新型ステップワゴン300万円切りで登場! でも「エアー」の装備差が惜しすぎる!?

ステップワゴン堂々デビュー!! 「エア」は電動リアゲートを選べない!? 大幅進化の新型でもスパーダ推しの理由とは

 新型ステップワゴンが2022年5月26日0:00に情報解禁となった。大幅に進化した乗り味、そしてなによりエアという「ふんわり系」の優しいエクステリアの「エアー」が設定されて話題になったのは既報のとおり。

 ライバルであるノア/ヴォクシーにセールス面では先行されているステップワゴンだが、このクラスのミニバンのパイオニアでもある同車だけに新型での大幅巻き返しが期待される。今回は発表に先んじて実施された媒体向け撮影会、そして体感試乗会を通じて新型ステップワゴンを徹底解説。

 価格は299万8600円~384万6700円と300万円の大台を切ってきたが、目玉候補と思っていたエアーには意外な盲点が。そしてスパーダをホンダが推していく理由にも迫ります。

文/渡辺陽一郎、写真/池之平昌信、HONDA

【画像ギャラリー】とうとう正式発表!! 先行するライバルたちに巻き返しを狙うホンダ新型ステップワゴン(21枚)画像ギャラリー

■パイオニア「ステップワゴン」の栄光を引き継げ

とうとう正式発表されたホンダ ステップワゴン(左:AIR、右:SPADA)

 多人数で乗車できて荷物も積みやすいミニバンは、国内の売れ筋カテゴリーだ。新車として売られる小型/普通乗用車の内、20~25%をミニバンが占める。

 そのミニバンの主力車種がステップワゴンだ。初代モデルは1996年に発売され、全高が1800mmを超えるミニバンでは、最初の前輪駆動車となった。この後、ほかのミニバンも、後輪駆動から空間効率の優れた前輪駆動へ移行している。

 ステップワゴンはフルモデルチェンジを重ね、2022年5月には6代目へ刷新された。プラットフォームは先代型の5代目と共通で、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)も2890mmだから等しい。

 その一方でボディサイズは拡大された。先代ステップワゴンの全長は、標準ボディが4690mm、スパーダは4760mm、全幅は両ボディとも1695mmだった。それが新型では、先代の標準ボディに相当するエアーの全長が4800mm、スパーダは4830mmだ。全幅も両ボディとも1750mmになる。

 先代型の標準ボディは5ナンバー車だったが、新型のエアーは全長が110mm、全幅も55mm拡大され、全車が3ナンバー車になった。ここまでボディを拡大した理由を開発者に尋ねると、以下のように返答された。

 「全長は衝突安全性を向上する目的で拡大した。全幅は、外観の存在感を際立たせるため、先代型に比べるとドアパネルを外側へ張り出させた。従ってボディは大きくなっても、室内空間はあまり広がっていない。それでもサイドウインドーの部分では、室内幅が拡大している」。

■前方視野の広さで運転環境が大幅進化

先代型に比べて前方が見やすく開放感もある。インパネの上面も平らに仕上げ、視界がスッキリとしている

 多人数で乗車できて荷物も積みやすいミニバンは、国内の売れ筋カテゴリーだ。新車として売られる小型/普通乗用車の内、20~25%をミニバンが占める。

 そのミニバンの主力車種がステップワゴンだ。初代モデルは1996年に発売され、全高が1800mmを超えるミニバンでは、最初の前輪駆動車となった。この後、ほかのミニバンも、後輪駆動から空間効率の優れた前輪駆動へ移行している。

 ステップワゴンはフルモデルチェンジを重ね、2022年5月には6代目へ刷新された。プラットフォームは先代型の5代目と共通で、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)も2890mmだから等しい。

 その一方でボディサイズは拡大された。先代ステップワゴンの全長は、標準ボディが4690mm、スパーダは4760mm、全幅は両ボディとも1695mmだった。それが新型では、先代の標準ボディに相当するエアーの全長が4800mm、スパーダは4830mmだ。全幅も両ボディとも1750mmになる。

 先代型の標準ボディは5ナンバー車だったが、新型のエアーは全長が110mm、全幅も55mm拡大され、全車が3ナンバー車になった。ここまでボディを拡大した理由を開発者に尋ねると、以下のように返答された。

 「全長は衝突安全性を向上する目的で拡大した。全幅は、外観の存在感を際立たせるため、先代型に比べるとドアパネルを外側へ張り出させた。従ってボディは大きくなっても、室内空間はあまり広がっていない。それでもサイドウインドーの部分では、室内幅が拡大している」。

 このように新型ステップワゴンは、ボディを拡大させながら、車内の広さは実質的に先代型と同等だ。しかし新型の車内に入ると、先代型に比べて広々としている。そこには複数の理由がある。

 まず1列目の運転席に座ると、先代型に比べて前方が見やすく開放感もある。フロントピラー(柱)の角度を先代型よりも立てて、取り付け位置を車内側へ70mm引き寄せたからだ。ピラーが斜め前方の視界を遮りにくい。

 インパネの上面も平らに仕上げ、視界がスッキリとしている。ボンネットが少し視野に収まり、ボディの先端位置や車幅も分かりやすい。

 インパネ周辺の質感も向上したが、e:HEVの操作性は悪化した。アコードなどと同様、押しボタン式のスイッチになるからだ。慣れの問題ともいえるが、日常的にレバーで操作していると、Dレンジに入れる時にボタン操作がスムーズに行いにくい。

次ページは : ■3列目シートの改良で開放感がすごい

最新号

ベストカー最新号

ジムニーシエラ5ドアの詳報来たる!! 注目モデルも試乗ラッシュ! ベストカー8月26日号

発売中の「ベストカー」8月26日号は注目の新車特集号! 公開されたばかりの新型クラウンクロスオーバー、雑誌ならではの切り口で魅力を探ります。さらに、新型フェアレディZと新型エクストレイルの試乗記。新型シビックタイプR、新型ムーヴキャンバスの紹介もあります!

カタログ