求むもう一歩の技術革新!! 「EV普及はもうちょいかかるな…」と実感した事情

求むもう一歩の技術革新!! 「EV普及はもうちょいかかるな…」と実感した事情

 先日、スバル「ソルテラ」/トヨタ「bZ4X」で、石川県金沢市から長野県松本市経由で軽井沢まで、300km弱をロングドライブする、という機会があった。ソルテラ/bZ4Xは、一般道から高速道路の様々な走行シーンで高い静粛性と軽快な走り、そしてすっきりとした乗り心地で、実に好印象。「いいクルマ感」がひしひしと伝わってくるものがあったが、案の定、充電イシューにおいては、苦労があった。

 筆者は、初代日産リーフを1年程所有していたことがあり、バッテリーEV(以下BEV)特有のライフスタイルはそれなりに経験している。リーフを手放して3年程になるが、ソルテラ/bZ4Xの試乗においても、そのころ痛感していたBEVの弱点を改めて認識することになり、「やはり現状ではBEVの普及は難しいな…」と感じた。筆者がBEVの普及は難しいと感じる理由をご紹介しよう。

文:吉川賢一
アイキャッチ写真:Adobe Stock_joel_420
写真:HONDA、NISSAN、TOYOTA、SUBARU、MAZDA、Mercedes-BENZ、BMW、Audi、TESLA、VOLVO、STELLANTIS、Porsche、JAGUAR、HYUNDAI、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】続々登場!!  現時点国内で購入できるバッテリーEVたち(32枚)画像ギャラリー

30分の急速充電でも、100km程度しか回復しないことも

 ソルテラ/bZ4XのWLTCモードでの航続可能距離は542km(AWD、FFは567km)。近い大きさの最新ミドルクラスSUVであれば、ハイブリッドモデルならば一度の給油で800km~900km、ディーゼルモデルであれば1,000kmは余裕で走ることができる。昨今のBEVのなかには、100kWhの超大型バッテリーを搭載したBEV(メルセデスEQSなど)もあるが、それでも最大770kmだ。

 ソルテラ/bZ4Xの試乗の際、「松本市へ到着する時点で航続距離を200km以上残すこと」というタスクをこなすため、途中、30kW急速充電器で30分間の充電をした。計算では、30kW×0.5h=15kWは蓄えられるはずだが、回復したのは13.3kWh、走行距離に直すと約93km程度(電費は7.0km/kWhで算出)だ。走行によって、熱を持ったBEVのバッテリーは、今回のソルテラ/bZ4X のように、30分の急速充電をしても期待したほど回復はできない。

 また、BEVは、車速を出すほどに電力消費が高まり、残航続距離がみるみるうちに減少する。純ガソリン車や純ディーゼル車の場合だと、新東名高速道路で120km/h巡行をすれば、燃費は伸びる傾向にあるのとは逆(ストロングハイブリッドは中速域の方が燃費は良いが)だ。

 昨今は急速充電設備も、90kW~100kWクラスの高速充電へと更新され始めてはいるが、現状は、都市部にある自動車ディーラーが中心であり、コンビニエンスストアや道の駅の急速充電器は、30kWや50kWクラスのまま。5分で満タンにできる内燃機関車との利便性の差は歴然であり、「航続距離は500km以上」と聞くと、それならば十分だと安心される方が多いが、実際には、全く問題がないかというと決してそうではない。

筆者が試乗した際、bZ4X(FWD)のスタート時点での充電量は約90%、走行残距離は420km。ただ、エアコンをつけると走行残距離は340kmに減少した
筆者が試乗した際、bZ4X(FWD)のスタート時点での充電量は約90%、走行残距離は420km。ただ、エアコンをつけると走行残距離は340kmに減少した

次ページは : 地方にも都市部にも適さないBEV

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ