ついにクラウン全幅1840mmに!! 「伝統と革新」に揺れるクラウンのいま

新型クラウン最新情報が来た! 現場の動きはどうなる?

 現行型のオーダー終了から約3か月、やっと新型クラウンが動き出した。デビューは2022年7月15日とほぼ決まり、販売店でも新型クラウンの紹介がスタートしている。

 新しいプレミアムサルーンを提案するクラウン。すでにベストカーWebでも新型クラウンの特許意匠画像をスクープするなど、だんだんとそのヴェールが取れてきた。今回はクラウンが守り抜いてきた1800mmの全幅撤回など詳細情報と、現在の動きをお伝えしていこう。

文/佐々木 亘、写真/TOYOTA、予想CG/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】やっと動き出したセダンの帝王・新型クラウン!! ニュークラウンXデーは2022年7月15日だ!!(9枚)画像ギャラリー

■販売店が待ち望んだ情報が来た! その全容はセダン、SUV?

2022年7月15日に発表、発売することがほぼ決定した16代目となる新型トヨタ クラウン。販売店でも新型クラウンの紹介がスタートしている(画像はベストカー編集部が作成した予想CG)

 2022年3月14日をもって受注を終えた現行型クラウン。当時は特に新型の情報もなく、一部改良等を理由に生産を一時停止する程度にしか思われていなかった。しかし、生産再開の話はなく、入ってきたのはクラウンフルモデルチェンジの一報。トヨタ販売現場でも、大混乱が発生した。

 年度が替わり、4月。全国の販社で全体会議が開かれ、新型クラウンの存在、そしておおよその発表時期が判明した。今回の情報展開、そしてデビューの日取りは、この時に発表された予定通りの流れである。

 今回のクラウンは、セダン(3BOX)にこだわらず、人が快適に移動できる「サルーン」を究極的に進化させたものと考えたほうが良いだろう。クラウン伝統の「ロイヤルサルーン」、これを現代にマッチングさせて具現化したものだ。

 エクステリアは流麗な形状のファストバックプロポーション。フロントオーバーハングは155mm長くなり、対するリアオーバーハングは65mm短くなった。ボディサイズは全長4930mm(+20mm)×全幅1840mm(+40mm)×全高1540mm(+85mm)(※カッコ内は現行型クラウン比)である。

 パワートレインには直列4気筒2.4Lターボ+モーターの上位グレード用ハイブリッド(DIRECT4)と、現行のカムリやハリアーに搭載されるNA2.5LのハイブリッドE-fourが採用された。全モデルAWDでスタートする予定だ。

■カテゴライズ不明のクラウン、販売への影響は?

先行して登場するセダンタイプにくわえて、将来的にはSUVタイプもラインナップすると言われている(画像はベストカー編集部が作成した予想CG)

 セダンというには全高が高い。1540mmの全高は、レクサスUXと同値だ。この数値だけを見ればSUVと言いたくもなるが、全長・全幅も20mm~40mm拡大し、高さだけが際立つわけではない。高級サルーンに必要な要素を集めて言ったら、この数値に行きついたといったところだろうか。

 ヒップポイントは前席が634mm(+85mm)、後席で621mm(+70mm)と大幅に高くなる。それだけフロアは高くなり、かつ乗り降りがしやすい高さになっていると見ていい。

 中高年のユーザーが、クラウンに苦労して乗り込む姿を多く見てきた筆者からすると、ユーザーへ目を向け、時代に合わせた進化をしたと、評価したいポイントだ。

 営業マンは、「これまでクラウンは、新型でもクラウンはクラウンだとお客様の信用が厚く、概要説明だけでデザインも分からないまま予約を入れてくれる人が多くいました。

 しかし、今回は違います。消滅の話やSUV化するなど、早い段階から錯綜した情報に、我々もですが、クラウンオーナーの方々も翻弄されたことでしょう。確定的な情報を待ってから、動き出したいという方が多くなっています。」と話していた。

 歴代の姿から大きく変わったクラウン。全幅は歴代守り続けてきた1,800mmを越えた訳だが、1840mmはカムリと同値だ。輸入車セダンまで狙いに入れるクラウンオーナー層であれば、むしろ1840mmの方が好意的に受け止められる可能性もある。

 クラウンの売り方に関しては、専売していたトヨタ店が一歩リードするのは間違いない。ただ、これまでのクラウンと違い、多角的に特徴を捉えることができ、他チャネルでもPRの仕方次第では、自社の管理ユーザーに十分響くクルマとなっているだろう。

 それぞれのチャネル色を出しながら、販売につなげられそうな新型クラウンの存在。7月15日に、新たなクラウンの歴史がスタートする。

【画像ギャラリー】やっと動き出したセダンの帝王・新型クラウン!! ニュークラウンXデーは2022年7月15日だ!!(9枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ