CX-5 スイスポ セレナ ロードスター… モデル末期でも何のその! 長く愛されている商品力抜群モデル4台とその理由

CX-5 スイスポ セレナ ロードスター… モデル末期でも何のその!! 長く愛されている商品力抜群モデル4台とその理由

 街中でふと「あのクルマはまだ現行かぁ」と思った経験はあるだろうか? 発売から長い時間が経過しているのにも関わらず、未だに高い人気・セールスを維持している「ロングセラー車」が存在する。

 今回はデビューから時間が経過しても安定して売れ続けているCX-5、ロードスター、スイフトスポーツ、セレナを取り上げ、その「長~く愛される理由」に迫る。

※本稿は2022年6月のものです
文/斎藤 聡、渡辺陽一郎、写真/MAZDA、SUZUKI、NISSAN、ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年7月10日号

【画像ギャラリー】愛されすぎ!!? 発売から時間が経ってるのに売れ続けているCX-5、ロードスター、スイフトスポーツ、セレナをギャラリーでチェック!(31枚)画像ギャラリー

■デザイン力に脱帽/マツダ CX-5(2016年12月デビュー)

マツダ CX-5。CX-5は年次改良と特別仕様車により人気をキープ。デビューから7年が経過するが、エクステリアデザインはまったく古さを感じさせず魅力的

 現行の2代目CX-5は2016年に登場。

 初代を踏襲し基本性能のブラッシュアップが図られているだけのように見えたのだが、もしかしたらそれもマツダの戦略のひとつだったのかもしれない。

 初代のモデルチェンジサイクルはSUVとしては比較的早い5年。

 実はマツダの魂動デザインの第一弾だったこともあり、2代目は早めに進化した魂動デザインを取り入れることでマツダのデザインを定着させようと考えたのではないだろうか。

 これが結果的に魂動デザインとしての濃いつながりを保ったまま2代目にバトンタッチできたのだろう。

 2代目になってすでに6年が経過しており、それでも古さを感じさせないマツダのデザイン力には脱帽するほかないが、その一方で初代、2代目の11年間でCX-5のカタチが定着し、性能的な安心感、優れた走行性能への期待感など、ユーザーの間で「定番」としての地位を獲得。安心して買える(乗れる)クルマの一台になったのだろうと考える。

 もちろん中身も期待を裏切らない出来のよさを備えている。

 例えばマツダ復活の起爆剤となった2.2Lディーゼルターボは改良が加えられ、いよいよ軽々と吹き上がり、分厚いトルクを発揮する“気持ちいいディーゼルエンジン”に磨きがかかっているし、Gベクタリングコントロール(GVC)は4WDにも対応したGVC+を搭載。

 もともとマツダのAWDは、オンデマンド式の4WDだが、クルマのさまざまなセンサーを駆使することで、驚くほど高性能な4WDに仕上がっている。

 さらに昨年の年改でオフロード・トラクション・アシストが採用され悪路走破性がさらに向上。

 といった具合に、発売後もその進化を止めることなく、年次改良を繰り返すことで走行性能をアップデート。今買えるCX-5が最も高性能で魅力的であることが、CX-5が売れ続けている大きな理由であることは間違いない。

 CX-5の次期モデルについての情報はまだない。次期型と思われたCX-50は北米専用でマツダは、日本への導入はないと明言。現行を改良して作り続け、将来的にはCX-60に吸収される可能性もある。

(TEXT/斎藤 聡)

●年別販売台数
・2017年:3万9893台
・2018年:3万8265台
・2019年:3万0054台
・2020年:2万4210台
・2021年:2万2406台
・2022年:1万2724台


●主な改良履歴
・2017年8月…i-ACTIVSENSEの拡大採用
・2018年2月…エンジンの大幅改良ほか
・2020年12月…ディーゼルパワーアップほか
・2021年11月…フロントデザインの変更ほか


●価格情報
・新車価格:267万8500~407万5500円
・中古車相場:119.8万〜386.8万円

次ページは : ■手抜きのないボディ、シャシー、強力なエンジンが魅力/スズキ スイフトスポーツ(2017年9月デビュー)

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ