【中古プリウス検討者必見】ハイブリッドの中古は走行距離が問題じゃない!? 見るべきポイントをプロが伝授

【プリウスの中古購入検討者必見】ハイブリッドの中古は走行距離が問題じゃない!? 見るべきポイントをプロが伝授

 ハイブリッドが今や当たり前になりつつあるが、新車で買おうものなら価格が高い。だからといって諦めたくないひとも少なくないはず。そこで中古車も視野にいれたいが、駆動用バッテリーなどハイブリッドはなにかと懸念事項が多い。一体どこに注目すればいいのか!? 逆に避けるべきポイントとはなにか!?

文/小鮒康一、写真/トヨタ・三菱・ベストカーWEB編集部、AdobeStock

【画像ギャラリー】150万円以下で現行プリウスが手に入る!? ねらい目ハイブリッドカーをイッキ見(7枚)画像ギャラリー

■注意!! ハイブリッドカーの駆動用バッテリーに寿命があった

現行型トヨタ プリウス。ポイントさえ押さえれば中古ハイブリッド車も選択肢に入れられる

 今ではほとんどのモデルに設定されるなど、市民権を得たと言っても過言ではないハイブリッド車。世界初の市販量産ハイブリッド車として初代プリウスが登場したのが1997年のことだから、わずか25年の間に瞬く間に普及したと言えるだろう。

 初代プリウスのころのハイブリッド車はまだまだ発展途上であり、燃費性能は高いものの動力性能は純ガソリンエンジン車と大差ないレベルとなっていたが、現在ではモーターのアシストも強力になり、ガソリン車を上回るドライバビリティを手に入れている。

 そのため、クルマの買い替えのタイミングでハイブリッド車を狙っている人も少なくないと思うが、ハイブリッド車にはガソリン車にはない懸念事項が存在する。それが駆動用バッテリーの劣化である。

 電気自動車では特に話題になるバッテリーの劣化ではあるが、ハイブリッド車に搭載されているバッテリーも当然ながら劣化してしまい、最終的には警告灯が点灯して交換を促されてしまうのだ。

■もし駆動用バッテリーが逝ったらただの重いクルマに……燃費も超悪化へ

 モーターでしか駆動できない電気自動車とは異なり、エンジンも駆動に繋がっているタイプのハイブリッド車であれば、すぐに走行不能になることはない。

 しかしハイブリッドシステムが充分に機能しなくなることで、ただ単に大きな重り(駆動用バッテリーやハイブリッドシステム)を積んだガソリン車となってしまうので、ハイブリッド車の美点はゼロとなってしまう。

 もちろん劣化した駆動用バッテリーを交換すれば本来の性能を取り戻すことができるのだが、交換の費用として数万円から数十万円の出費となってしまうため、中古車を購入した直後にバッテリーの劣化が判明すると精神的にも金銭的にもダメージが大きい。

■走行距離が短きゃいいってもんじゃない!! 極端に走っていない個体は劣化している可能性大

 ではそんな駆動用バッテリーの劣化が進んでいる車両を掴まないために、中古のハイブリッド車を狙う際に注意するべきポイントをチェックしてみたい。走行距離に注目したいが、低走行だから良いワケではない

 駆動用バッテリーが劣化する大きな原因は、充電と放電を繰り返すことであり、当然ながら走行距離が進めば進むほど劣化している可能性が高くなる。もちろん乗り方などにもよって劣化の速度は違ってくるが、10万kmを超えた車両は劣化が進んでいる可能性が高いと言えるだろう。

 では距離が少ない中古車であれば安心なのかというと、実はそうでもない。短い距離でも定期的に走行されていた車両であればそこまで問題ないのだが、あまりに長期間動かない状態が続くとバッテリーの劣化が進んでしまうのだ。

 とあるハイブリッド車の取扱説明書には「バッテリーの性能を維持するために、少なくとも3か月に一度、30分以上走行をしてください」と記載されていることからも分かるように、年式よりも極端に走行距離の少ない車両も注意が必要というのは意外な落とし穴となっている。

次ページは : ■安心してハイブリッドを味わうなら認定中古車が段違いでイイ!!