スイフトスポーツ N-ONE マツダ2…ファミリーカーにも使える新車価格250万円以下の実用的なMT車5選

スイフトスポーツ N-ONE マツダ2…わずか1%の少数派! ファミリーカーにも使える新車価格250万円以下の実用的なMT車5選

 クルマ好きのなかには「実用車 と 趣味車」という、用途別に愛車を所有するカーライフを楽しんでいる人もいると思う。

 実用車は家族や仕事のため、趣味車は休日の楽しみとして・・・。この組み合わせができれば理想的だ。

 その一方で、駐車場や経済的な問題・・・などなど。さまざまな理由で1台ですべてまかなっている人も少なくないだろう。そのなかには「家族のために2ドアは諦めるけど、”MT車だけ”はぜったいに譲れない」というお父さんもいるはずだ。

 そうなると、予想以上に選択肢が限られてくることも事実だ。現在、どのような選択肢があるのか? 「ファミリーカーにも使える新車価格250万円以下の実用的なMT車5選」と題して紹介したい。

文/松村透
写真/トヨタ、ホンダ、マツダ、スズキ、ポルシェ、AdobeStock(Sap)
※この情報は2022年6月21日現在のものです

【画像ギャラリー】わずか1%の少数派! ファミリーカーにも使える新車価格250万円以下の実用的なMT車5選(11枚)画像ギャラリー

■MT車は絶滅危惧種であるという(認めたくない)事実

スイフトスポーツ N-ONE  マツダ2…わずか1%の少数派! ファミリーカーにも使える新車価格250万円以下の実用的なMT車5選
クルマ好き同士だとあまり実感がないかもしれないが、一歩圏外に出れば、MT車乗りが少数派であることに気づくはずだ

 クルマ好き同士だと実感が薄いかもしれないが、いまやMT車の新車登録台数は全体の1%にも満たないという。

 もうしばらくは内燃機関のクルマを楽しむことができそうだが、少なくともここ数年で「自分がクルマを運転している時代に内燃機関のクルマに乗れなくなるかもしれない・・・」といった漠然とした危機感を抱くようになったクルマ好きも少なくないだろう。

 正直、こんな仮説を立てたくはないのだが「内燃機関+3ペダルMT車」が絶滅危惧種になる(かもしれない)というリミットが、少しずつ、確実に忍び寄っているという直感は正しいのかもしれない。

■いまやMT車に乗れること自体が特殊なスキルに?

スイフトスポーツ N-ONE  マツダ2…わずか1%の少数派! ファミリーカーにも使える新車価格250万円以下の実用的なMT車5選
MT経験者であればたやすいことでも、未経験者にとってはクラッチミートもヒヤヒヤモノなのだ

 日常生活においてクルマを運転する際、よほどの特殊な事情がないかぎり「MT車でなければ困る」という場面はほぼ存在しないといっていいだろう。むしろ日常生活においては、ATをはじめとする2ペダル車の方が圧倒的に楽だ。

 もっとも分かりやすい例として、渋滞時の運転をイメージすれば容易に想像ができるだろう。「この先渋滞50km」の表示を目にした時の絶望感たるや・・・。自他ともにMT好きを自認する人でも避けたい状況だろう。

 また、かつては「オートマは慣れなくて怖いから、ワタシはMTに乗る」という一般ドライバーの声も聞かれた。しかし、それも今となっては少数派になりつつある。

 さらにレンタカーも、趣味性の高いクルマに特化した店舗でない限り、AT車が主流だ。

スイフトスポーツ N-ONE  マツダ2…わずか1%の少数派! ファミリーカーにも使える新車価格250万円以下の実用的なMT車5選
AT(2ペダルMTを含む)のみのモデルと、MTの設定も用意する場合、内装のデザインやレイアウトが異なってくるケースも

 シフトをニュートラルから1速に入れ、ゆっくり左足を動かしてクラッチを繋ぎ、アクセルを踏み込んで適度な回転域でクラッチを切り、2速へシフトアップ。クラッチペダルから左足を話してそしてさらに加速・・・。

 MT車の運転経験者であれば、体が自然と動いてくれるだろう。しかし、未経験者にとってはこの一連の動作が非常に難しい。自分には必要ないと割り切るか、必要に迫られるとしたら、必死に練習して慣れるしかない。

■わずか1%の少数派! ファミリーカーにも使える新車価格250万円以下の実用的なMT車5選

 ファミリーカーにも使える新車価格250万円以下の実用的なMT車を5車種、ピックアップしてみた。「ファミリーカー」というくくりを抜きにしても、どれも魅力的なモデルではないだろうか・・・。

マツダ2
・デビュー年:2019年9月(マツダ2として)
・エンジン:直列4気筒DOHC/直列4気筒DOHC直噴ターボ
・排気量:1595cc(ガソリン)/1498cc(ディーゼル)
・最高出力/最大トルク:110ps/14.5kgm、116ps/15.2kgm/105ps/22.4kgm
・ボディサイズ(全長×全幅×全高):4065×1695×1500(1525)mm
・新車価格:157.3〜245.6万円(MTグレードのみ抜粋)
・中古車の価格帯:118万円〜188.8万円

 前身はマツダデミオであり、モデル名とデザイン等を変更してマツダ2として生まれ変わった。MT車の設定が豊富であり、いまとなっては希少な「ディーゼルエンジン+3ペダルMT車」を選ぶこともできる。マツダ2と比較すると価格帯は上昇するが、マツダ3では6速MT仕様も用意される。

スイフトスポーツ N-ONE  マツダ2…わずか1%の少数派! ファミリーカーにも使える新車価格250万円以下の実用的なMT車5選
ガソリンエンジン+3ペダルMTだけでなく、ディーゼルエンジン+3ペダルMTの仕様も用意されるマツダ2

ホンダN-ONE RS
・デビュー年:2020年11月
・エンジン:直列3気筒DOHCターボ
・排気量:658cc
・最高出力/最大トルク:64ps/10.6kgm
・ボディサイズ(全長×全幅×全高):3395×1475×1545mm
・新車価格:199.9万円
・中古車の価格帯:154万円〜249.9万円

 一昨年デビューした2代目ホンダN-ONE。グレードのなかで唯一、MTの設定があるのは「RS」のみだ。しかも6速MT。内装もブラックを基調に差し色としてオレンジ色がステアリングやシフトノブ周辺などに配されており、スポーティさをアピールする。

スイフトスポーツ N-ONE  マツダ2…わずか1%の少数派! ファミリーカーにも使える新車価格250万円以下の実用的なMT車5選
N-ONEのなかで唯一のMT車である「RS」。往年のホンダらしさを感じるのは筆者だけであろうか?

ホンダN-VAN
・デビュー年:2018年7月
・エンジン:直列3気筒DOHC
・排気量:658cc
・最高出力/最大トルク:53ps/6.5kgm
・ボディサイズ(全長×全幅×全高):3395×1475×1945(1960)mm
・新車価格:127.6万円〜176.2万円(MTグレードのみ抜粋)
・中古車の価格帯:85万円〜208万円

 商用車としての需要も見込まれるホンダN-VAN。NAエンジンに限定されるが、2WD/4WDモデルそれぞれにMT車の設定がある。車両本体価格が抑えられている分、手に入れてからカスタマイズして楽しむことを前提に手に入れる楽しみもありそうだ。

スイフトスポーツ N-ONE  マツダ2…わずか1%の少数派! ファミリーカーにも使える新車価格250万円以下の実用的なMT車5選
遊び心満載のN-VAN。NAエンジン限定だが、2WD/4WDそれぞれにMT車の設定がある!!

スズキスイフトスポーツ
・デビュー年:2016年12月
・エンジン:直列4気筒DOHCターボ
・排気量:1371cc
・最高出力/最大トルク:185ps/16.3kgm
・ボディサイズ(全長×全幅×全高):3890×1735×1500mm
・新車価格:187,4万円〜201.7万円(MTグレードのみ抜粋)
・中古車の価格帯:109万円〜415万円(コンプリートカーを含む)

 いまや軽自動車でも200万円前後のモデルが増えつつあるなか、かつての「ホットハッチ」の流れを色濃く残すのがスイフトスポーツ。1度でも試乗してみれば「これほどの仕立てのクルマがこの値段で!?」と驚くに違いない。まさにスズキの良心だ。

スイフトスポーツ N-ONE  マツダ2…わずか1%の少数派! ファミリーカーにも使える新車価格250万円以下の実用的なMT車5選
まさにスズキの良心といえるスイフトスポーツ。クルマ好きであれば最初のひと転がりで魅せられてしまうかもしれない

カローラツーリング W×B 1.2Lターボ
・デビュー年:2019年9月
・エンジン:直列4気筒DOHCターボ
・排気量:1196cc
・最高出力/最大トルク:116ps/18.9kgm
・ボディサイズ(全長×全幅×全高):4495×1745×1460mm
・新車価格:247.3万円
・中古車の価格帯:168.3万円〜248万円

 現行カローラツーリング唯一の「ガソリンエンジン(しかもターボ)+6速MT」モデル。あっという間に完売となった限定車「2000リミテッド」および「アクティブライド」のミッションもダイレクトシフトCVTだった。カタログモデルでこのグレードが手に入るのはもはや奇跡なのか!?

スイフトスポーツ N-ONE  マツダ2…わずか1%の少数派! ファミリーカーにも使える新車価格250万円以下の実用的なMT車5選
カローラツーリング(画像は別グレード)にもMT、しかも6MTが設定される。趣味性と実用性をこれ1台でまかなえてしまうのだ!!

次ページは : ■まとめ:エンジンという内燃機関の回転数を自らコントロールできるヨロコビを噛みしめよう

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ