ヴェゼル ヤリスクロス CX-30が強い!! 評論家5人がそれぞれ選ぶ「全長4400mm以下SUV」トップ10!!

ヴェゼル ヤリスクロス CX-30が強い!! 評論家5人がそれぞれ選ぶ「全長4400mm以下SUV」トップ10!!

 人それぞれ好みが異なるわけだが、自動車評論家だって人間なのだから評価は異なる。価格を重要視することもあれば、性能を重要視する評価方法もあり、時にそのクルマへの想いが込められていることだってある。

 今回は自動車評論家5人に「SUV」「全長4400mm以下」この2つを満たすクルマの中でTOP10を紹介してもらった。5人それぞれが選んだクルマとは? そして選定理由を聞いていく。

※本稿は2022年5月のものです
文/国沢光宏、松田秀士、鈴木直也、渡辺陽一郎、片岡英明、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年6月26日号

【画像ギャラリー】自動車評論家はどの車種を上位3台に選んだ? TOP3に選出されたクルマをギャラリーでチェック(24枚)画像ギャラリー

■国沢光宏が選ぶ「全長4400mm以下SUV 私のTOP10」

ヤリスクロスとヴェゼルはテッパン。他を選びたいなら「お好きならどうぞ」というイメージ

 ヤリスクロスとヴェゼルはテッパンだと思う。迷ったらこの2台から選べば間違いない。CX-30は3位ながら、コストパフォーマンスや性能で上位2車と圧倒的な差がついている。

 もっと言えば、1位ヤリスクロスと2位ヴェゼルを除き、すべて「お好きならどうぞ」というイメージでいい。それくらいダントツです。これから買うのならハイブリッド車を強くすすめておく。

●国沢光宏が選ぶ「全長4400mm以下のSUV 私のTOP10」
1位:トヨタ ヤリスクロス
2位:ホンダ ヴェゼル
3位:マツダ CX-30
4位:スズキ ジムニー
5位:ダイハツ ロッキー(ライズ)
6位:ジープ レネゲード
7位:BMW X2
8位:シトロエン C3エアクロスSUV
9位:レンジローバー イヴォーク
10位:ルノー キャプチャー

■松田秀士が選ぶ「全長4400mm以下SUV 私のTOP10」

 まずは原油高の折、燃料費が安いモデルを優先した。つまりディーゼルやハイブリッド。以前の印象と異なり、最近はベースとなるモデルの燃費向上に併せて燃費が改善。

 さらにSUVの魅力のひとつ、4WD性能も重要視。前後電動モーター4WDやプロペラシャフトを用いた4WDなど、システムがバラエティに富んでいる。運転疲労を軽減するACC+LKAなどのADAS機能充実レベルも勘案した。

●松田秀士が選ぶ「全長4400mm以下のSUV 私のTOP10」
1位:マツダ CX-30
2位:VW Tロック
3位:ホンダ フィットクロスター
4位:トヨタ ヤリスクロス
5位:日産 ノートオーテッククロスオーバー
6位:スズキ エスクード
7位:BMW X2
8位:ジープ レネゲード
9位:レンジローバー イヴォーク
10位:ダイハツ ロッキー(ライズ)

■鈴木直也が選ぶ「全長4400mm以下SUV 私のTOP10」

基本的な評価基準は「実用性とコスパ」。多くの人に勧められるクルマを上位にすると必然的に日本車が上位に集まった

 SUVは、今やファミリーカーのど真ん中。カッコよさや走破性みたいなエモーショナルな価値も大事なんだけど、基本的な評価基準は「実用性とコスパ」。

 もちろん、自分の好みは多少なりとも影響するけど、それ以上に多くの人に自信を持ってオススメできるクルマを上位にランキングした。そうなると、やっぱり結果的に国産車が上位に顔を見せるんだよねぇ。

●鈴木直也が選ぶ「全長4400mm以下のSUV 私のTOP10」
1位:トヨタ ヤリスクロス
2位:ホンダ ヴェゼル
3位:マツダ CX-30
4位:シトロエン C4/E-C4
5位:VW Tクロス
6位:ダイハツ ロッキー(ライズ)
7位:スズキ ジムニー/ジムニーシエラ
8位:日産 キックス
9位:ジープ レネゲード
10位:ルノー キャプチャー

次ページは : ■渡辺陽一郎が選ぶ「全長4400mm以下SUV 私のTOP10」

最新号

ベストカー最新号

ジムニーシエラ5ドアの詳報来たる!! 注目モデルも試乗ラッシュ! ベストカー8月26日号

発売中の「ベストカー」8月26日号は注目の新車特集号! 公開されたばかりの新型クラウンクロスオーバー、雑誌ならではの切り口で魅力を探ります。さらに、新型フェアレディZと新型エクストレイルの試乗記。新型シビックタイプR、新型ムーヴキャンバスの紹介もあります!

カタログ