あのメーカーはどうなった? 日本市場から撤退したブランドたちの今を追う

あのメーカーはどうなった? 日本市場から撤退したブランドたちの今を追う

 自動車産業が盛んな日本は、同時に世界有数の自動車市場でもある。そんな日本市場に参入する海外自動車メーカーも多いが、なかにはうまくいかずに撤退してしまったブランドも存在する。

 今回はこうした撤退ブランドを紹介し、現在の状況についても報告する。実は好きだったあのメーカー、本国では今も元気でやっているのだろうか?

文/長谷川 敦 、写真/オペル、ヒョンデ、Favcars.com

【画像ギャラリー】日本市場の分厚い壁に泣いたクルマたち(14枚)画像ギャラリー

ついに日本での再始動を開始するドイツの老舗「オペル」

あのメーカーはどうなった? 日本市場から撤退したブランドたちの今を追う
2022年から予定されているオペル日本再上陸での販売が決定したコンパクトカーのオペル コルサ。かつてはトヨタとの車名登録問題からヴィータの名称で販売された

 1899年、ドイツで自動車の製造販売を開始したメーカーがオペル。社名は創業者のアダム・オペルからとられたもので、実際に自動車製造をスタートさせたのはアダムの息子たちだった。

 当初は堅調だったオペルの事業だが、不況のあおりを受けて1930年代にはアメリカのゼネラルモーターズ(GM)に子会社化される。以降はGM製プラットフォームを使用したモデルも販売していた。

 日本国内での輸入販売は1920年代から行われている。第二次世界大戦後には日本での代理店が変更されるものの販売を継続。1970年代には排ガス規制への対応遅れから一時的に撤退し、1980年代前半に再び販売開始となる。

 なお、この時期には当時同じくGM傘下にあったいすゞ自動車も一部のオペル製モデルを輸入販売していた。

 1993年には輸入代理店が変わり、さらに2000年には日本ゼネラルモーターズが本格的にオペルの販売を始めた。この頃の人気テレビドラマでコンパクトカーのヴィータが登場して注目を集めている。

 このように日本の市場に存在し続けたオペルだったが、他のドイツ車ブランドに比べるとアピール度に乏しく、信頼性の面などでも日本車に苦戦していたこもとあり、2006年をもって日本市場からの撤退が決定された。

 その後フランスのプジョーシトロエングループ(グループPSA)がGMからオペルと姉妹メーカーのボクスホールを買収して傘下に収め、さらにグループPSAがフィアット・クライスラー・オートモビルズを経営統合してステランティスグループを設立したため、現在のオペルはステランティスグループの一員となっている。  

 2019年に、当時のグループPSAは日本国内でのオペル車販売再開を発表した。すでに国内向けのウェブサイトもスタートし、正式販売開始に向けて準備が進められている。現在の日本市場でオペルがどこまで健闘してくれるのか、注目していきたい。

鳴り物入りで登場も、日本では不発に……「サターン」

あのメーカーはどうなった? 日本市場から撤退したブランドたちの今を追う
特徴的なスタイルのサターン SC(1997年)。こちらは2ドアのクーペモデルで、4ドアのSLもラインナップされていた。日本国内でも販売

 1970年代のオイルショック以降、燃費に勝る日本車に押されていたアメリカのゼネラルモーターズ(GM)は、新たなイメージを構築すべく、新ブランドの「サターン(Saturn)」を1985年に設立した。

 大食いイメージのあるアメリカ車ではなく、よりユーザーと環境に優しいクルマ作りを目指したサターンは、販売戦略においても次々と新機軸を打ち出した。

 サターンのファーストモデルとして登場したSシリーズは、クーペのSC、セダンのSL、そしてワゴンモデルがラインナップされていた。ドアや外装には金属ではなく変形しにくい樹脂を使用するなどの新たな試みもあり、GMがこのブランドにかける意気込みを感じさせた。

 日本への進出は1997年で、「礼をつくす会社、礼をつくすクルマ」のフレーズで広告を展開。それまでの自動車会社にはないイメージのTV CMも話題になった。また、アメリカで好評だった来店客に過度のプレッシャーをかけない営業スタイルは国内でも高く評価された。

 国内で販売されたのは小型モデルのSシリーズのみだったが、従来のアメリカ車に対するイメージや、国産車への競争力、販売網の小ささが不利となって販売実績を残せず、2001年に、わずか4年で日本市場からの撤退を余儀なくされた。

 日本からの撤退後もアメリカとカナダで複数のサターンブランド車が継続販売されていたものの、やはり業績は思わしくなく、2009年のGM社経営破綻によってサターンブランドはあえなく消滅してしまう。

 印象的なイメージのTV CMが記憶にある人も多いだろうが、文字どおり記憶にのみ残るブランドとなってしまった。

次ページは : クルマでは韓流ブームを起こせず? 「ヒョンデ(ヒュンダイ)」

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ