おいおいおい、ちょい待ち! 思わず息を飲んだ レクサス新型RXが見せるトヨタハイブリッド史の「事件」とは

おいおいおい、ちょい待ち! 思わず息を飲んだ レクサス新型RXが見せるトヨタハイブリッド史の「事件」とは

 2022年6月1日、レクサスはクロスオーバーSUVモデル、「RX」をフルモデルチェンジし、世界初公開した。日本での発売は2022年秋頃となる。

 次世代レクサスの目指す走りやデザインを追求し全面刷新を遂げたという5代目「RX」。

 果たしてどのような変貌を遂げたのか? そして企画担当が度肝を抜かれたという「トヨタハイブリッド史の大事件」とは? 国内初公開されたピュアEV「RZ」もご紹介。

※本稿は2022年6月のものです
文/ベストカー編集部、写真/LEXUS、ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年7月10日号

【画像ギャラリー】流麗にして高レベルの走りを予感させる佇まい ギャラリーで新型RXの「次世代レクサスデザイン」をチェック!!!(30枚)画像ギャラリー

■トヨタハイブリッド技術の新時代

華麗にフルモデルチェンジを遂げた6代目レクサスRX。スタイリッシュSUVとして登場だ!!

 2022年6月1日、5代目となる新型レクサスRXがワールドプレミアされたのだが、“おいおいおい、ちょい待ち!” 思わず息を飲んでしまった。

 RX500h Fスポーツパフォーマンス。

 フラッグシップとして設定されるこのモデルのパワートレーンの説明を見ると、直列4気筒2.4Lターボエンジンにクラッチを介してモーターを組み合わせ、さらにトルクコンバーターレスの6速ATを組み合わせる。

 このハイブリッドシステムにより前輪を駆動し、後輪には高出力モーターの「eAxle」を採用する「DIRECT4」だという。

 ん!? 待て待て待て!

 技説はさらりと進んでいくのだが、これって、トヨタハイブリッド技術の歴史において、ものすごく大きな事件なのではありませんか!?

 現時点では詳細スペックは公表されてはいないのだが、リアのeAxleはすでに発表されているbZ4Xのリアに搭載されるものと同じだということなので109ps/17.2kgmを発揮。

 RAV4やレクサスNXのPHEV用リアモーターが54‌ps/12.3kgmなのでザっと倍のパワー。

 フロントは2.4Lターボにモーターを組み合わせているので、フロントだけでもシステム出力300psオーバーは確実。

 電子制御により前後トルク配分を100:0〜20:80をシームレスにコントロースする。

 ……って話に頭が支配され、肝心の新型RXの全体像を一瞬見失ってしまったほどだ。

■低く流麗なスポーティSUVに!!

インパネのデザインは最近のレクサス車に共通した、オーソドックスで使いやすい形状。包み込まれるようなコックピットだ

 新型RX、プラットフォームの基本はGA-KでNXやRAV4、ハリアーなどと共通なのだが、リアセクションは完全新設計。

 ホイールベースは従来型より60mm延長された2850mmとなり、eAxleを収めるリアアクスル周りは、マルチリンクサスペンションとともに一新した。

 15mm低重心化を果たし、トレッドはF:15mm、R:45mm拡大し、操縦性を格段に向上したのがポイント。

 積極的に走りを楽しみたくなるSUVに仕上げたといい、そのフラッグシップが「RX500h Fスポーツパフォーマンス」なのだ。

 従来型には途中、3列目シートを追加した仕様が設定されたが、新型RXは2列シートのみ。

 割り切ったことでクーペにも見える流麗なルーフからテールゲートに繋がるラインを実現した。

 レクサスと言えばスピンドルグリルがアイデンティティとされるが、新型RXはさらに一歩進めた「スピンドルボディ」がデザインコンセプト。

 これは先に姿を見せたピュアEV「レクサスRZ」でトライした考え方を盛り込んだもの。新たなレクサスのデザインを提案する。

次ページは : ■パワートレーンは4タイプ 注目は新開発2.4Lターボハイブリッド

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ