利用するなら必読・要注意! 高速道路120km/h区間 軽&コンパクトカーは安全・余裕で走れるか?(前編)

利用するなら必読・要注意!高速道路120km/h区間 軽&コンパクトカーは安全・余裕で走れるか?(前編)

(※後編は「関連記事」を参照ください)新東名高速は御殿場JCTから先、静岡県内は延々と制限速度が120km/hに引き上げられた区間が続く。

 すでに東関道などでも最高速110km/hに引き上げられた区間が多く、今後、さらに120km/h区間も増えてくる。

 そんな高速道路120km/h時代、軽自動車やハイト系コンパクトカーなどは、動力性能や操縦安定性で120km/h走行を「余裕」をもって「安全」にこなすことができるのか?

 今回は敢えてテストコースではなく、実際に皆さんも走るであろう新東名高速を走りながら、120km/h走行の実際を操縦安定性や動力性能、燃費なども含めて総合的にテスト、評価した!!

※本稿は2022年6月のものです
文/鈴木直也、写真/ベストカー編集部、撮影/西尾タクト
初出:『ベストカー』2022年7月10日号

【画像ギャラリー】120km/hテストに参加した人気の軽&コンパクト5台をギャラリーでチェック!!!(25枚)画像ギャラリー

■新東名高速で確かめた120km/hでの操安&乗り心地

新東名高速は御殿場JCTを過ぎると制限速度が120km/hとなり、静岡県内でそれが続く。もちろん、120km/h出さなければならないというワケではないが……

 試験運用を経て、新東名の御殿場JCT〜浜松いなさ区間が全6車線化、制限速度120km/hとなってから1年半。

 この区間を利用した方も少なくないと思う。

 実際に走ってみて実感するのは、たぶん「100km/hと120km/hってけっこう違うな」ってことだろう。

 100km/h時代と同様、制限速度120km/h区間も現実の交通はプラス10〜20km/hで流れている。

 そこに適応してスムーズに走るには、クルマ側にそれなりの余力が必要だ。

 まぁ、SUVでもセダンでも、Cセグメント以上ならそのへんはほぼ問題ないのだが、厳しいのは軽自動車やスモールミニバンなど「庶民の足」と呼ばれるクルマたち。

 限られたエンジン出力で大きめの箱型ボディを走らせているから、100km/hを超えるとめっきり余力がなくなってくるし、直進性やスタビリティも少々あやしくなる。

 そこで、今回のテストでは敢えてそういうボーダーライン上のクルマを新東名に持ち込み、120km/h時代のリアルな生活感を試してみることにした。

 用意したテスト車は、スモールミニバンからルーミー(トヨタ)ソリオ(スズキ)、軽からはN-BOX(ホンダ)eKクロススポーツ(三菱)

 eKクロススポーツのみターボ4WDだが、他の3車はNAの平均的売れ筋モデルで、ベーシックな庶民の足で新東名120km/h時代を確認してみようという趣旨。

 これにプラスして、比較用にコンパクトハッチのノートe-POWER(日産)も走らせてみた。

 このテストでわかった事実をまず総括的に述べるなら、「余裕がないのは事実だが、決定的に落第と言えるほどダメなクルマもない。ただし、走りの質感については、けっこうな差を感じた」というのが率直な感想だった。

 前述のとおり、今回の4台はともにエンジンがボディサイズ・重量に対してミニマム。テストコースで計測すれば最高速はおそらく140km/hほどで、100km/hからの追い越しはなんとかなるが、新東名で流れをリードしようとすると全開また全開とならざるを得ない。

 また、これは車種によって程度の差があるのだが、直進性とスタビリティに関しても課題が残る。

 ボディ形状からして横風による影響を受けやすいのは予想どおりだが、レーンチェンジにおける位相遅れや揺り返しでも、かなり厳しい状況に追い込まれるリスクを感じるケースがあった。

 この点は100km/hまでと120km/hでは大きな違いがあり、その速度に不慣れなドライバーがいきなり緊急回避に直面したら……と考えると、不安なしとは言い難い。

 そのへんの具体的なリポートはこのあと述べるが、ひとつ間違いなく言えるのは「120km/をナメたらあかん!」ということ。

 120km/h時代に適応するには、クルマだけじゃなくドライバーの意識改革も必要だと思いますよ。

次ページは : ■試乗した各モデル雑感

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ