ハチロク伝説はここから始まる!! 超伝説級のFRスポーツ TE27が凄すぎた

ハチロク伝説はここから始まる!! 超伝説級のFRスポーツ TE27が凄すぎた

 新旧問わず「ハチロク」の人気は高いままである。現行モデルもスポーツカーの基本、伝統に従ったレイアウト、スタイリングが魅力だ。

 それを遡っていくと、1970年代の魅力的な2台に行き当たる。佳き時代のホモロゲイション・モデルというべき企画も新鮮であった。いうまでもない、「27レビン/トレノ」である。

 当時の最量産モデルであるトヨタ・カローラをベースに誕生したこと、それによってイメージリーダー的な役割をも果たしたことなどを考えると、なかなかのヒット企画というものであった。

文、写真/いのうえ・こーいち

【画像ギャラリー】乗用車普及に貢献すると同時にモータースポーツでも注目された27レビン/トレノ(6枚)画像ギャラリー

■二代目のカローラ

トヨタ カローラレビン(1973)
トヨタ カローラレビン(1973)

 カローラはちょうどわが国の乗用車普及の時代に、日産のサニーとともにそのメインとして用意された小型車。1966年10月に、サニーよりひと回り大きな1.1L、Kシリーズ・エンジンを搭載した2ドア・サルーンとしてデビュウした。最初から量産を意識した設計で、ヴァリエイション拡大も折込み済みであった。

 4ドア、ヴァンなどにつづいて、1968年にはクーペ・モデルが加えられたが、それに俊足をイメージするカローラ・スプリンターの名称が与えられた。スプリンターの最初はカローラのいち派生モデルの名前だったわけだ。

 発売3年半にして100万台販売という記録を達成するほどの好調の売行きとともに、1970年5月にフルチェンジが行なわれ、従来のKE10系カローラはKE20系になった。販売店を増やすという目的もあって、ここで、スプリンターを独立したモデルとするのである。

 2ドア、4ドア、クーペ、3ドア/5ドアのヴァンとエステートのカローラに、スプリンター・クーペというラインアップになった。エンジンは1.2Lに拡大、さらに半年遅れて1.4LのT系エンジンも加わり、1971年8月にはスプリンター4ドアが追加される。

 ここに至ってカローラ色が一掃されてカローラとスプリンターは別モデル、という位置づけになったのだった。

■T系エンジンの進化

 二代目カローラはエンジン系統を加えてKE20系/TE20系と呼ばれるようになった。

 先の1.4L用として登場したT系エンジンは、のちのセリカ、カリーナのベイシック・エンジンとして開発されたもので、水冷直列4気筒OHVながら、5メイン・ベアリングを採用するなど、のちのちのチューニングアップも配慮したものとなっていた。

 本命のセリカが1970年10月に発売されたとき、その「目玉商品」として用意されたセリカGTは、注目の2T-Gエンジンを搭載していた。そう、名エンジンとして人気の高いツウィンカム・エンジンだ。

 1407ccのT型エンジンをベースに、5mmのボアアップをしてφ85.0×70.0mm、1588ccの排気量とし、アルミのDOHCヘッドを新調して水冷直列4気筒DOHCとしたもので、115PSのパワーを発揮していた。同時にOHVのままの2T型、100PSも用意され、充実のラインアップだった。

 そのセリカGT用のエンジンをカローラ・クーペのボディに移植することで、TE27型カローラ・レビンは誕生したのだった。

次ページは : ■「レビン」「トレノ」の魅力

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ