アルファード フリード ノア/ヴォク D:5… 家族で乗るからこそ知っておきたい 人気ミニバン4台の「推しなポイント」「残念なポイント」

アルファード フリード ノア/ヴォク D:5… 家族で乗るからこそ知っておきたい 人気ミニバン4台の「推しなポイント」「残念なポイント」

 ファミリーカーとしての需要のほか、スキーや車中泊など、アクティブな活動をするうえでも重宝するミニバン。

 各メーカーにとってもミニバンは稼ぎ頭であり、気合の入ったモデルが多いが、今回はその中でも人気のアルファード、フリード、ノア/ヴォクシー、デリカD:5を用意。自動車評論家 片岡英明氏、山本シンヤ氏がそれぞれの「推しポイント」と「残念ポイント」をチェック!

※本稿は2022年5月のものです。「値引き額」はひと声引き額で遠藤 徹氏調べ。店舗や時期などによりこの金額を引き出せない場合もあります
文/片岡英明、山本シンヤ、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年6月10日号

【画像ギャラリー】あのミニバン、どこが良くてどこがダメ? アルファード フリード ノア/ヴォクシー デリカD:5をギャラリーでチェック!(22枚)画像ギャラリー

■トヨタ アルファード

トヨタ アルファード。来年早々にも次期モデル登場といわれているが、今年3月の販売数は9587台というモンスター! 衝突被害軽減ブレーキなどに古さは感じるが、今や王者の風格があるミニバン

●トヨタ アルファード どんなクルマ?

 2015年にデビューしたキング・オブ・ミニバン。2.5L&3.5Lガソリン、2.5Lハイブリッド(4WDのみ)を設定。

●トヨタ アルファードの「推しポイント」

 押しの強いフロントマスクを採用し、外観は風格を感じさせる。

 特にマイナーチェンジで化粧直しして以降は迫力を増し、ゴージャスなインテリアにも磨きがかかった。

 2列目シートは広くて快適だし、3列目も余裕たっぷり。多人数でロングドライブを無理なく楽しむことができる。

 パワフルな3.5LのV型6気筒エンジンは8速ATを得て気持ちよく滑らかに加速する。ハイブリッド車も優れたドライバビリティを披露し、実用燃費も優秀だ。

 ファミリー層の実用域で乗り心地がいいのも魅力のひとつ。特に2列目は極上の座り心地だ。

●トヨタ アルファードの「残念ポイント」

 フロアは低いのに運転席は高く、ドアの開口もあまり広くないから乗り込むのに苦労する。インテリアは上質だがデザインに新鮮味はない。快適装備に基本設計の古さが顔を出す。

 衝突被害軽減ブレーキの検知機能も一世代前で、格下のヴォクシーに差をつけられている。ハンドリングや乗り心地も、最新のミニバンと比べると物足りない。

 廉価グレードと上級グレードの価格差が驚くほど大きいのも頭を悩ませる。

●トヨタ アルファードS Cパッケージ・2WD主要諸元
・ボディサイズ:全長4950×全幅1850×全高1935mm
・車重:2010kg
・最小回転半径:5.8m
・エンジン:2.5L、直4(182ps/24.0kgm)
・燃費:10.6km/L
・価格:468万1600円
・人気No.1グレード:S Cパッケージ
・値引き:40万円

(TEXT/片岡英明)

■ホンダ フリード

ホンダ フリード。パッケージングの妙で室内は実に広い。一番の魅力はココ。しかし、乗り心地がやや悪いのとガソリン車の実燃費が悪いのが×。写真はフリードクロスター

●ホンダ フリード どんなクルマ?

 2016年にデビューしたコンパクトミニバン。1.5Lガソリン&ハイブリッド(最新のe:HEVではなくi-DCD)を設定。

●ホンダ フリードの「推しポイント」

 コンパクトサイズだがパッケージングに工夫を凝らし、キャビンは広い。2列目シートはもちろん、3列目でも窮屈と感じさせない空間を稼ぎ出している。

 デザインはキープコンセプトだが、子育て世代のファミリー層が好むクリーンなルックスで、大きく立派に見えるのもいいところだ。

 エンジンは1.5Lだが、思いのほかパンチがあり、ハイブリッド車は高速道路などで燃費がいい。背が高いのに腰高感が薄く、ロールも上手に抑え込んでいる。

 軽やかなハンドリングで、コントロールしやすい。多人数乗車でも安心感のある走りはマル!

●ホンダ フリードの「残念ポイント」

 インテリアは開放的だが、視点を遠くに置いたメーターは光が反射して視認性が今一歩と感じることがある。シートの座り心地もクラスレベルを超えていない。また、ライバルと比べホンダセンシングの洗練度は今一歩だ。

 エンジンは軽やかだが、多人数乗車だと余裕がなくなる。冬場の燃費の落ち込みが大きいのも気になるところだ。

 そして、ハイブリッドモデルの上級グレードは1クラス上のモデルの価格帯になっており、買い得感は薄い。

●ホンダ フリードG Honda SENSING・2WD・6人乗り主要諸元
・ボディサイズ:全長4265×全幅1695×全高1710mm
・車重:1350kg
・最小回転半径:5.2m
・エンジン:1.5L、直4(129ps/15.6kgm)
・燃費:17.0km/L
・価格:216万400円
・人気No.1グレード:G・Honda SENSING
・値引き:25万円

(TEXT/片岡英明)

次ページは : ■トヨタ ノア/ヴォクシー

最新号

ベストカー最新号

ジムニーシエラ5ドアの詳報来たる!! 注目モデルも試乗ラッシュ! ベストカー8月26日号

発売中の「ベストカー」8月26日号は注目の新車特集号! 公開されたばかりの新型クラウンクロスオーバー、雑誌ならではの切り口で魅力を探ります。さらに、新型フェアレディZと新型エクストレイルの試乗記。新型シビックタイプR、新型ムーヴキャンバスの紹介もあります!

カタログ