まさにこれぞプライスショック!! 期待のSUV、マツダCX-60の価格は果たして妥当なのか!?

まさにこれぞプライスショック!! 期待のSUV、マツダCX-60の価格は果たして妥当なのか!?

 今年4月に市販車が公開され、すでに予約注文を開始し、今秋からデリバリーが開始されるというマツダCX-60。新開発のラージと呼ばれるFRのアーティテクチャーを採用し、直6ディーゼルターボの搭載といった驚き、ワクワク感にあふれるモデルである。

 また、CX-60はミドルSUVの上限近くとなるボディサイズを含めた車格や新開発された部分が非常に多いモデルながら、2.5L直4ガソリンで300万円を切る299万2000円~、3.3L直6ディーゼルターボは323万950円~という価格にも驚かされた。

 といったことから、ここではライバル車と比べたCX-60のリーズナブルさや、価格から見えてきたCX-60のポジション、CX-60を見て感じる疑問や懸念を考えてみた。

文/永田恵一、写真/マツダ、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】大丈夫かマツダ!? 収益が心配になるほどお得な価格が設定された期待のSUV、マツダCX-60(11枚)画像ギャラリー

■登場前に想定されたCX-60のポジション

2022年4月に市販車が公開され、すでに予約注文を開始しているマツダ CX-60。ボディサイズなどから予想された価格よりも安価な価格帯で登場した

 マツダは2019年あたりから車種構成をスモールと呼ばれるプラットフォームを使うFF車と、ラージと呼ばれる直6エンジンも搭載するFR車に大別していくということを発表しており、CX-60はラージ第1弾となるSUVである。

 ラージ車種群は「直6エンジン+FR」という点によるインパクトが大きいこともあり、「プレミアムカーであるメルセデスベンツCクラス、BMW3シリーズ、ボルボ60シリーズ級をターゲットにしたモデル」という憶測がひとり歩きのように拡大したのも事実だった。

 そのため「価格は500万円程度から」と予想され、この点に対する賛否が多数あった。

 しかし、フタを開けてみると「クルマ自体はプレミアムカーをもターゲットにしたモデルながら、価格はそうでもない」といった印象で、ここからはパワートレーンごとにCX-60の価格をライバル車と比較していく。

■CX-60の価格競争力は強烈だ!

●2.5ガソリン(188ps&25.0kgm+8速AT) ※以下カッコ内は4WD車
25S Sパッケージ/292万2000円(321万7500円)
25S Lパッケージ/341万5000円(364万1000円)
25Sエクスクルーシブモード/384万5000円(407万円)

 CX-60の2.5Lガソリンでは「このクラスでは革シートなどこのくらいの装備が欲しい」と感じる25S Lパッケージに、セーフティクルーズパッケージ/5万5000円(自動ブレーキの強化など)、マイコックピットパッケージ/8万2500円(電動チルト&テレスコステアリング、フル液晶メーターなど)、TVチューナー/2万2000円といったメーカーオプションを加えた2WDでおおよそ360万円を基準に見ていくと、

・トヨタハリアー2LガソリンGレザーパッケージ/371万円
・レクサスNX250(2.5Lガソリン)/455万円

 と、CX-60の2.5Lガソリンは排気量をはじめ、ハリアーというよりレクサスNX250に近い存在ながら、価格はハリアーよりも安い。

●3.3L直6ディーゼルターボ(231ps&51.0kgm+8速AT)
XD/323万9500円(346万5000円)
XD Sパッケージ/358万500円(380万600円)
XD Lパッケージ/400万4000円(422万9500円)
XDエクスクルーシブモード/443万3000円(465万8500円)

 3.3L直6ディーゼルターボはライバル車との関係もあり、422万9500円となる4WDのLパッケージで見ていくと(XD Lパッケージだと装備内容は充実し、欲しいメーカーオプションはTVチューナーくらいだ)、

・メルセデスベンツGLC220d 4MATIC/731万円
・BMW X3 xDrive20d/733万円
・アウディQ5 40TDIクアトロアドバンスド/707万円
・ジャガーFペイスD204 AWD/770万円
・アルファロメオステルビオ2.2ディーゼルターボQ4 TI/680万円

 と、CX-60 XD Lパッケージ4WDはディーゼルターボ+4WDのプレミアムSUVに対し、やはり250万円から300万円安い。

 そのうえ名前を挙げた各モデルのディーゼルターボは2L級の4気筒であり、CX-60のディーゼルターボが3.3L直6という点は価格帯もあるが、趣味性も加味すると強烈なアドバンテージといえるだろう。

●3.3L直6ディーゼルターボ+マイルドハイブリッド(システム出力254ps&56.0kgm+8速AT、全グレード4WD)
XDハイブリッドエクスクルーシブスポーツ&エクスクルーシブモダン/505万4500円
XDハイブリッドプレミアムスポーツ&プレミアムモダン/547万2500円

 3.3L直6ディーゼルターボにマイルドハイブリッドが加わるXDハイブリッド系は、純エンジン車となるXD系に対し、プラス50万円というイメージだ。

 XDハイブリッド系はインテリアがホワイト系やタンカラーになるなど、より華のあるものとなり、マイルドハイブリッドにより動力性能と燃費がそれぞれ10%程度プラスになると思われるが、50万円という差額に対する解釈は分かれそうだ。

 それでも直6ディーゼルターボを積む同クラスのSUVは920万円するBMW X3 M40d(4WDのマイルドハイブリッドでエンジンは340ps&71.4kgm)くらいしかない。

 もちろん、スペック的な差は大きいが、そこを加味しても3.3L直6ディーゼルターボを積むCX-60は「1000万円近く出さないと買えない、6気筒のディーゼルターボを400万円台から500万円台で買える」という魅力はやはり強烈だ。

CX-60の目玉ともいえるPHEVモデルは国内他社の競合車よりもいくぶん高価ではあるが、高級感のあるインテリアの質感などを考えると妥当な価格といえる

●2.5Lガソリン+PHEV(システム出力323ps&51.0kgm+8速ATで全グレード4WD、欧州仕様は約62kmのEV走行が可能)
PHEV Sパッケージ/539万円
PHEVハイブリッドエクスクルーシブスポーツ&エクスクルーシブモダン/584万6500円
PHEVハイブリッドプレミアムスポーツ&プレミアムモダン/626万4500円

 PHEVは0-100km/h加速5.8秒と、CX-60の日本仕様では最速となる動力性能も備える。

 装備内容を見るとPHEV Sパッケージはセーフティクルーズパッケージ/5万5000円、シースルービューパッケージ/9万3500円といった若干のメーカーオプションが欲しくなるのもあり、584万6500円のエクスクルーシブスポーツ&プレミアムモダンで見ていくと

・トヨタRAV4 PHVブラックトーン/539万円
・三菱アウトランダーP/532万700円

 と日本車2台よりは高いものの、華のあるインテリアなどを加味すれば納得できる範囲だろう。

 さらにレクサスNX450hを含めた、プレミアムブランドのプラグインハイブリッドと比べれば、

・レクサスNX450h/714万円
・メルセデスベンツGLC350e4MATIC/913万円
・BMW X3 xDrive30e/860万円
・ボルボXC60リチャージプラグインハイブリッドT6 AWDインスクリプションエクスプレッション/819万円

 と、100万円単位で安い。

 ここまでのライバル車に対する価格と、先日あったイベントでCX-60の話題になった際のマツダ関係者が漏らしていた「CX-60はCX-5からの乗り替えも想定したモデルです」という言葉を総合すると、筆者は現時点でのCX-60のポジションを「プレミアムカーを目指しながらも超リーズナブルなミドルSUV」と解釈している。

 また、CX-60を過去の日本車で例えるなら1989年登場の初代セルシオが「日本では同時期に加わった同じV8エンジンを搭載したクラウンともクロスする455万~620万円という価格で、日本では3L直6エンジン搭載車で約800万円のベンツSクラスやBMW7シリーズに、静粛性の高さをはじめとした違った魅力を持ちながら挑んだ」という存在に近いものも感じる。

次ページは : ■CX-60に対する疑問、懸念