夜は絶対止まるな! 絶対だぞ!!! トヨタやっぱり強し! マジかホントか世界の「あの国」のカーライフ11選

夜は絶対止まるな! 絶対だぞ!!! トヨタやっぱり強し マジかホントか世界の「あの国」のカーライフ

 我々日本人の常識は他国の非常識。そんなケースはあるが、カーライフやクルマ事情にも「マジか!」と驚くことがあるはず……と、2人の自動車ジャーナリストが計11カ国をレポート。運転したくない国もあったりして!!?

※本稿は2022年4月のものです
文/近藤暁史、小林敦志、写真/小林敦志、AdobeStock(トップ写真=tarasan@AdobeStock)ほか
初出:『ベストカー』2022年5月26日号

【画像ギャラリー】あれ? 逆に行ってみたくなっちゃいました?? 各国のクルマ事情をギャラリーで時短チェック!(11枚)画像ギャラリー

■大陸が違えばカーライフはこんなに違うんです・編

■01 ノー天気・いい加減で心配になる【メキシコ編】

 グローバル化と言われて世界はドンドンと小さくなっているとはいえ、異国は異国。我々島国ニッポン人にはよくわからない国はいっぱいある。

 比較的イメージしやすいところから見ていくと、まずはメキシコ。トランプにイジメられまくってシナシナかと思いきや、ノー天気なのは相変わらずで、某日系企業社員によれば「こんないい加減な国民見たことない」だ。

 道路事情は首都のメキシコシティはそれほど悪くないが、渋滞はひどいし、赤信号では物乞いが群がってくる。

 古いクルマも多いので排ガス臭がムンムン。昔は遠くから見ると街の上にぽっかりと丸い雲(排ガス)が浮かんでいたが、今でも似たようものだ。

 郊外に行くとかなりひどくなって、車線は消えているし、穴が空いているのは当たり前。

 よくわからないのは幹線道路でも速度抑止の出っ張りが道の両脇から出ており、この衝撃たるや凄い。ボロいクルマが多いけど、ヤツらは大丈夫なのか心配だ。

昔はメキシコシティ上空に排気ガスでできた「雲」が浮かんでいたという話もあるメキシコ。渋滞と排ガス臭は相変わらずのようだ(delbars@AdobeStock ※画像はイメージです)

■02 道に穴は空いてるしクルマ税はメチャ高い【ブラジル編】

 そして、南米大陸を南に下るとあるのがブラジル。メキシコ同様の南米の大国かつ、熱い人種だ。

 もともと欧州自動車メーカーの進出が多くて、南米大陸の一大生産拠点。日産のデザインスタジオがあったりして、自動車産業が絶賛成熟中だ。

 …と聞くといい感じなのだが、実際はメキシコ同様で、穴があちこちに空いていたりして、インフラ整備には無関心。

 それでいてクルマはドンドン増えている(都市部で年間約10%増)のだから、正直どうしようもない。ラテン人はそもそも気にしないのだろうか!?

 ちなみにクルマの税金はメチャクチャ高くて、40%くらい取られるのでそれだけで車体価格の1.5倍になる。それゆえ憧れが増すようなのだが、マナーも増すといいのだが。

■03 夜は運転中に止まるだけでも超危険【南アフリカ/レバノン編】

 南米大陸からアフリカ大陸に行ってみよう。

 基本的には自動車産業なんてないので、主に政府機関が輸入で買うという国がほとんど。

 ただ唯一、南アフリカはメルセデスの工場が有名だが、実はトヨタや日産、BMWなどもあって自動車産業はかなり充実(成長率は頭打ちだけど)。

 道路整備も進んでいて日本人がドライブしても違和感はない。右ハンドルだし。

 しかし、やっぱり治安の悪さはハンパない。夜、運転中に止まるだけでも危険だし、白人の超金持ちが乗る超高級車へ近づくと、面白半分で撃たれるから気を付けたほうがいいらしい。郊外はクルマでも行っちゃダメ、止まっちゃ絶対ダメなわけだ。

 そして新手の盗難で話題なのが、夜の高速道路に石を置いてぶつかって止まったところを襲われるというもの。ワイルドすぎ。西部劇の駅馬車襲撃じゃないんだから……。

 そしてアフリカ大陸の北端が中東だ。紛争地域の代表格のひとつがレバノン。ゴーンの潜伏先としても話題になった。

 中東のパリと言われていたり、金融で栄えた街というのもあるし、なぜだか金持ちもいるみたいで高級車もチラホラする。ちなみにGDPはマイナス25%と強烈だ。

 基本的にはボロいフランス車が多くて、運転はかなり荒い。そもそも長い内戦で破壊されたのか信号があまりないのもレバノンならでは。

 治安は激悪なイメージだが、意外やかなり改善されていて観光立国を目指しているらしい。

次ページは : ■04 片側一車線を無軌道ジェットコースター状態で突っ走る【ニューカレドニア/バヌアツ編】

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ