今の車は大きすぎる!! 日本の道にちょうどいい全幅1.8m未満 タイプ別優良車 4選

 今や欧州Cセグメント以上のモデルは軒並み全幅1800mm以上で、VWゴルフやシビックはもちろん、ミドルクラスの国産SUVもすべて上回っている。

 だが、日本では全幅1.8mを超えてくると駐車場の入庫や狭い路地でのすれ違いなど都合の悪い状況が少なからずある。その車が1.8mの“一線を超えた”かどうかによる精神的な壁は決して小さくない。

 そこで本企画では、ハッチバック、セダン/ワゴン、SUV、スポーツの4ジャンルで、全幅1.8m未満のオススメ車をピックアップ。その魅力を探ってみた。

文:岡本幸一郎/写真:編集部


ゴルフは選外! ハッチバックのジャストサイズ車は?

【Cセグハッチバックの主な全幅1.8m未満車】
・インプレッサスポーツ/全幅1775mm(全長4460mm)
・カローラスポーツ/全幅1790mm(全長4375mm)
・アクセラスポーツ/全幅1795mm(全長4470mm)
・VW ポロ/全幅1750mm(全長4060mm)※Bセグのため参考
・BMW 1シリーズ/全幅1765mm(全長4340mm)
・アウディ A3/全幅1785mm(全長4325mm)
・シトロエン C4/全幅1790mm(全長4330mm)

BMW 1シリーズの現行型は2011年発売。2015年にフェイスリフトが行われ、翌16年にはディーゼル車を追加。設計は古いが、そのぶんサイズは適度でFRゆえ小回りも利く

 Cセグメントでも全幅1.8m以上の車が増えてきた。このクラスのベンチマークと呼ばれるゴルフだって1.8mちょうど。共通性の高いアウディA3は超えておらず、少し珍しい関係となっているが、該当する主要な車種は上記のとおり。

 このなかであえてイチオシとしたいのが、BMW 1シリーズ。熟成されて完成度が非常に高く、最も走りも気持ちよいからだ。

 ガソリンとディーゼルのどちらも非常に仕上がりが良く、コーナリングにも後輪駆動ならではの気持ちよさがある。このクラスながらインテリアの質も高い。

 1シリーズは後席とトランクが狭いと評されがちだが、これだけあれば実用上は十分ではないかと。次期型はFF化が濃厚なので、今のうちに買うべき価値のある車だ。

 次いでアウディA3。この車も仕上がりはさすがのものがある。この両車は、プレミアムブランドとしてやるべきことをやっている感じ。それでいて両車とも価格がそれほど高くないところも魅力だ。

 日本勢では、アクセラは今のままでも十分よくできているが、次期型が相当に良くなりそうなので、それを待ったほうが賢明だろう。

 新顔のカローラスポーツは、かなり頑張ってるが、わずかに煮詰めも甘さが見受けられるので、これまた少し待ったほうがよい気も……。

 その点、オススメという意味では、SPG(スバル・グローバル・プラットフォーム)を得て大幅に進化したインプレッサが日本勢では最上位だ。

セダン&ワゴンの全幅1.8m未満オススメ車は?

【セダン&ワゴンの主な全幅1.8m未満車】
・マークX/全幅1795mm(全長4770mm)
・WRX S4/全幅1795mm(全長4595mm)

・シャトル/全幅1695mm(全長4400mm)
・カローラフィールダー/全幅1695mm(全長4400mm)
・レヴォーグ/全幅1780mm(全長4690mm)

レガシィの大型化に伴い、日本市場向けに開発されたレヴォーグとセダンのWRX S4。競合車が軒並み全幅1.8m超となるなか良心的なサイズ設定だ

 このなかではレヴォーグがイチオシだ。この車は、まずサイズ感が良い! 日本でも扱いやすい適度なサイズと実用性の高さを兼ね備えた、いまや貴重なワゴン。さらに走りも良く、パワフルで経済性に優れる1.6Lターボエンジンが選べる点もポイント高い。

 また、SGP採用車ではないけど、評価の高いSPGのノウハウは取り入れているようで、直近の改良版をドライブすると、乗り味がかなり洗練されていて、登場時とは別物なほど良くなっている。

 同じくスバルのWRX S4も適度なサイズと価格で、これほど高いパフォーマンスを実現したセダンはなかなかなく、存在価値は大きい。新しく出た要注目の「STIスポーツ」も楽しみな存在だ。

 一方、モデル末期のマークXも、熟成された最新モデルの洗練された走りはなかなかのもの。モデルチェンジの予定はないので、好きなら今からでもあえて選ぶ価値は大いにアリだ。

 同じくモデル末期のカローラフィールダーも、このデザインがよほど気に入っていればアリだろうが、あえて選ぶ明確な理由が見当たらないので、次期モデルを待ったほうが良いだろう。

 2015年のデビューと、比較的新しいシャトルは、実用性が非常に高く走りの仕上がりも上々。とはいえ、このスタイリングはもう少しなんとかならなかったものか。車好きには響かないだろう。

ミドルクラスは選外! SUVのオススメモデルは?

【SUVの主な全幅1.8m未満車】
・CX-3/全幅1765mm(全長4275mm)
・ジューク/全幅1765mm(全長4135mm)
・ヴェゼル/全幅1770mm(全長4330mm)
・C-HR/全幅1795mm(全長4360mm)

全幅1800mm未満という条件では、ミドルクラスは国産でも該当車なし。輸入車もドイツ系・ボルボともに該当車なし。国産のコンパクトSUVが中心となる

 SUVは全般的に全幅がワイドな傾向があって、海外ではそれほど大柄ではないSUVでも全幅1.9m前後が当たり前。そうした現状を思えば、日本勢はまだマシなほうだが、新型フォレスターが1.8mを超えたため、ミドルクラス以上では1台もなくなって、下のクラスのみとなった。

 ただし、輸入車勢の小型クラス(ルノー キャプチャ、プジョー2008等)は基本的に4WDの設定がないのに対し、日本勢はすべて4WDの設定がある。だから室内や荷室が多少狭くても、SUVとしての使い方には十分に対応できるわけだ。

 まずC-HR。この車は個性的すぎるデザインや視界・後席の広さなど、かなり割り切った面が大きく、誰にでも薦められるわけではないが、このデザインが好きという人は大勢いることは売れゆきが証明している。ただし、すでに旬を過ぎつつある感もある。

 その点、ヴェゼルは利便性については万能で、誰にでも薦められるこのセグメントの大定番だ。

 ひとつ上のクラスとも遜色ないほど、後席の居住空間や荷室も広いし、インテリアの質感も高い。軽快なドライブフィールも好印象だし、迷わずイチオシだ。走りも、直近のマイナーチェンジで乗り心地が良くなり静粛性も向上。従来よりずっと上質になったのもポイント高い。

ホンダの小型SUV、ヴェゼル。フィットベースゆえ室内も広く、駆動方式はFF/4WDともに用意。2018年2月のMCでホンダセンシング標準装備グレードも新設された

 CX-3とジュークはちょっと微妙で、どちらも積極的に選ぶ価値を見つけにくいのが正直なところ。

 CX-3は兄貴分のCX-5に対して、内容の違いのわりにそれほど価格差がないという関係なので、売れ行きが芳しくないのもやむなし。出来のよい身内がいると苦労するケース。ただし、クルマ自体はすでに改良を重ねて乗り味はかなり洗練されている。このデザインでこのサイズが良いというなら大いにアリだ。

 一方、ユニークなデザインのSUVの先駆者であるジュークは、かつて欧州市場を席巻したものの、だいぶ古さが目立ってきたのは否めず。次期モデルに期待だ。

FR&ホットハッチが該当! スポーツ系のオススメ車は?

【スポーツモデルの主な全幅1.8m未満車】
・ロードスター/全幅1735mm(全長3915mm)
・86/BRZ/全幅1775mm(全長4240mm)

・アバルト 595/全幅1625mm(全長3660mm)
・スイフトスポーツ/全幅1735mm(全長3890mm)
・ポロ GTI/全幅1750mm(全長4075mm)
・ルーテシア R.S./全幅1750mm(全長4105mm)

スポーツモデルは全長の短いモデルでもワイドなモデルが多いなか、86/BRZとロードスターは適度なサイズを持つ世界的にも稀有な存在。このほかで全幅1.8m未満となるとBセグ以下のスポーツハッチが中心となる

 後輪駆動のクーペ&オープンと、あとはBセグのスポーツコンパクトという顔ぶれだが、走ることが好きな人なら、上記のどのモデルを手に入れても幸せになれること請け合いだ。だからこそ、きちんとそれぞれにオススメできる「理由」がある。

 そのなかでも強いてどれがイチオシかというと、やはり後輪駆動のどちらかになる。
というわけで86/BRZとロードスターだと、筆者としてはリーズナブルな価格で手頃なサイズとパワーを持った本格FRスポーツであり、最新版は走りの質も高い86/BRZを僅差でイチオシとしたい。

 ちなみに全幅1.8m未満の後輪駆動のスポーツカーは、この3モデルのほかはロータス以外にほとんど存在しない。

現行型で3ナンバー化したとはいえ、全幅はロードスターと同じ1735mmに留めたスイフトスポーツ。実用性・コストパフォーマンスと走りのバランスで右に出るモデルはないと言っても過言ではない

 一方で、スポーツコンパクト勢のイチオシは、日本が誇るスポコンの雄、スイフトスポーツだ。この価格でこれほどしっかり作り込まれていることに驚かされるばかり。コスパの高さには感心せずにいられない。

 輸入車勢では、優等生イメージのポロとルーテシアは完成度の高さとバランスのよさが魅力だ。

 アバルトはデザインとパンチの効いたエンジンによる痛快な走りが魅力。登場から時間が経過してもぜんぜん飽きが来ないのも不思議だ。

最新号

ベストカー最新号

ジムニー 5ドア計画を暴く|ベストカー 12月10日号

 2018年も残すところあと2ヶ月。今年もさまざまな新車が登場したが、なかでもひと際注目を集めたのが、久々の刷新となった新型ジムニー。  11月10日発売のベストカー最新号では、そのジムニーに待望の5ドアが追加されるというマル秘情報の真相を…

カタログ