わくわくゲートは廃止して本当によかった!? 新型ステップワゴンの使い勝手は向上したのか問題

わくわくゲートは廃止して本当によかった!? 新型ステップワゴンの使い勝手は上がった!?

 ノア/ヴォクシー、そしてセレナに負け、かなりキツイ結果となってしまった先代ステップワゴン。まもなく新型が発売となるが、先代モデルのウリはなんといってもわくわくゲートなるあの不思議なドアであった。

 狭い駐車場での荷物の出し入れ、そして乗り降りと使ってみればかなり便利だったが、新型ではあえなく廃止に……。この判断は本当に正しかった!?

文/青山尚暉、写真/ホンダ

【画像ギャラリー】新旧ステップワゴン比較!! バックドアに注目せよ(11枚)画像ギャラリー

■初代回帰した新型ステップワゴン!! 先代のネガを払しょくして堂々デビュー

2022年5月26日に正式デビューしたホンダ新型ステップワゴン(左:AIR/右:SPADA)

 1996年にホンダ・クリエイティブムーバーの第三弾として初代がデビューしたステップワゴン。日本の多人数乗用車、ファミリーカー、Mクラスボックス型ミニバンを代表する1台である。

 2022年5月26日に正式デビューした新型ステップワゴンは、標準車となる、新型のコンセプトを具現化した「エアー」、おなじみの「スパーダ」、そして今はなきオデッセイの受け皿となる「プレミアムライン」という車種構成。

 パワーユニットは制御を刷新したであろう1.5L・VTECターボエンジン、2Lエンジン+モーターのe:HEVを搭載。

 初代回帰のエクステリアデザイン、最新の先進運転支援機能のホンダセンシングの採用、先代のウィークポイントのひとつだった2列目キャプテンシートの左右スライド(前後スライドは865mm!!)機構を新設定するなど、その進化幅はハンパではない。

■狭い場所で大活躍したわくわくゲート!! 大発明並の実力も販売振るわず

 だが、先代にあった、特徴的なわくわくゲート(とサブドア)は廃止されている。

 ここで、わくわくゲートについて改めて説明すると、ボックス型ミニバンの場合、車体後方にスペースのない場所で、巨大なバックドアが開けられない!! というウィークポイントがあった。それを解決すべく、バックドアを縦6:4に分割。

 全体に大きく開くことはもちろんだが、サブドアと呼ばれる、玄関ドアのような横開きドアを設定。

 バックドアを縦に全開にしたときに車体後方に約990mmものスペースが必要なのに対して、3か所のストッパーを持つサブドアなら、車体後方に実測400/640/760mmのスペースで開けることができ、荷物を出し入れすることができたのだ。

 さらに、3列目席左側をすっきりと床下格納すれば、サブドアを利用し、外側からでも内側からでも、人やペットが乗降できる便利さも兼ね備えていた(ドアオープナーとアシストグリップを内側に完備)。

 他車でもバックドアを開けて、乗り込むことはできても、車内側から降りることはできないのだから、第五のドアとして、楽しくも素晴らしく便利であったわけだ。

 しかし運転席から真後ろを見た時に、リヤウインドーに縦線が入る、車体を真後ろから見ると、バックドアが左右非対称に見える、バックドアが縦に長く、リヤバンパーレスのため、後突したときの修理代が心配……といった声もあったそうだ。

 走ればクラストップレベルだった(筆者のライバル試乗の印象)ものの、人気は低迷。ノア&ヴォクシーやセレナに販売面でリードされてしまったのが、先代、5代目ステップワゴンだったのである。

■当初は新型も採用するハズだった!? 新機能で狭い場所での使用も可能に

2015年に登場した先代ステップワゴン。左右6:4で分割したわくわくゲートが特徴だった。ナンバープレートの右側ギリギリをかすめるように縦にパーティングラインが入る

 実は、新型ステップワゴンの開発責任者は、わくわくゲートを残したいと思っていたそうだ(筆者も同感)。しかし大人の事情!? で廃止が決定。フツーのバックドアに変更されている。

 その代わりというわけではないが、2列目キャプテンシートのオットマンといった上級装備の延長として、スパーダとプレミアムラインにステップワゴン初のパワーバックドアを設定。リモコンキーによって、任意の位置で止められ、メモリーもできるように配慮してくれたのだ。

 結果、車体後方にスペースのない場所でも、バックドアを開けやすくなったのは事実。

 バックドアは当然、短く、軽量化されているはずだが(リヤバンパーは独立してある)、それでも展示車の、パワーバックドアが付かない(現時点)エアーのバックドアを開閉してみると、「男なら軽くはないが、開閉できる」という重さはある。

次ページは : ■Mクラスミニバンで一番利便性がイイのは新型ノア/ヴォクシー