高級セダンはFRじゃなきゃダメなのか?【FF高級セダン失敗史】


昔から高級セダンといえば、「FR」と言われ続けてきた。それはなぜなのだろうか? FFのほうが後席が広くでき、室内効率からすれば有利なのだが、なぜこうも頑なに高級セダンはFRばかりなのか?

また、先般そうした「高級セダンFR神話」を覆す高級FFセダンが発売された。昨年7月10日に発売したトヨタカムリは発売1カ月後の受注台数は約1万1500台と、月販目標台数2400台の約4.8倍と好調なスタートで、2018年1〜6月の販売台数を見ても1万2057台、平均月販台数約1700台とまずまずの販売を維持している(流通ジャーナリストの遠藤徹氏によると、FRのマークXは近いうちにFFのカムリに吸収合併されるそうだ)。

2018年8月1日には専用エアロパーツや専用セッティングのサスペンションなどを装備したスポーティなWSグレードを追加し、さらなる販売増を狙っている。

さらに2018年10月24日にはレクサス初のFF【高級】セダン、「ES」が発売される。

この2台が、「高級セダンはFFがいい」という流れを作ることができるのだろうか?

そこで、FF高級セダンの失敗史を振り返り、なぜ高級セダンはFRじゃなきゃダメなのか? モータージャーナリスト・鈴木直也氏が解説する!

文/鈴木直也 写真/ベストカー編集部


■FFのメリット、デメリットとは?

2018年8月1日に追加されたカムリのスポーティグレード、WS。価格は新グレードのWSが367万2000円から。ちなみにGは353万1600円から、Xは329万8320円から

FRとはフロントにエンジンを搭載し、リアドライブ(駆動)の略。FFとはフロントエンジン、フロントドライブ(駆動)の略だ。

FFの利点といえば、まずパッケージングのよさで、これはコンパクトカーほどメリットが大きい。そこに着目したのは、アレック・イシゴニスが開発したクラシック・ミニで、以後すべての小型車に多大な影響を与えることになる。

FFはまた、造り手側にとっても魅力的なレイアウトだ。パワートレーンがフロント部分で完結しているから、FRみたいにプロペラシャフトやデフを長々と取り回さなくてすむ。クルマの主流がアッという間にFFに転換したのは、コスト低減や生産性に優れていたからこそだ。

ところが、現在でも高級セダンはFRが主流。FF車の比率がどんどん伸びていた1980年代頃は、多くのメーカーが「これからは高級セダンもFFだ」と考えていたが、結果としてそうはならなかった。

その理由として考えられるのは、FFの根底にある“合理性”という本質が、高級車の価値観と相容れなかったためだと思われる。

高級であること、あるいは贅沢であること。それをクルマで商品化するには、極論すれば「どれだけムダをやるか」に行き着く。大きなボディ、強力なエンジ ン、趣向を凝らしたインテリア。こういう方向性でクルマを造るなら、FFとFRの優劣は逆転する。

例えば、V8ツインターボ500psエンジンのFF車 なんて、誰も造ろうとは思わない。こういう過剰なことをやるには、むしろFRのほうが使い勝手がいいのだ。

■FF高級セダンは実用車系のトップというイメージ

結果として、FF高級セダンの最上級セグメントは微妙なポジションに収まることとなった。

カムリやアコードがその代表例だが、FF高級セダンのハイエンドは実用車系のトップというイメージで、プレミアム性では勝負していない。メルセデスベンツや BMWといった生粋のプレミアムブランドですら、FR車種とFF車種の間には、くっきりラインが引かれているのが実情で、やっぱり「ホンモノの高級車は FR」という暗黙のヒエラルキーがあるのだ。

2018年10月24日にデビューするのは7代目で、2/3/4代目はウインダムの名で販売されていたので馴じみのある方も多いだろう。デザイン的にも現行LSに似ている

そこで注目されるのが、2018年10月24日に日本デビューするレクサスESだ。このクルマは言うまでもなくレクサス版カムリで、パワートレーンやプラットフォームなど多くのパーツを共用するFF高級セダン。「FFはプレミアムカーとしてはちょっと……」と いう“壁”に挑戦するモデルということになる。

ベースとなった現行のカムリは日本市場ではハイブリッド専用車で、新開発の A25A-FXS型エンジン(178ps/22・5kgm)が予想以上にパワフルで、そこにモーター(120ps/20・6kgm)がアシストした時の加 速の鋭さは、トヨタの歴代FFハイブリッド中ダントツで最速。実用で20km/Lに軽く届く燃費性能と相まって、実用セダンとしての完成度は抜群に高 い。

そんなカムリがベースだから、レクサスESの目指す高級化はインテリアの上質感や乗り心地/居住性の快適さなど、動と静があるとすれば静かな高級感。高級FFセダンで目指すとすればこの方向性しかないのだが、世界的に「クルマのパフォーマンスはほどほどでよい」という価値観が広 がっている現在、従来モデルより人気を呼びそうな予感がある。

最近のレクサスの文法に則ったインテリアデザインである。12.3インチのワイドディスプレイが装備され、センターコンソールドアアームレストの表皮には立体的なパターンで加工を施すビスコテックス技術を採用

次ページは : ■ニッポンのFF高級セダン失敗史