJAFを呼ぶべきなのか? など対処法について考えていきたい。

文/高根英幸
写真/AdobeStock(トップ画像=mouse23@AdobeStock)

【画像ギャラリー】あたたかくて居心地がよくてネコまっしぐら!? 「猫バンバン」で猫とクルマの上手な共存を(6枚)画像ギャラリー

■猫バンバン、してますか?

人間からはメカでギッシリ埋め尽くされているように見えるが、下から覗く動物にとっては侵入経路もあり、実に居心地のよい空間なのだ(dreamnikon@AdobeStock)
人間からはメカでギッシリ埋め尽くされているように見えるが、下から覗く動物にとっては侵入経路もあり、実に居心地のよい空間なのだ(dreamnikon@AdobeStock)

 「猫バンバン」という言葉をご存知だろうか。これはエンジンルームに猫が入り込んでしまっている可能性を考えて、エンジンを始動する前にボンネットをバンバンと叩いて、猫を驚かせて追い出そうというもの。日産自動車が最初に提唱し、JAFや自治体なども利用することで全国に広まったらしい。

 クルマのエンジンルームは、人間から見れば狭くて暗くて部品が入り組んでいて手も入らない空間に見えるが、下から覗く動物にとっては侵入する穴がいくつも空いていて、格好の穴蔵的空間なのである。

 最近人気のSUVは地上高が高く、アンダーカバーの上にはドライブシャフトやサスペンション、操舵系が可動する空間も確保されているため、猫にとっては格好の寝床や隠れ家、遊び場と成り得るのかもしれない。

 冬の寒い時期だけでなく、繁殖期や巣立ちの時期など、猫にはさまざまな環境の変化がある。そのためJAFには1年中、エンジンルームに猫が侵入してしまったと、救援依頼があるそうだ。動物は季節を問わず生きているのだから当然と言えば当然の話だが、1年を通じて猫バンバンをする必要があるのだ。

 しかも猫だけでなく、ネズミや蛇なども侵入するケースがあるようだ。雨風凌げて暖かく、外敵から身を守りやすいと思われる場所として、クルマのエンジンルームに入り込む動物は他にも色々(例えばイタチやハクビシン)いるようだ。

 ちなみに筆者は普段、自宅1階のガレージ兼書斎で執筆している(冬は冷蔵庫の中に居るよう!)のだが、2021年は少し開いたシャッターをかい潜って小猫が探検しにやってきた。

 筆者と目が合うと、もと来たルートで逃げていったが、シャッターではなくガレージの外に停めているクルマのエンジンルームに潜り込まないとは限らない。

次ページは : ■クルマに潜り込むのは野良猫だけではない

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ