SUV界の出木杉くんはどのモデル!? 世界で最も優等生なクロスオーバーSUV決定戦!!

SUV界の出木杉くんはどのモデル!? 世界で最も優等生なクロスオーバーSUV決定戦!!

 今やセダンに代わり自動車の中心的存在となりつつあるSUV。100万円台の軽自動車から数千万円級の超高級車までが同じジャンルに揃うユニークさもSUV全盛時代の魅力である。

 そこで今回は、1000万円以下で買える最も優秀なクロスオーバーSUVを決定!

●エントリーリスト(クロスオーバーSUV・1000万円以下)
・トヨタ RAV4 アドベンチャー(日本・384万円)
・トヨタ RAV4PHV G“Z”(日本・499万円)
・トヨタ ハリアーハイブリッド Z〈FF〉(日本・452万円)
・トヨタ ランドクルーザー VX ガソリン(日本・630万円)
・レクサス NX350 Fスポーツ(日本・599万円)
・レクサス RX450h バージョンL(日本・729万円)
・三菱 アウトランダーPHEV G(日本・499万6200円)
・マツダ CX-5 XD Lパッケージ(日本・352万円)
・マツダ CX-8 XD エクスクルーシブモード(日本・459万8000円)
・スバル フォレスター Xブレイク(日本・308万円)
・キャデラック XT6 プラチナム(アメリカ・899万円)
・ジープ グランドチェロキー リミテッド(アメリカ・788万円)
・ジャガー Fペイス S P250(イギリス・757万円)
・ランドローバー レンジローバーヴェラール RダイナミックS P250(イギリス・898万円)
・アウディ Q5 40 TDI クワトロアドバンス(ドイツ・707万円)
・アウディ Q7 55 TFSI クワトロ(ドイツ・990万円)
・アウディ e-tron 50 クワトロ(ドイツ・935万円)
・BMW X3 xDrive20d Mスポーツ(ドイツ・781万円)
・BMW iX3 Mスポーツ(ドイツ・862万円)
・メルセデスベンツ GLC220d 4マチック(ドイツ・731万円)
・メルセデスベンツ EQA(ドイツ・640万円)
・メルセデスベンツ EQC(ドイツ・960万円)
・ポルシェ マカンT(ドイツ・840万円)
・VW ティグアン TSI エレガンス(ドイツ・500万8000円)
・シトロエン C5エアクロスSUV シャイン(フランス・455万8000円)
・DSオートモビル DS7クロスバック(フランス・536万円)
・プジョー 3008 GT(フランス・505万7000円)
・アルファロメオ ステルヴィオQ4 ヴェローチェ(イタリア・771万円)
・ボルボ XC60 B5 AWD インスクリプション(スウェーデン・769万円)


※本稿は2022年4月のものです
文/片岡英明、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年5月26日号

【画像ギャラリー】SUVを制するものが世界を制する!? 世界の新定番「クロスオーバーSUV」トップ10!!(13枚)画像ギャラリー

■29車のノミネートからトップ10を選ぶ!

1位のボルボ XC60。安全装備の充実、優れた運転支援装置、快適な室内空間、使い勝手などトータル性能が高い
1位のボルボ XC60。安全装備の充実、優れた運転支援装置、快適な室内空間、使い勝手などトータル性能が高い

 SUVの人気ゆえノミネート車は多種多彩で29車種。

 順位付けするのに悩み抜き、1位はボルボXC 60 B5。

 このクルマは安全装備の充実、優れた運転支援装置、快適な室内空間、使い勝手などトータル性能が高い。

 ぜひアクティブサスを装着してスポーティかつしなやかな走りを堪能してほしい。

 2位は三菱アウトランダーPHEV。

 500万円くらいでこんないいクルマができるのが凄い。大きさを感じさせないスポーティな走り、内外装の上質感など魅力満載。

 優れた4WDはランエボを作った人が作ったんだと実感。

 3位はBMW iX3。

 デザインの古さは隠せないが、ハンドリングのよさが魅力。後席は狭いが運転して楽しいドライバーズSUVだ。

 4位はマツダCX-8。パッケージングに優れ、3列シートSUVでコスパが最高の1台。ディーゼル、2・5Lターボなど走りも気持ちいい。

 5位はトヨタハリアー。RAV4と悩んだが、あらゆるTPOにマッチするハリアーを選んだ。見栄えし、ユーザーの購入意欲をくすぐるトヨタの手法の上手さが光る。

5位のトヨタ ハリアー。見栄えがよく、あらゆるTPOにマッチする
5位のトヨタ ハリアー。見栄えがよく、あらゆるTPOにマッチする

 6位はレンジローバーヴェラール。4気筒ターボかよ、と思ったが、音振対策を徹底しているので質感が高い。マイルドハイブリッドはより燃費がいい。レンジがこの価格で買えるのは隔世の感あり。

 7位はトヨタランドクルーザー。一番安いガソリンモデルでも走りの基本は同じだから買い得感あり。重くデカいのに走りは軽快で、絶大な安心感があるのが一番の魅力。

 8位はアルファロメオステルヴィオ。暴力的なまでのラテン感が最高。エンジンもよく回って気持ちいいし、ハンドリングもいい。雪道で走ってその走破性の高さにビックリ。誰が見てもアルファとわかるアイコン的ルックスも◎。

 9位はDS7クロスバック。小さめの高級車は日本メーカーでは絶対作れないクルマ。DS特有のプレミアム感満載で、エクステリア、インテリアともクルマに興味のない人にも衝撃を与えるレベルだ。

 10位はスバルフォレスター。安全装備、快適装備も充実して300万円強の価格は凄く魅力的だ。走りもよく、見切りもよくて運転しやすいので、ビギナーや女性にもお薦め。ハイブリッドながら燃費がイマイチなのが玉にキズ。


次ページは : 【番外コラム】オーバー1000万円級!! 世界の高額SUV

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ