ひょっとして北米で売られる新型クラウンはアバロン後継になるのか? 果たして世界で受けるのか?

ひょっとして北米で売られる新型クラウンはアバロン後継になるのか? 果たして世界で受けるのか?

 2022年7月15日に千葉県幕張メッセで行われた新型クラウンワールドプレミア。4種類の16代目クラウンが公開された。

 そして、ワールドプレミア開催と同時に、北米トヨタのプレスサイトには「クラウン・リターンズ・トゥ・the US」というタイトルが流れた。クラウンが50年ぶりにアメリカ市場に戻るのだ。

 日米での16代目クラウンの立ち位置について考察する。

文/桃田健史、写真/TOYOTA、撮影/三橋仁明/N-RAK PHOTO AGENCY

【画像ギャラリー】16代目は「4つの」クラウン!! ワールドプレミアで発表されたトヨタ新型クラウン(12枚)画像ギャラリー

■クラウンのグローバル化がいよいよ再開! 北米では50年ぶりの復活へ! やはり、噂は本当だった

2022年7月15日に千葉県幕張メッセで行われた新型クラウンワールドプレミア。豊田章男社長の誇らしげな笑顔を見よ!(撮影:三橋仁明/N-RAK PHOTO AGENCY)

 2022年7月15日、千葉県幕張メッセでの新型「クラウン」ワールドプレミアに合わせて、北米トヨタのプレスサイトには「クラウン・リターンズ・トゥ・the US」というタイトルが流れた。

 それによると、アメリカでクラウンが発売されたのは1958年から1972年。クラウンは50年ぶりにアメリカに戻ってくる。

 また、北米トヨタのユーザー向けサイトでは、2022年モデルのアバロンが掲載されているが、クルマとしてのスペックから考えて、アメリカではクラウンがアバロンに対するリプレイスメント(入れ替え)になることが確実な情勢だ。

■北米トヨタの象徴はアバロンからクラウンへ

トヨタ アバロン2022年モデル

 北米トヨタとして、そのようなアナウンスメントはないが、アメリカの主要な自動車メディアは、そう伝えている。

 こうしたアメリカでのトヨタの新しいモデルラインナップ戦略を見ることで、トヨタが新型クラウンに対してどのようなグローバル戦略を打ってくるのかが想像できる。

 それは、どういうことか?

 ワールドプレミアで、豊田章男社長が改めて紹介したように、クラウンといえば「いつかはクラウン」。そんなキャッチコピーに見られるように、クラウンは高度成長期からバブル期、そして2000年代に入ってからも、日本を代表する高級車であった。

 それが今回、クロスオーバー、セダン、スポーツ、そしてエステートの4車系となり、世界約40カ国で年間販売台数20万台規模で展開予定のグローバルカーとして生まれ変わったのだ。

■「せざるを得なかった」クラウンの大転換

16代目クラウンは「FF化する」という超フルモデルチェンジを遂げた。国内でのクラウンユーザー若返りは並大抵のことでは実現できないという覚悟を感じる

 これまでクラウンは、一時期に中国などで販売したことはあったものの「ほぼ日本専用車」だったので、今回の経営判断は極めて大胆である。

 その経緯については、今回の記者会見のなかでのミッドサイズ・ヴィークルカンパニーの中嶋裕樹プレジデントと豊田社長のやり取りに詳しいが、結果的にクラウン史上最大ともいえる大きな変化が生まれた。

 見方を変えると、クラウンはこうした大転換を「せざるを得なかった時期」だったとも言えるだろう。

 その要因は、大きくふたつあると筆者は見る。

 ひとつは、国内市場でのユーザーの高齢化問題。ふたつ目は、海外市場でのDセグメントセダンの製品としての整理整頓に関する課題である。

 では、順に見ていこう。

次ページは : ■平均年齢は65歳からの脱皮

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ