今や国内最激戦区!! C-HR、ノート、シビック…日本の2L未満ターボ車ベスト5


世界的なダウンサイジングターボの流れを受けて、国産車でも2L未満のターボ車が増えてきている。

その2L未満のターボ車のみを集め、速さだけではない総合的な完成度で見た場合、ベストの1台となるのは、果たしてどれか? そんな企画を立ててみた。

エントリーリストは以下の通りだ。省燃費系からパワー系まで、バラエティ豊かな15モデルが揃った。この中での、栄えある1台は、果たして。

■エントリーリスト
・タンク/ルーミー/ジャスティ/トール(1.0L)
・トヨタ オーリス(1.2L)
・トヨタ C-HR(1.2L)
・トヨタ ヴィッツ GRMN(1.8Lスーパーチャージャー)
・日産 ノート(1.2Lスーパーチャージャー)
・日産 ジューク(1.6L)
・日産 ジュークNISMO(1.6L)
・ホンダ シビック(1.5L)
・ホンダ ステップワゴン(1.5L)
・ホンダ ジェイド(1.5L)
・スバル レヴォーグ(1.6L)
・スズキ スイフト(1.0L)
・スズキ バレーノ(1.0L)
・ズキ エスクード(1.4L)
・スズキ スイフトスポーツ(1.4L)

※本稿は2017年12月のものです
文:岡本幸一郎/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2018年1月10日号


■1位 スズキ スイフトスポーツ

スズキスイフトスポーツ。エスクードと共通のエンジンながらハイオク仕様になり出力向上。6ATも選択できるが、やはり6MTで走らせたい

■より排気量も出力も大きいモデルがあるなかで、スイフトスポーツが1位の理由は?

もっと速いクルマもあることは重々承知しているけど、速ければいいってもんじゃないと思うんだよね。

その点、スイフトスポーツはとにかく完成度が高い。トータルバランスがイイ。それでいて車両価格が200万円を切っているのだから偉い。コスパの高さにおいてもクラス随一だ。

そのあたりを評価して1位に選出したといえば、きっと納得してもらえるんじゃないかな?

いざドライブしても、その仕上がりには感心させられっぱなし。軽快で俊敏ながらスタビリティが高く操縦安定性にも優れるハンドリングは、すばらしいのひとこと。肝心のエンジンもターボらしい力強さとターボらしからぬ鋭いレスポンスを両立させている。

そのドライブフィールは、刺激的でありながら、いたって乗りやすく、しかもクラスを超えた上質な雰囲気まで身につけている。このクラスでは望外といえる完成度ではないかと。そんなクルマ、このなかにはほかにないでしょ?

■2位 トヨタ GRMNヴィッツ

トヨタGRMNヴィッツ。1.8Lのスーパーチャージドエンジンは212psの出力を発生。ボディも徹底的に鍛え上げられ走りが楽しい

■200ps超のヴィッツGRMNが、惜しくも1点差で2位に甘んじたのはなぜ?

そりゃあ、あそこまでやればイイものができるのは当然でしょ。性能的にはダントツなので、本当は1位でもよかったんだけど、こうした特殊なクルマを最上位にしてよいものかという思いもあり、とはいえイイものはイイことに違いないわけで、そこを評価しないわけにはいかないということで、考えた末に1点差で2位にした次第。

このなかだと速さでは圧倒的だし、ドライビングの刺激度も最も高いことには違いなく、サーキットを全開で走らせると最高に楽しいんだけど、公道だとどうだろう?

その点、スイフトスポーツのほうが柔軟性に優れるということも、こちらを2位にした理由のひとつだ。

次ページは : ■3位 ホンダ シビック ハッチバック&セダン

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ