フェアレディZ迎撃準備完了!!! トヨタ スープラに6速 MTモデルがついにキタ!!!


 2022年4月28日、トヨタのスポーツモデル スープラが一部改良を発表した。様々なブラッシュアップはもちろんだが、注目はなんといっても「RZ」に追加されたMT設定だ。

 クルマ好き待望の3ペダルMT設定で、日産 フェアレディZの迎撃準備も完了!? その魅力を余すところなくお伝えしたい!

※本稿は2022年5月のものです
文/ベストカー編集部、写真/TOYOTA、ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年6月10日号

【画像ギャラリー】待望のマニュアルモデル追加!! 35周年記念特別仕様車、標準モデルとともにトヨタ スープラをギャラリーでチェック!(28枚)画像ギャラリー

■電撃発表! スープラ6速MT設定で「打倒フェアレディZ」が加速する!!!

2022年4月28日、トヨタはスープラの一部改良を発表した。従来の8速ATに加えて6速MTが新たに追加されるという衝撃の発表だった

 BMWとの協業により、2019年に17年ぶりの復活を果たしたスープラが4月28日、一部改良を受けた。

 今回の改良ではステアリング、足回りの改良によるハンドリング性能、乗り心地の向上が全グレードに対し行われたほか、ボルカニックアッシュグレーメタリック、ドーンブルーメタリックといった新たな外板色が設定された。

 が、なんといっても注目は387ps/51.0kgm発生の3L、直6ツインターボを搭載するトップグレード、「RZ」に行われた改良だ。

 RZは2020年4月にも、エンジン出力がそれまでの340psから大きく引き上げられるなど、とても一部改良レベルではない一部改良が施されたグレードだったが、今回も衝撃的だ。

 なんと従来の8速ATに加え、6速MTが新規設定されたのだ。

 オーストリアの「マグナ・シュタイヤー」で生産される現行スープラ。

 従来の8速ATでもレベルの高い走りを見せてくれたが、一部のアツいファンから3ペダルMTの設定を熱望されていたのは事実。

 今回の改良はそんなファンの声に応えたものといえる。

スープラRZは夏頃に商談を開始し、秋ごろに納車される予定となる。これは日産フェアレディZと似たスケジュール。国産MTモデルの直接対決から目が離せそうにない

 そのほか、1本あたり1.2kgの軽量化が施された新意匠の鍛造19インチアルミ、メーカーオプションとしてタンカラー内装を用意…など、今回もRZに加えられた改良の中身はかなりのレベルといっていいだろう。

 今年1月、オートサロンのプレスカンファレンスで豊田章男社長が「日産の皆さん! Zには負けませんから!」とブチかましたが、その言葉を地で行くような今回のアップデート。熱い。熱すぎる。

 スープラvsフェアレディZ、1990年代のアツき戦いが今、再び始まろうとしている!

【画像ギャラリー】待望のマニュアルモデル追加!! 35周年記念特別仕様車、標準モデルとともにトヨタ スープラをギャラリーでチェック!(28枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ