燃費・装備・価格から決定! 新型ステップワゴンのお勧めグレード 納期を完全詳報!


 2022年には、ヴォクシー&ノア、ステップワゴン、セレナというミニバンの3車種がフルモデルチェンジ。このうちヴォクシー&ノアは、1月13日に新型が発売された。

 現時点で注目されるのは新型ステップワゴンだろう。2021年12月10日にホンダのホームページでティザーキャンペーンが開始され、2022年1月7日には、もう少し詳しい情報が公開された。2月5日になると販売店では価格も明らかとなり、2月10日頃から予約受注も開始されている。

 3月中旬にはボディサイズや燃費、主要諸元も公開。今後は、5月26日に正式発表され、詳しいデータがホンダのホームページなどで公開されることになる。

 現時点でも販売店では大半のデータが公開されているが、それらが正式なものになるわけだ。5月27日には納車を伴う発売になる。販売店では「試乗車などが配置されるのは、5月下旬以降」としている。

 そこで、公開された燃費や装備、価格などから買い得グレードはどのグレードか? そして納期は現在どうなっているのか? 新型ステップワゴンの購入ガイドをお届けしたい。

文/渡辺陽一郎、写真/ホンダ、奥隅圭之

【画像ギャラリー】シンプルなエアか精悍なスパーダか? 新型ステップワゴンのベストバイを画像でチェック!!(18枚)画像ギャラリー

■明らかになった新型ステップワゴンの新情報を網羅!

新型ステップワゴンの標準グレードとなる「エア」

■今後のスケジュール
・発表日:2022年5月26日/発売日:2022年5月27日
・予約受注の開始:2022年2月10日頃

■新型ステップワゴンの価格(2WDのみ)※販売店調べ

●1.5Lターボ/エア
・7人乗り:299万8600円
・8人乗り:302万600円

●1.5Lターボ/スパーダ
・7人乗り:325万7100円
・8人乗り:327万9100円

●1.5Lターボ/スパーダ・プレミアムライン
・7人乗り:346万2800円

●e:HEV(2Lハイブリッド)/エア
・7人乗り:338万2500円
・8人乗り:340万4500円

●e:HEV/スパーダ
・7人乗り:364万1000円
・8人乗り:366万3000円

●e:HEV/スパーダ・プレミアムライン
・7人乗り:384万6700円

■新型ステップワゴンの主要諸元 ※(内はトヨタ ノアの数値)
・全長:エア 4800mm/スパーダ 4830mm(4695mm)
・全幅:1750mm(1730mm)
・全高:1840〜1855mm(1895~1925mm)
・最低地上高:145〜150mm(125~140mm)
・室内長:2845mm(2805mm)
・室内幅:1545mm(1470mm)
・室内高:1425mm(1405mm)
・ホイールベース:2890mm(2850mm)
・最小回転半径:エア&スパーダ 5.4m/スパーダ・プレミアムライン:5.7m(5.5m)
・ガソリン1.5L、直4VTECターボ:150ps/5500rpm、203Nm/1600~5000rpm
・e:HEV:2L、直4i-VTEC(145ps/6200rpm、175Nm/3500rpm)+モーター(184ps/5000~6000rpm、315Nm/0~2000rpm)
※ノアはガソリン車(2WD)が2L、直4(170ps/20.6kgm)、1.8Lハイブリッド車(2WD)は98ps/142Nm+フロントモーター(95ps/185Nm)

■新型ステップワゴンのWLTCモード燃費

●1.5Lターボ
・エア……2WD:13.9km/L 4WD :13.3km/L
・スパーダ……2WD:13.7km/L 4WD :13.1km/L
・スパーダ・プレミアムライン……2WD:13.2km/L 4WD :13.1km/L
※ノアのガソリン車(2WD)は15.0~15.1km/L

●e:HEV(2WDのみ)
・エア……2WD:20km/L
・スパーダ……2WD:19.6km/L
・スパーダ・プレミアムライン……2WD:19.5km/L
※ノアのハイブリッド車は23.0~23.4km/L

 新型ステップワゴンの納期は「2022年3月下旬に契約した場合で6~8月頃」だという。つまり納期は3~5か月だ。販売店は「ターボよりもe:HEV(ハイブリッド)の納期が少し長い」とコメントした。

 ちなみにライバル車となるヴォクシー&ノアの納期は、ノアのノーマルエンジンが4か月で、ハイブリッドは8か月だ。

 ヴォクシーはさらに1か月長く、両車とも安全装備のオプション装着の仕方によって2か月ほど伸びるという。

 つまりヴォクシーの納期は最長で11か月だから、約1年に達する。これに比べると新型ステップワゴンの納期は、前述の通り3~5か月と短い。そこで新型ステップワゴンの推奨グレードを考えてみたい。

 まずバリエーション構成は、パワーユニットが直列4気筒1.5Lターボと、2Lエンジンをベースにしたハイブリッドのe:HEVに分けられる。駆動方式は、ターボには前輪駆動の2WDと4WDがあり、e:HEVは2WDのみだ。

 グレードは、従来の標準ボディに相当する外観が馴染みやすいデザインのエア、リアスポイラーなどを装着して精悍さや上質感を高めたスパーダ、装備をさらに充実させたスパーダ・プレミアムラインの3種類になる。

次ページは : ■新型ステップワゴンの売れ筋グレードは?

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ