第1位は「きらり」なセンスが光るSUV!? プロ厳選の日本で扱いやすい全長4400mm以下SUVトップ10!! 

第1位は「きらり」なセンスが光るスタイリッシュSUV!? プロ厳選の日本で扱いやすい全長4400mm以下SUVトップ10!! 

 今人気のSUV。日本で乗りやすいサイズである「全長4400mm」以下のモデル全34台をランキングする。5人の自動車評論家が、それぞれ1位~10位まで決めポイントを加点。各氏・総合の結果をご紹介したい。

 自動車評論家はどのように1位から10位までを決めたのか? ご自身のクルマ選びの参考にもなれば幸いだ。

※本稿は2022年5月のものです。1〜10位のSUVにF1方式でポイントをつけ(1位 25P/2位 18P/3位 15P/4位 12P/5位 10P/6位 8P/7位 6P/8位 4P/9位 2P/10位 1P)、すべてのポイントを合計して総合トップ10を選出。
文/片岡英明、国沢光宏、松田秀士、鈴木直也、渡辺陽一郎、ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年6月26日号

【画像ギャラリー】「全長4400mm以下のSUV」世界選手権!!! 総合ランキング1位~10位をギャラリーでチェック!(20枚)画像ギャラリー

■まずは5氏が選んだ全長4400mm以下のSUV 総合ベスト10を発表!

【1位】ホンダヴェゼル(全長4330mm):86ポイント

1位に輝いたのはホンダ ヴェゼル!!! 今回の条件に当てはまる国内外の34台の中から1位となった

 個性的なスタイルで販売も好調なヴェゼルが5名から高評価を得て1位に!1.5Lエンジン+モーターのe:HEVは走りもよく、車内も広い。

●価格:227万9200〜329万8900円

【2位】トヨタヤリスクロス(全長4180mm):82ポイント

 コンパクトSUVの代名詞的存在。扱いやすさや実用性は折り紙付き。静粛性や経済性で選ぶなら、ハイブリッドがおすすめ。

価格:179万8000〜281万5000円

【3位】マツダCX-30(全長4395mm):74ポイント

 全長は長く見えるが4395mm。それでいて伸びやかに見える魂動デザインもあり3位。1.8Lディーゼルがあるのもいい。

価格:239万2500〜371万3600円

【4位】スズキジムニー/シエラ(全長3395mm):40ポイント

 このクルマにしかない領域のデザインと走破性能を持つ、唯一無二のオフローダー。若い世代にも人気。

価格:148万5000〜190万3000円(ジムニーの価格)

【5位】ダイハツロッキー/トヨタライズ(全長3995mm) 36ポイント

今回の全長4400mmの条件どころか、4000mmすらも切るコンパクトさを持ったダイハツロッキー/トヨタライズ

 全長4000mm切りの5ナンバーサイズ。その扱いやすさで人気だったが、eスマート・グレード追加で大人気となっているSUV。

価格:170万7000〜232万8000円(ライズの価格帯)

【6位】BMW X2(全長4375mm)27ポイント

 BMWのSUVのなかでも、チョップトップ風のスタイリングが個性的。ご存知かもしれないが、X1より全長は短く4375mm。直3、1.5Lターボと直4、2Lターボのパワートレーンだ。

価格:511万〜719万円

【7位】VW Tクロス(全長4115mm)22ポイント

 ポロベースのSUVゆえ全長は4mと少し。この取りまわしのよさで日本でも売れている。直3、1Lターボだが、意外なほど走る!

価格:292万5000〜357万4000円

【8位】JEEPレネゲード(全長4255mm)20ポイント

 ドイツ車以外では唯一のランクイン! キャラの濃いスタイルで人気。プラグインハイブリッドモデルもある。

価格:338万〜555万円

【9位】VW Tロック(全長4240mm)18ポイント

 7位のTクロスがポロならこちらはゴルフベース。2Lディーゼルもあるが、直4、1.5Lガソリンターボが推し。

価格:355万〜459万円

【10位】ホンダフィットクロスター(全長4090mm)17ポイント

なんとか10位入賞したのが意外にも(?)ホンダのフィットクロスター

 クロスオーバーSUVのクロスターが10位に! ちょっと意外か? 最低地上高は他グレードより高い160mm(FF)と本格派!?

価格:193万8200〜248万6000円

*   *   *

次ページは : ■評論家5名はどんな理由で選出した?

最新号

ベストカー最新号

ジムニーシエラ5ドアの詳報来たる!! 注目モデルも試乗ラッシュ! ベストカー8月26日号

発売中の「ベストカー」8月26日号は注目の新車特集号! 公開されたばかりの新型クラウンクロスオーバー、雑誌ならではの切り口で魅力を探ります。さらに、新型フェアレディZと新型エクストレイルの試乗記。新型シビックタイプR、新型ムーヴキャンバスの紹介もあります!

カタログ