食料品の値上げ続出! 日本車は値引きしても値上げしない理由とは

食料品の値上げ続出! 日本車は値引きしても値上げしない理由とは

 2022年になってから値上げされた商品が数多くある。原材料費の値上げによって自動車部品の値段も高騰し、輸入車メーカーも相次いで価格の改定を実施・発表しているが、日本車は不思議と値上げをすることなく販売を続けている。

 なぜ物価が上がっているにも関わらず日本車は値上げしないのか? 自動車評論家 渡辺陽一郎氏が解説する。

文/渡辺陽一郎 写真/TOYOTA、MAZDA、SUZUKI、HONDA、NISSAN、Mercedes-Benz、Audi、Peugeot

【画像ギャラリー】しのぎを削る価格競争…!! 同カテゴリーのライバル車種をギャラリーで比較!(28枚)画像ギャラリー

■原材料費や物流費の上昇で輸入車メーカーは相次いで値上げを発表

2022年2月10日、メルセデスベンツは原材料の価格高騰を背景としてCクラスクーペ/カブリオレの価格改定を実施。C180クーペスポーツは613万円から621万円に
アウディジャパンは2022年4月1日より価格改定を実施。A4 45 TFSI quattro S lineは637万円から649万円に

 食料品を中心に、値上げが続いている。

 値上げされた商品は膨大で、値上げ幅は平均10%以上という調査結果もある。

 ロシアのウクライナ侵攻などによる原材料費の高騰、燃料価格の上昇に伴う輸送費の増加、昨今の円安傾向も、値上げの原因とされる。

 クルマの価格については、輸入車は相次いで値上げを発表した。

 2022年に入って、フォルクスワーゲン、メルセデスベンツ、アウディ、ルノー、プジョー、シトロエンなどが、価格を改定している。値上げ幅は、比率にすると1.5~7%程度が多い。

 値上げの理由は、各ブランドともに、原材料費や物流費の上昇を挙げている。基本的には食料品などと同じだ。

■国産メーカーも値上げしたい?

 フォルクスワーゲングループジャパンの販売店に、値上げについて尋ねると、以下のように返答された。

「ゴルフの場合、5万円から8万円ほど値上げされた。大幅な金額ではないが、ゴルフでは新規のお客様が日本車と比べて選ぶことも多い。価格は必ず比較されるから、値上げは不利な要素になる。

また今は納期が長く、ゴルフヴァリアントは、1年ほど待たされることもある。値上げと納期遅れの両方が同時に発生すると辛い」。

 日本車はどうかといえば、過去に遡っても、単純な値上げはほとんど行っていない。

 一部改良などを実施した時、変更箇所が少ない割に価格上昇が大きいことはあるが、価格の高い車種が中心だ。売れ筋のカテゴリーは、価格を据え置くことが多い。

 この点を商品企画担当者に尋ねると、以下のようにコメントした。

「輸入車は時々値上げをするが、日本車は無理だ。特に軽自動車、コンパクトカー、ミニバン、SUVといった売れ筋のカテゴリーは、すべてライバル車同士で競争関係がある。値上げしたら、売れ行きに大きな影響を与えるから、値上げはできない」。

 日本で造るクルマなら、輸入車と違って原材料費や輸送費などの高騰はないのか、この点も尋ねた。

「国内で生産しても、さまざまなコストアップの影響を受けている。燃料代が高まるのだから、輸送費も増えて当然だ。

それでも値上げをしていないから、儲けが減っている。可能なら値上げをしたい」。

■日本車は激しい価格競争が存在 反面、誰かが「降りれば」一斉値上げの可能性も

 このコメントにある通り、売れ筋カテゴリーは価格競争も激しい。

 例えば軽自動車では、N-BOX・Lの価格が157万9600円で、ライバル車のスペーシアハイブリッドXは153万3400円だ。ほぼ同じ価格で激しく競い合っている。

 コンパクトカーならヤリスハイブリッドGが213万円、ノートe-POWER・Xは218万6800円、フィットe:HEVホームは211万7500円だから、全車のハイブリッドを搭載する買い得グレードが210~220万円に集中している。

 趣味性の強い上級SUVも、新型のCX-60・25S・Sパッケージが299万2000円、ライバル車のハリアーSは299万円だ。

 CX-60に直列6気筒3.3Lクリーンディーゼルターボを搭載するXD・Lパッケージは400万4000円で、ハリアーに直列4気筒2.5Lハイブリッドを搭載するハイブリッドGは400万円になる。

 2021年に国内で販売されたクルマは445万台に留まったが、販売規模の割に、売られている車種の数は多い。

 そのために車種構成も過密になり、同じカテゴリーに属するライバル車同士が、限られたユーザーを巡って争奪戦を展開している。

 そうなると値上げをすれば、即座に売れ行きを下げて競争関係から脱落してしまう。いわば我慢大会をしているようなものだ。

 従って販売台数の多い有力車種が値上げすれば、ライバル車も「助かった~」とばかり、一斉に値上げする可能性がある。

次ページは : ■国内メーカーで値上げのきっかけを作れるのはトヨタだけ

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ