ヴェゼルの兄貴分 新型ZR-Vの今年中の日本発売を予告! 今わかっている情報すべて


 ホンダの新型SUVは、北米でHR-V、中国・欧州ではZR-Vとして、情報が公開されている。ついに日本でも、2022年内に導入予定であることが公式に発表された。CR-Vのフェードアウトが決定しているなか、新型モデルが激戦区であるSUV市場で戦えるものになっているのか、注目を集めている。

 ZR-Vの国内販売における公式な詳細情報は明らかとなっていないが、海外仕様で判明している内容や筆者が行ったホンダディーラーへの取材で判明した最新情報を伝えていこう。

文/木村俊之
写真/ホンダ

【画像ギャラリー】新型ZR-Vの勇姿を画像でチェック!(9枚)画像ギャラリー

■シビックベースの新型SUV「ZR-V」

 2022年冬に国内発売予定の新型ZR-Vは、11代目シビックをベースに開発される。『異彩解放』というグラウンドコンセプトで、「お客様・クルマ・開発者の個性」を凝縮させた新たなSUVづくりに挑戦する1台だ。

 5月19日に公開された「ZR-V」の特設サイトでは、開発チームへのインタビューが掲載され、その特徴があげられている。

ヴェゼルはフィットベースだがZR-Vはシビックベースだという。日本市場においてはCR-Vの後釜か

 ZR-Vの最大の特徴は、セダンライクな運転姿勢や快適性を求めている点だ。運転姿勢は、セダンがそのまま高くなったスタイルだという。さらにインテリアでは、「グラマラス&エレガント」をキーワードに掲げ、開発陣の強いこだわりを感じられる。

「お気に入りの洋服を繰り返し着る感覚で、クルマに乗って欲しい」と、素材選びだけでなく、素材に合うステッチやカラーを厳選し、まるで洋服を仕立てるようにして色気や知性を演出したそうだ。

 エクステリアでは、一目で流麗さを感じるプロポーションになるよう、1つの球体を意識した塊感のあるボディに仕上げられた。艶感のある色気とスポーティーさを融合させた、グラマラスなエクステリアデザインにも注目したい。

■気になるスペックは? 全幅1800mmにこだわる

 細かなスペックについては、まだ正式に発表されていないが、中国版ZR-Vのスペックが中国工業情報化部のウェブサイトに掲載されている。

 中国版ZR-Vの車体サイズは全長4568mm×全幅1840mm×全高1621mmとなる模様だ。国内仕様も、ヴェゼル(全長4330mm×全幅1790mm×全高1580mm)とCR-V(全長4605mm×全幅1855mm×全高1680mm)の中間に位置すると考えれば、同程度のサイズ感で登場するだろう。

 CR-V撤退後、ホンダSUVラインナップの柱として期待される。

 さらにディーラーへの取材を進めると、国内仕様のボディサイズが見えてきた。国内仕様のボディサイズは、全長4580mm×全幅1800mm×全高1630mmになるようだ。全長と全幅はベースとなるシビック(全長4550mm×全幅1800mm×全高1415mm)に極めて近く、CR-Vとヴェゼルの中間サイズで扱いやすいようにも思える。

撤退するCR-Vよりひと回り小さくシビックと同程度。国内市場を意識してのことか

 海外仕様より40mm狭くなった全幅1800mmには、強いこだわりがあるようだ。確かに、筆者も全幅1800mmを超えた途端に、クルマが大きく感じることがある。狭い小道や駐車スペースでは、4cmの車幅の差が数字以上に大きく感じられるだろう。

 全幅をヴェゼルに限りなく近くすることによって、「ヴェゼルでは室内の広さが物足りない」というユーザーに対し、強く訴求できる可能性は高い。

クラス下となるヴェゼルと差別化した商品展開が期待できる!? ホンダ車同士で共食いするような状況を回避できるか

 ZR-Vはセダンライクなクルマを追い求めたホンダらしい1台だ。かつて、一世風靡したセダン感覚で乗れるミニバン「オデッセイ」のように、新しいSUV時代を牽引する存在になることを期待したい。

次ページは : ■グレードは3種類 その特徴とは