カローラクロス マツダ2 フィット…プロ3氏が100万円台で探す「機能充実」の日本車トップ3

カローラクロス マツダ2 フィット…プロ3氏が100万円台で探す「機能充実」の日本車トップ3

 軽自動車でも200万円を超えるクルマが増えてきた今、200万オーバーじゃないといいクルマは買えないのでは? と思っている人も多いかもしれない。

 しかし、100万円台でも魅力的なクルマはたくさんある! 人気のSUVやファミリーに嬉しいミニバンなど、個性が光る魅力的なクルマがイロイロ選べるのだ。

 今回は国沢光宏氏、鈴木直也氏、渡辺陽一郎氏の自働車評論家3氏に、機能充実の日本車を3台選出してもらった!

 100万円台の3列シートミニバンについても考察!

※本稿は2022年2月のものです。本企画内の値引き額は遠藤徹氏調べ。値引きはグレード、地域などにより変動しますので目安としてください
文/国沢光宏、鈴木直也、渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年3月26日号

【画像ギャラリー】ライター3氏厳選!! 100万円台で探す機能充実の国産モデルたち(29枚)画像ギャラリー

■国沢光宏が選ぶ100万円台充実車TOP3

トヨタ カローラクロス(199万9000円〜)。2位のハイゼット・デッキバンは155万1000円〜、3位のプロボックスのハイブリッドは179万円〜

 1位には1秒も迷うことなくカローラクロスをプッシュしたい。ADASやサイド&カーテンエアバッグなどを標準装備。どんな評価基準をもってしてもお買い得だと思う。ここまで安ければリセールバリューだって期待できます。

 2位はハイゼット・デッキバンを挙げておく。か〜なり特殊なクルマながら、変わった嗜好の持ち主かもしれない私は、最後の一台に考えています。今のところヨメから「そんなモン買ってどうすんの」と止められてますが。

 3位に任意保険料の高い若いドライバー向けとしたプロボックスハイブリッドを薦めたい。商用車、若いドライバーでも保険料高くないですから。アウトドア風に仕上げたらカッコいいです。

(TEXT/国沢光宏)

■渡辺陽一郎が選ぶ100万円台充実車TOP3

ホンダ フィット ホーム(176万7700円)。2位のN-BOX Lは157万9600円、3位のアルトハイブリッドXは125万9500円

 総合的に満足できる100万円台の1位は、ノーマルエンジンを搭載するフィット ホームだ。全高を立体駐車場が使いやすい高さに抑えたコンパクトカーでは、車内が最も広い。衝突被害軽減ブレーキ、運転支援機能、LEDヘッドランプなどを装着して価格は180万円以下だ。

 2位はN-BOX L。車内が広く後席も快適で、荷室の床面地上高を470mmに抑えた。自転車を積む時も前輪を大きく持ち上げる必要はなく、荷室容量も大きい。

 3位はアルトハイブリッドX。価格は120万円台で、マイルドハイブリッド、衝突被害軽減ブレーキ、LEDヘッドランプ、アルミホイールなどを備える。

(TEXT/渡辺陽一郎)

■鈴木直也が選ぶ100万円台充実車TOP3

マツダ2(145万9150円〜)。2位のタントは124万3000円〜、3位のハスラーは136万5100円〜

 装備面におけるマツダ2の魅力は、手を替え品を替え投入してくる特別仕様車にある。

 今なら、ブラックトーンエディションとサンリットシトラスが200万円を切る設定。もともと質の高いインテリアを中心にさらに手が入っていて満足感はきわめて高い。

 元祖ハイトワゴンのタントは、子育てファミリーを狙った実用的な装備が充実しているのが強みだ。

 センターピラーレスという他車に真似のできない魅力を核に、随所に設けられた小物入れや、ちょっとした使い勝手の気遣いなど、生活に密着した配慮が行き届いている。

 ハスラーはRV感覚の遊び心あふれるインテリアデザインと、ディスプレイオーディオのマッチングに惚れました。

(TEXT/鈴木直也)


次ページは : 【番外コラム】100万円台の3列シートミニバンは買いなのか?

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ