明らかな違法行為を動画撮影 警察に情報提供したら警察は捜査してくれるのか?

明らかな違法行為を動画撮影 警察に情報提供したら警察は捜査してくれるのか?

 走行中に、明らかな違法行為を見つけたら…皆さんならどうしますか? ドライブレコーダーの普及率が高まり、また同乗者が(動画撮影可能な)スマホを所持するのが当たり前になっている現代日本において、もし走行中に「これはさすがにマズいでしょ…」という場面を見かけてしまったらどうするか。今回は先日Twitterで話題になった、危険で迷惑な行いの撮影と、その後に警察へ通報した際の顛末をお届けします。

文/加藤久美子
写真/加藤ヒロト、Mai(@N_M_H_H0623)さんのTweetより切り出し

【画像ギャラリー】お金持ちなら貸し切りスペースでやってほしい…深夜のPAでのランボルギーニ撮影模様(6枚)画像ギャラリー

■ランボ軍団を高速道路で撮影? ありえない違法行為に遭遇

 2022年4月半ば、高速道路で撮影されたとある衝撃的な動画がツイッターに投稿され話題を集めた。

2022.4.16付けのツイート。本記事公開当初、このツイートには「#リバティーウォーク」というタグが付けられておりましたが、その後の取材により、このツイートで取り上げられた走行と、ランボルギーニカスタム大手「Liberty Walk」社とは無関係であることが分かったため、上記画像を一部訂正し、謹んで確認の不備を謝罪いたします
2022.4.16付けのツイート。本記事公開当初、このツイートには「#リバティーウォーク」というタグが付けられておりましたが、その後の取材により、このツイートで取り上げられた走行と、ランボルギーニカスタム大手「Liberty Walk」社とは無関係であることが分かったため、上記画像を一部訂正し、謹んで確認の不備を謝罪いたします

 なんとも恐ろしい! 数台のランボルギーニ・アヴェンタドールの先頭を走る同ウルスのサンルーフから男性が体を乗り出してカメラを構えている。後部座席のシートの上に立ち、サンルーフから体を乗り出して撮影している模様。

 場所は岐阜県内の名神高速道路上。撮影者は装着が義務付けられているシートベルトを外して座席の上に立って撮影しているのだろう。明らかに違法行為だとわかる映像だ。

 また、撮影される側のアヴェンタドールも追越車線も走行車線もふさいでいるような状況である。動画撮影者のクルマは走行車線を走っているが、追い越し車線側には白いトヨタ SAIが映っており、ゆっくりとしたスピードで走っているランボ群団を追い越したいようにも見える。

高速道路走行中に、センターラインのど真ん中を走りながらサンルーフから身を乗り出して撮影している。自動車専門メディアで言うところの「引っ張り」。公道では許可をとった特別な場合以外はやりません
高速道路走行中に、センターラインのど真ん中を走りながらサンルーフから身を乗り出して撮影している。自動車専門メディアで言うところの「引っ張り」。公道では許可をとった特別な場合以外はやりません

 この動画を撮影したMai(@N_M_H_H0623)さんと連絡が取れたのでどのような状況だったのか? まずは聞いてみた。Maiさんは当時の様子を語ってくれた。

「とても迷惑な行為だと思い思わず撮影しました。走っているのは地元の方だと思います。場所は名神高速関ヶ原近辺で、ランボ群団は京都方面へ向かっていました。4台のランボが赤いSUVを先頭に蛇行したり、入れ替わったりしながら撮影していました。途中、邪魔くさくなったのでSAに入りました。急に減速したり加速したりで迷惑でしたね。」

 Maiさんによると、周囲のクルマに対しても大変な迷惑となっていたようである。高速道路を我が物顔で走り、追い越し車線を塞いで減速、加速を繰り返すなどやりたい放題である。

 なお、この動画ではランボルギーニは4台しか映ってないが、他には7-8台が一団になって撮影をしていたという情報もある。その時に近くを通っていた愛知県在住のAさんも動画こそ撮らなかったがありえない状況に驚いたという。

「私が見た時は4台ではなく、もっとありました。8台位はあったように思います。追越車線4台、走行車線4台の状態で先頭のSUVから体を乗り出してカメラを構えている方がいました。並び方の配置や先頭に来るクルマを入れ替えるなどの指示も出されていたと思います。私のクルマが走っていたのはランボ軍団のすぐ後ろではありませんでしたが、見通しのいい道路ですから前の状況はよくわかりました。驚きましたね。車高の高いSUVの屋根から体を乗り出して(?)、最初は一瞬何をしているのかわからない状態で、”え? え?”って感じで何度も見てしまいました。

 周囲のクルマも同じだったと思いますが、普通ありえない光景に出くわすと一瞬、固まりますよね。危険な状態だと思います。速度は、恐らくですが70~80km/h、いや、もっと遅かったかもしれません。急に加速したり、急にゆっくりになったり、また、時々、走行車線に1列になっていたようにも思います。これが追越車線を開けるためなのか?単に、並び方のフォーメーションを変えるためなのかは不明です。周囲の迷惑などまったく気にしていないように私は感じました。

 ふだん、このあたりは皆さん普通に100km/h前後で流れている場所ですから、完全に流れを止めているような状況だったと思います。動画に白いクルマが写っていますが、追い越せなくて戸惑っているように見えます。」

次ページは : ■NEXCO中日本からも「絶対にやってはいけない危険行為」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します