今夏登場の新型シエンタ!! 果たしてモデル末期の特別仕様車はお買い得なのか?

新型は納期が長くて価格も高い? モデル末期のシエンタは買い得か?

 ベストカーWebでも大きな注目を集めている新型シエンタは、いよいよ2022年夏に発表・発売となりそうだ。トヨタはその1年前の2021年6月2日に2種類の特別仕様車 G“Safety Edition II”とFUNBASE G“Safety Edition II”に発売している。

 新型は魅力的だが納期が長そうで、すぐに手に入るのは現行型の特別仕様車の在庫車となりそうだ。そこでそのお買い得さはいかほどのものかを渡辺陽一郎氏に分析してもらった。

文/渡辺陽一郎、写真/TOYOTA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】購入できる現行型は在庫車のみ!! 納車まで待たされそうな新型よりも現行型シエンタを狙うか!?(10枚)画像ギャラリー

■新型シエンタは5ナンバーサイズを維持して2022年8月登場?

2022年8月登場予定のトヨタ新型シエンタ。7月中旬から予約を開始すると見られている(写真はベストカー編集部が作成した予想CG)

 今は少子高齢化の時代とされ、ミニバンの需要は下がりそうだが、2022年には新型車が続々と登場している。ミドルサイズミニバンでは、1月にノア&ヴォクシー、5月にはステップワゴンが新型になった。2022年の終盤から2023年には、セレナもフルモデルチェンジを行う可能性が高い。

 Lサイズのミニバンは、販売面ではアルファードの1人勝ちだ。販売店では「6月26日にメーカーへの発注が終了した」と述べており、現行アルファードの発売は2015年だから、フルモデルチェンジを行う可能性が高い。

 それなのに販売店は「今後の詳しい話は、メーカーから聞いていない」という。この背景には納期の遅延がある。次期アルファードの発売は2023年とされるが、今は納期が長い。半年から1年を要する車種も多く、2020年6月に契約しても、納車が2023年にズレ込む場合がある。

 そうなると2023年の初頭にフルモデルチェンジを行う車種でも、タイミング的には、2022年の中頃から新型を注文せねばならない。さすがにそれは無理だから、受注を停止するわけだ。

 トヨタの販売店では「フルモデルチェンジのほかに、マイナーチェンジも多く予定され、今は10車種以上の販売が滞っている」という。

 コンパクトミニバンのシエンタも受注が停止している。販売店では「8月に入ると新型が正式発表される見込みで、7月中旬からは、価格を明らかにして予約受注を開始する」としている。

 新型シエンタは、従来型と同じく、5ナンバーサイズを踏襲する。現行ノア&ヴォクシーは、標準ボディを含めて全車が3ナンバー車になったから、5ナンバーサイズのシエンタは、従来以上に貴重な存在になった。

 新型シエンタのプラットフォームは、TNGAの考え方に基づくGA-Bと呼ばれるタイプだ。基本的にはヤリスやアクアと共通で、ノア&ヴォクシーのGA-Cよりも小さな車種に使われる。GA-Bであれば、5ナンバー車も成立させられる。

 それでもシエンタはミニバンだから、プラットフォームについては、ヤリスやアクアと異なる点が多い。スライドドアを装着して、2列目シートのスライド量も長い。初代や2代目の現行型と同じく、床を低く抑える薄型燃料タンクも採用するから、プラットフォームの形状も独自性が強まる。

 エンジンはヤリスと同じく、直列3気筒1.5Lのノーマルタイプとハイブリッドだ。従来型の直列4気筒1.5Lに比べて、ノイズが粗くなる面はあるが、新世代のエンジンだから動力性能と燃費が両方ともバランス良く向上する。

 また従来型シエンタの衝突被害軽減ブレーキは、基本的には右左折時の直進車や横断歩道上の歩行者には反応しない。それが新型なら検知が可能になる。夜間の歩行者や自転車の検知も同様だ。

 車間距離を自動制御できるクルーズコントロールなどの運転支援機能は、従来型には採用されなかったが、新型には装着される。ミニバンはコンパクトサイズでも長距離を移動する機会が多く、運転支援機能が採用されるメリットは大きい。

次ページは : ■あえてモデル末期の「現行型」をチョイスするのはアリなのか?

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ