【ベンツ、ボルボ、シビックタイプR…】 2Lターボ最強はどれだ!?


「2Lターボ」という響きは、クルマ好きにとって格別なものがある。

 ここ最近の欧州車は、2Lターボをスポーツモデルへ積極的に採用している。いっぽうの国産勢は、2000年代以降の排ガス規制強化を機に、そのラインナップを大幅に減らしてしまった。現在は新型シビックタイプRやWRX STIなどが、世界を相手に奮闘している。

 本企画では、実は大きく2種類に大別することができる2Lターボについて触れるのを皮切りに、2Lの過去と現在、そして未来について探ってみたいと考えている。

※本稿は2017年のものです
文:国沢光宏、鈴木直也、ベストカー編集部
写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2017年12月10日号


■2種類の2Lターボとその過去・現在を俯瞰する

(TEXT/ベストカー編集部)

 現在の2Lターボエンジンには、ハイパワー系と、ダウンサイジングを目的としたリプレイス用の2種類がある。まずはこの違いから抑えていこう。

 ハイパワー系は単純明快で、2Lという排気量ながら過給器にモノを言わせることで、その倍となる4L NA(自然吸気)エンジン以上のパワー&トルクを発揮する。

 現在、日本で買うことのできるラインアップでは381psのベンツA45AMGを頂点に、367psのボルボS60/V60ポールスター、320psのシビックタイプRが続いている。

 ちなみに、すでにテスト車の存在が報じられ、2019年のデビューが確実視されている次期型ベンツA45AMGでは、この2Lターボエンジンの400ps超えが噂されている。2Lターボが400psという時代にいよいよ突入する。

 いっぽう、欧州では完全に定着した感のある小排気量ターボエンジン。国産車ではかつて1980年代前半以降、ハイパワーエンジンの代名詞としてターボやスーパーチャージャーがもてはやされてきたが、主流となっているのは小排気量ターボ&スーパーチャージャーの「ダウンサイジング過給エンジン」だ。

 そもそも「ダウンサイジング過給エンジン」とは、これまでV8、4Lエンジンを搭載していたクルマをV6、3Lスーパーチャージャーエンジンへと少気筒化したり、V6、3Lエンジンを搭載していたクルマを直4、1.6Lターボに置き換える(リプレイス)ことで、同じ車格のクルマの気筒数や排気量を減らす考えから始まった。

 車両重量を低減するだけでなく、気筒数を減らすことによるメカニカルロス、摩擦抵抗の低減にも効果があり、さらには燃費性能の向上にもメリットがある。

 いっぽうで、ダウンサイジング化によるパワーとトルクの低下というデメリットも出てくるワケだが、これをターボやスーパーチャージャーという過給によって補填するというものだ。

 リプレイス用2Lターボの代表格といえばDセグメントのサルーンで、ベンツCクラスやBMW 3シリーズ、アウディA4といったジャーマン3、それにレクサスISやスカイラインなどのDセグモデルは基本的に2Lターボをメインに据えている。

 従来までこれらの車種は、2.5〜3.5LのV6マルチシリンダーエンジン搭載が主流だったが、2Lターボにリプレイスされている。

●過去の2Lターボ激烈ウォーズ

 ここで国内における2Lターボの系譜についてすこし振り返ってみよう。

 2Lターボのパワー競争が激化し始めたのは1980年代後半。1986年、4代目セリカに185psの3S-GETを積んだGT-FOURが追加されたのを皮切りに、1987年5月にはR31スカイラインに当時のグループAホモロゲモデルとして210ps(ノーマルは190ps)を発揮するGTS-Rが設定された。

 同じ年、6代目ギャランにWRCグループAホモロゲモデルとして205psのVR-4がトップグレードとして登場し、以後は各社からWRC用競技ベースの2Lターボ車の登場が相次ぐ。

 1990年に230psのパルサーGTI-R、1992年には240psの初代インプレッサWRXと250psの初代ランエボが登場し、この両車がつい最近まで激しい鍔迫り合いを繰り広げたのはご存じのとおり。

 惜しい存在だったのは280psを発揮した日産のSR20VET。2001年、初代エクストレイルのGTとして販売されたのだが、ほかの車種には搭載されずに終わってしまっている。

■現行の最強2Lターボエンジンはどれだ?

(TEXT/国沢光宏)

 次に、自動車ジャーナリストの国沢光宏氏に、現行の最強2Lターボエンジンについて語ってもらう。

*    *    *

 現時点での世界ナンバーワンといえば、いうまでもなくベンツA45AMGに搭載されている381ps/48.4kgmである。

 鍛造ピストンなど多くの部分に競技車両用の素材を使うなど、さすがF1で圧倒的なパフォーマンスを示すメーカーの意地を感じます。

 同じF1に出ているホンダ2Lが320ps/40.8kgmに留まっているあたり、F1の成績とイメージはダブってしまう。同じ排気量で15%負けているのだから圧倒的。

 ナンバー2となるボルボS60ポールスターに搭載されるDRIVE-eは、367ps/47.9kgmというスペック。

 このエンジンをベースにしたWTCC用のGRE(グローバルレースエンジン)も、ホンダのWTCC用エンジンより優れているといわれており、参戦から1年でチャンピオン争いに加わるほどの勢い。

 ちなみにDRIVE-eのポテンシャルたるや高く、400ps仕様まで開発しているそうな。400psに耐えるシリンダーブロックの強度や冷却性能を持っているということ。

 市販車用に搭載されるエンジンは競技用と違う。低い回転域から使えなければダメだし、マイナス20度で始動したり、長い時間アイドリングしたりすることも必要。

 それでいて厳しい燃費規制をクリアしなければならない。DRIVE-eの凄さは、同じ4気筒をPHVのパワーユニットや、安価なベーシックグレードにも使っている点。A45AMGのエンジンも量産ブロックを使う。コストダウンのため手抜きし、最高出力を稼げなくなっている日本勢のエンジンと基本設計からして異なる。

 この2基に大きく引き離された3位がスバルWRX STI用のEJ20だ。S208に搭載されるユニットは329ps/44.0kgmというスペック。基本設計の古いポート噴射のエンジンとして考えればすばらしい! WRCに参戦している時代に磨いたエンジンがまだ光っている。

 その気になれば400ps/51.0kgmなど余裕のブロックなので(グループN用ではコンピュータを変えるだけで51.0kgm出た)、もう少し余裕ありそうだが、一番古いエンジンが日本一なのは微妙。

 4番手選びが超難しい! スペックからすれば320ps/40.8kgmのシビックタイプRなのだけれど、ゴルフRの310ps/40.8kgmの広いトルクバンドや、レスポンスは強烈だったりして。

 考えてみたらVWって昨年まで WR(世界ラリー選手権)で圧倒的に強いエンジン作っていた。

 ツーリングカーレース用の2Lもすばらしいし、なにより400psの400Rというエンジンまで持つ。ポテンシャルの高さを考えたらEJ20を超えていると思う。ということで4位に。

 スバルWRX S4用と、ポルシェの2Lターボはいまだホンキでパワーを出そうと考えていない。スバルの場合、2012年に先代レガシィのマイチェンで最初に出したFA20からまったく進化していない。

 そもそも40.8kgmというトルク制限のあるCVTと組み合わせているため、出すこともできない状況。

 同じくポルシェもスポーツグレード用に2.5Lターボを持っているため2Lについちゃ実用エンジンだと考えているようだ。どちらのユニットも直噴だし、10%程度のパワーアップは簡単にできるだろう。眠れる獅子です。

現在のハイパワー系2Lターボの頂点に立つベンツA45AMG。次期型では400ps超えの噂も

次ページは : ■価格は? 技術の伸び代は? 2Lターボはこれからどうなる?

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ