アウトランダーPHEVはRAV4 NX450h+ CX-8 レネゲード4xe 3008ハイブリッドに比べて「買い」なのか?


 2021年12月に登場したアウトランダーPHEV。

 アウトランダーPHEVは3代目となるアウトランダーで、先代からバッテリー容量を増やしEVのみで87km走行可能。熟成されたS-AWC、そして日産と共通化された運転支援を搭載するなど、大きな進化を遂げた。

 販売も好調なこのアウトランダーPHEV、世界のPHEV/PHV4台+3列シートSUV「CX-8」の5台と比べたら果たして「買い」なのか? 自動車評論家 片岡英明が徹底比較!

●三菱 アウトランダーPHEV 対決ラインナップ
・VS トヨタ RAV4 PHV(ブラックトーン)
・VS レクサス NX450h+
・VS マツダ CX-8
・VS ジープ レネゲード4xe
・VS プジョー 3008 GTハイブリッド4


※本稿は2022年5月のものです
文/片岡英明、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年6月10日号

【画像ギャラリー】アウトランダーPHEV vs 国産&輸入ライバル5台! 6台の主要諸元をまとめてギャラリーでチェック(18枚)画像ギャラリー

■3代目アウトランダーはどう進化した?

 2021年12月に3代目となるアウトランダーPHEVが誕生。

 新型は、三菱の共通デザインアイデンティティであるダイナミックシールドを新世代化した存在感のあるフロントマスクを採用した。

 パワーユニットは2.4L直列4気筒エンジンを使うのは先代同様だが、駆動用リチウムイオンバッテリーの総電力量を20‌kWhと、旧型の45%増しとしたことでEV航続距離が87kmに向上している。

 車両重量が2トンを超えるが、ランサーエボリューションなどを生んだ三菱らしく、熟成のS-AWCにより高い安定感を維持しながらも、機敏なフットワークを見せる。

 ADAS(先進運転支援システム)は日産と共通化され、プロパイロットの三菱版であるマイパイロット(MI-PILOT)を装備する。

2021年12月、3代目となるアウトランダーPHEVが誕生し、力強いモーターによって滑らかな走りを実現した。EV航続距離87kmや熟成されたS-AWC、マイパイロットを装備。7人乗りを選べるのもメリットだ

 エンジンとモーター、2つの動力を上手に使い分けし、モーターだけでも走行できるし、エンジンを使って充電することも可能だ。

 長年にわたって培ってきたEV技術を用いたPHEVシステムを大きく進化させ、駆動用バッテリーの出力も40%高めたから1回の充電で最大87kmも滑らかで力強いEV走行を楽しめる。

 CO2を出さない地球にやさしい走りに加え、走行性能も非凡だ。ツインモーター4WDを主役にした三菱独自のS-AWCは先代からの技術に磨きをかけ、新たに後輪にもブレーキAYC機能を追加した。

 路面にかかわらず、意のままに走れる気持ちよさと安心感を高いレベルで実現している。また、待望の3列シート、7人乗りモデルを加え、ファミリーが楽しめるクルマに成長した。

●三菱 アウトランダー PHEV主要諸元
・全長×全幅×全高:4710×1860×1745mm
・ホイールベース:2705mm
・車両重量:2110kg
・エンジン:直4 DOHC
・排気量:2359cc
・最高出力:98ps/5000rpm
・最大トルク:19.9kgm/4300rpm
・モーター最高出力(前):115.6ps/25.0kgm
・モーター最高出力(後):136ps/19.9kgm
・WLTCモード燃費:16.2km/L
・価格:532万700円

■約530万円台と価格もほぼ同じガチ対決! VS トヨタ RAV4 PHV(ブラックトーン)

アウトランダーPHEVとガチンコライバルのRAV4 PHV。出力とトルク、EV走行距離はRAV4の勝ち。だがアウトランダーはS-AWCの走破性と7人乗りが選べるため、この勝負引き分け!

●トヨタ RAV4 PHV 主要諸元
・ボディサイズ:全長4600×全幅1855×全高1695mm
・車重:1920kg
・エンジン:直4DOHC+モーター 2487cc
・最高出力/最大トルク:177ps/22.3kgm(ブラックトーン)
・価格:469万〜539万円

 エンジン、モーターともに出力とトルクはRAV4のPHVが一歩リードしている。EV走行距離も約95kmと、少し優位に立つ。

 それでいて車重も軽いからRAV4は冴えた走りを見せる。だが、フルモデルチェンジしたアウトランダーPHEVは自慢のS-AWCを熟成させ、痛快な走破性能を手に入れた。操る楽しさと安心感はRAV4の一歩上を行く。

 また、3列シートの7人乗りを設定しているのも強みと言えるだろう。この勝負、引き分けとするが、RAV4のPHVは存在感が希薄だ。

【勝敗】両車引き分け!

次ページは : ■人気ミドルサイズSUVの最新PHEV対決! VS レクサス NX450h+

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ