どれも秀逸なものばかり! クルマCM、伝説のキャッチ8選

どれも秀逸なものばかり! クルマCM、伝説のキャッチ8選

 5月27日に発売された新型ステップワゴンは6代目だ。初代ステップワゴンが登場したのは今から26年前、1996年のこと。その初代は大ヒットとなったが、その理由のひとつがCMにあったという。

 キャッチコピーは今では有名な「こどもといっしょにどこいこう。」だ。

 これを手がけたのが佐藤可士和氏。氏は、自身が描いたイラストレーションを用い、絵本のなかにクルマが飛びこむという斬新なビジュアルを採用した。初代ステップワゴンのCMは、「そのクルマによって作られるライフスタイル」をアピールするという、それまでになかった手法を採用していた。

 以来、クルマの性能や機能表現が重視されていた自動車広告は価値観が一変したともいわれている。そんな自動車のCMだが、ステップワゴン以外にも印象に残るようなCMやキャッチがあった。今回筆者には8選選出し、語ってもらった。

文/清水草一
写真/ホンダ、ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】秀逸なCMやキャッチに恵まれたクルマたち(20枚)画像ギャラリー

■プラスのイメージではないが、記憶に残っているものもある


第8位 2代目日産セレナ「モノより思い出。」(1999年~)

 初代ステップワゴンの「こどもといっしょにどこいこう」とまったく同系統のコピーだが、なぜか反感を覚え、非常によく記憶している。言いたいことはわかるのだが、モノ(クルマ)のCMで「モノより思い出。」はないだろう! じゃクルマなんかいらんだろ! と、CMを見ながらつぶやいていたのは、今思えばオヤジ化の始まりだったのかもしれない。モノが思い出をつくります!

2代目セレナはFRだった先代に対しFF化し、スペース効率を向上した


第7位 マツダ初代アテンザ「Zoom-Zoom」(2002年~)

 とにかく、「なんて言ってるのかわからない」というのが、記憶に残っている最大の理由。カーマニア同士の間では、「ズンズンズンだろう?」「いや、ブンブンブンだ」といった、どうでもいい会話がかわされた。

 あれが「ズームズーム」で、日本語の「ブーブー」に当たる英語の擬音だと聞いても、「そんな日本人になじみのないキャッチコピー使ってどうすんだよ!」と突っ込んでいた。そう思いつつ、しっかり記憶に刻まれているのだから、マツダさんの勝利なのでしょう。

■オジサン世代なら膝を打つ! ステキCMたち


第6位 初代ホンダシティ「ホンダホンダホンダホンダ」(1981年~)

 マツダの「ズームズーム」と違って、これは間違いなく明瞭に「ホンダホンダホンダホンダ」だった。そして初代シティのトールボーイデザインとともに、明瞭に記憶に刻まれた。CMの基本は連呼して記憶に刻むことだと思い知らされます。


第5位 4代目日産スカイライン「ケンとメリーのスカイライン」(1972年~)

 私はまだ10歳でしたが、オシャレでロマンチックな映像と、「ケンとメリーのスカイライン」というコピーに、なんだかウットリした覚えがある。ケンとメリーを演じた外人モデルさんたちは誰だったんだろう? それにしてもなぜケンとメリーだったんだろう? 

 よくもまぁ、「ケンとメリーの」などという、まったくもって茫洋としたコピーをつけたものだ。4代目スカイラインは、今でも「ケンメリ」と呼ばれ、完璧に定着している。これぞイメージ戦略の勝利。


第4位 2代目いすゞジェミニ「街の遊撃手。」(1984年~)

 舞台はパリ。ダンスを踊るようにアクロバット走行を繰り広げるFFジェミニたち。しまいにゃメトロ(地下鉄)の階段を降り、駅を駆け回って階段から飛び出す! その映像にカーマニアなら心を奪われないはずがない! 

 そして最後に流れる「街の遊撃手。」のコピー。もう300%大納得! それにしても古いCMが多いなぁ。おっさんなもので、どうもすいません。

次ページは : ■筆者の考えるベスト3はこれだ!!