タイヤの空気圧を計ったことある? 基準値より低いとどうなるか知ってますか?

タイヤの空気圧を計ったことある? 基準値より低いとどうなるか知ってますか?

 真夏は、パンクやバーストなど空気圧に関連したタイヤのトラブルが増えてくるので、特に注意しなければいけない季節だ。

 そこでクルマ初心者に向けて、タイヤの空気圧の測り方、測る場所(自分でやるか、ガソリンスタンドか)、長い間クルマに乗らなくて基準値より低くなった場合、タイヤの空気圧を高めにした場合にはどうなるのかを解説していきたい。

文/高根英幸
写真/AdobeStock(トップ画像=Proxima Studio@AdobeStock)

【画像ギャラリー】クルマを支えるのはタイヤ!! つまり空気!! 空気圧をこまめにチェックしてタイヤトラブル撲滅!!(6枚)画像ギャラリー

■空気の力がクルマを支える

重い車体を4本のタイヤの空気圧のみで支えている。考えてみるとすごい話だ(Nischaporn@AdobeStock)
重い車体を4本のタイヤの空気圧のみで支えている。考えてみるとすごい話だ(Nischaporn@AdobeStock)

 タイヤはサイドウォールでクルマを支えていると思っているドライバーも多いようだ。しかしサイドウォールがクルマを支えられるほどの剛性を持っていると、まるでゴムの塊のようになって、乗り心地が硬すぎるしタイヤが重くなってしまう。

 クルマはタイヤ内部の空気によって支えられている。そして路面と唯一接触している部分だけに、タイヤはクルマの走りのすべてに影響を与える。それだけに日頃からコンディションを整えてやることが大事なのである。

 まずは空気圧が適正であるか、点検することが必要だ。タイヤの空気圧は自動車メーカーが乗り味の最終調整にするほど効果的なものだ。

 つまりタイヤ自体は比較的幅広い空気圧に対応するけれど、車重やボディ剛性、サスペンションのセッティングなどとバランスをとって、そのクルマの標準空気圧が決められている。

 少しでも燃費を良くしたいと思うなら、タイヤの空気圧はマメにチェックすることだ。タイヤは極微量だが空気(空気を構成する分子の中でも小さいもの)を通してしまうので、少しずつ低下していく。

 タイヤ空気圧のチェックはタイヤエアゲージを使って行なうが、ガソリンスタンドでボンベ式の空気入れを使って測りながら調整することもできるし、タイヤゲージを手に入れて自宅でチェックすることもできる。

 セルフのガソリンスタンドでもスタッフがタイヤ空気圧を調整してくれるところもあるが、難しい作業ではないので自分でやってみることだ。

 測り方は、ホイールのエアバルブについているキャップを緩めて外し、そこにエアゲージを当てて押し付ける。真っすぐ当てないと隙間からエアが漏れてしまうので、体勢を整えて落ち着いて作業することだ。

 そのクルマの基準となるタイヤ空気圧は、ほとんどのクルマで運転席ドアの開口部に貼られたステッカーに記されている。乗員や積載量によって異なる空気圧を指定しているクルマもあれば、タイヤサイズによって基準空気圧が定められているクルマもある。

 同じタイヤサイズでも、タイヤの銘柄によって乗り心地などが変わってくるので、その場合は空気圧を若干調整して好みに合わせるのもアリだ。

 測るのは走行後ではなく、走行前の冷間時がベスト。近所のガソリンスタンド程度の走行であれば空気圧への影響は少ない。常にそこで調整するのであれば、基準が安定する。

次ページは : ■器具さえあれば自宅でもできる空気圧管理

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ