「小さな高級車」はこれが最適解? 本家ノートを食ったノートオーラ爆売れの秘密

日本車の悲願「小さな高級車」はこれが最適解だったのか?「本家ノートを食ったノートオーラ爆売れの秘密」

 自動車史上何度も挑戦されつつも、ビジネス的に成功するのが非常に難しいと言われてきた「小さな高級車」。だが今、その小さな高級車として登場したノートオーラが、好調に売れているという。

 オーラ好調の秘密は一体何か? 鈴木直也氏に解説してもらった! 秘訣は割高感を感じない価格設定にあり!?

文/鈴木直也
写真/日産、ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】成功した「小さな高級車」を画像でチェック!(17枚)画像ギャラリー

■標準のノートとノートオーラの実質価格差は意外に小さい

 概念としては昔からあるが、商品としてなかなか成功しないのが「小さな高級車」だ。

 このコンセプトが難しいのは、コストとの折り合いをどうつけるか。あまり高価だと「だったら素直に上級モデルを買ったほうがいいや」になるし、逆にコストを気にしすぎると「高級感がいまひとつ」になりがち。このあたりのさじ加減が「小さな高級車」にとって永遠の課題なのである。

 ノートの高級版としてオーラが登場した時、ボクが注目したのはまさにソコだ。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 849b5aaf88e41d533ff7c31777bb7310-600x297.jpg
写真は「ガーネットレッド/スーパーブラック」の2トーンカラー仕様。宝石のような深みのある色合いと差別化された造形が合わさり、ベースモデルのノートより大人っぽい雰囲気だ

 価格が202万~288 万円のノートに対して、ノートオーラは261万~295 万円。エントリー価格を見ると50万円以上高いが、これはノートでオプションだった装備が標準化されているためで、実質的な価格差は意外に小さい。

 オンラインで見積もりをしてみるとよくわかるのだが、例えばノートでは37万円のセットオプションとなるインテリジェントアラウンドビューモニターそのほかは、オーラでは標準装備。「ふつう、コレは選ぶだろう」というオプションを選択していくと、価格差20万以下となるケースが多い。

「この価格差で、本当に高級バージョンが作れるのか?」。まずそれが、ボクがオーラに感じた疑問だった。

■高級にしすぎない絶妙な高級感

 しかし、結論を先に言うと、これはボクの思考が「古いタイプの小さな高級車」にとらわれていた結果生じた誤解だったようだ。

 直近の販売実績をみると、オーラの人気は本物で、地域によってはノートを上回る受注状況だという。ユーザーは明らかにオーラというクルマを支持している。

 昔の「小さな高級車」は、元祖と言われるバンデン・プラ・プリンセス(60年代に英国で作られたADO16(初代ミニの兄貴分)の高級バリエーション)に代表されるように、本物志向が強かった。

 そりゃ、オーラだってウォールナットのインパネやコノリーレザーのシートが備わっていたら嬉しいけど、それで500万円になったら誰も買わない。冒頭に「小さな高級車はなかなかビジネスとして成功しない」と述べたが、その主な原因は価格の割高感にあったわけで、そこを上手にクリアしないとまずは商品企画そのものが成り立たないのだ。

 クルマは不動産に次ぐ高額商品だから、購入にあたっては「買った後で後悔したくない」と考える人が多い。それゆえ、「念のため上のモデルを選んでおこう」というバイアスが働く。ところが、価格差が大きくなると、途端に「予算オーバーでムリ」と反発される。

 オーラの好調の理由は、そのへんのバランスが絶妙だったから。それはマーケティングチームのファインプレーだったとボクは考えている。

 ノートのエントリーが200万円、オーラの最上級モデルが300万円。単一モデルとしてこの価格レンジを埋めるという考えもアリだが、日産のマーケティングチームはここをノートとオーラの2車種に別け、そこに絶妙なギャップを設定するという作戦を選んだ。

次ページは : ■「渋好みの変化点」を積み重ねて高級さを演出

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ