フリード デリカD:5 XV N-BOX ムーヴキャンバス… 「指名買い」したい唯一無二の魅力ロングセラー車5選!!

フリード デリカD:5 XV N-BOX ムーヴキャンバス… 「指名買い」したい唯一無二の魅力ロングセラー車5選!!

 長く愛される車種には4つの共通点がある。1つ目はそのカテゴリーに求められる魅力に応えることだ。2つ目の共通点は、他車とは違う魅力があること。3つ目は先代型の販売も堅調で、現行型への乗り換え需要が多いこと。4つ目は販売促進に力を入れること。

 今回はフリード、デリカD:5、XV、N-BOX、ムーヴキャンバス 5台のロングセラーモデルから長い人気を維持する理由を追った。各モデル時期型の話題にも触れる。

※本稿は2022年6月のものです
文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年7月10日号

【画像ギャラリー】息長ーく売れてます…!ログセラーモデル5台をギャラリーでチェック!(33枚)画像ギャラリー

■コンパクトでもミニバンとして高い満足感/ホンダ フリード(2016年12月デビュー)

2008年に初代がデビューしたフリード。現行型は2代目だ。2019年にマイナーチェンジされ商品力が向上

 2022年1〜4月に、国内で最も多く売られたミニバンはフリードだ。

 1カ月平均登録台数は約7600台で、シエンタ、ヴォクシー、アルファードなどを上まわる。国内で売られたホンダ車のうち、38%をN-BOXが占めるが、フリードも14%に達し、フィットより売れている。

 現行フリードは、全長が4300mm以下で運転しやすく、価格も割安で、外観にはミニバンらしい存在感も漂う。

 2列目シートはセパレートタイプが基本で、居住性に優れ、3列目を格納すると自転車も積める。コンパクトでもミニバンとして高い満足感を得られることが、2016年の発売以来、好調に売れている理由だ。

 今のホンダはN-BOXのヒットによってブランドイメージのダウンサイジングが進み、小型/普通車も、フィットやヴェゼルなど全長を4400mm以下に抑えた車種が売れ筋となっている。

 ミニバンではフリードに人気が集まり、先代ステップワゴンは売れゆきを下げて、オデッセイは廃止された。

 次期型は来年夏登場と予想。現行フィットをベースに、新型ステップワゴンテイストな外観に。1.5L、NAのほか、e:HEVを新たに搭載する。

●年別販売台数
・2016年:2万1154台
・2017年:7万9940台
・2018年:6万7799台
・2019年:6万9254台
・2020年:5万9648台
・2021年:5万5250台
・2022年:2万3316台

●主な改良履歴
・2017年12月…Modulo X追加
・2019年…モデルチェンジ。ホンダセンシング標準装備。クロスター追加ほか
・2020年5月…Modulo Xマイナーチェンジ。エアロフィンを新たに装着し走行性能UP

●価格情報
・新車価格:199万7600~327万8000円
・中古車相場:89.5万〜379.5万円

■悪路走破性 ディーゼル 3列目の足元空間/三菱 デリカD:5(2007年1月デビュー)

 三菱の小型/普通車で、最も多く売られている車種がデリカD:5だ。

 2007年に発売、2019年に大きな改良を実施して、内外装、動力性能、安定性、燃費、安全装備などを大幅に進化させた。

 そしてデリカD:5には、複数の特徴がある。まずミニバンでは、悪路走破力が最も高い。最低地上高に余裕を持たせ、4WDにもロックモードが備わり、SUVと同等の走破性能を実現させた。

 エンジンは直列4気筒2.2Lクリーンディーゼルターボを搭載する。低回転域から3.5Lのガソリンエンジンに相当する駆動力を発揮する。

 軽油価格の安さもあり、燃料代も抑えられる。ディーゼルを選べる国産ミニバンは、デリカD:5とグランエースのみだ。

 さらに全長が4800mm以下のミニバンでは、3列目シートの足元空間が最も広い。これらの特徴により、デリカD:5は中古車市場でも人気が高い。そのために高額で売却できるから、前期型のユーザーが後期型へ乗り換えることも多く、好調な売れゆきが保たれている。

 次期モデルはルノー・日産・三菱アライアンスのプラットフォームを使うことが予想されるが、次期モデルの情報は今のところ入ってきていない。しばらくは現行型の改良が続けられるだろう。

●年別販売台数
・2007年:2万7340台
・2008年:1万8607台
・2009年:1万5629台
・2010年:1万6852台
・2011年:1万3319台
・2012年:1万3455台
・2013年:1万3871台
・2014年:1万2199台
・2015年:1万1107台
・2016年:1万814台
・2017年:1万2969台
・2018年:1万3502台
・2019年:1万8141台
・2020年:1万1157台
・2021年:1万4790台
・2022年:6116台

●主な改良履歴
・2011年12月…新型2Lエンジン搭載、アイドリングストップ標準装備ほか
・2012年12月…クリーンディーゼル追加
・2019年2月…ビッグマイナーチェンジ。ディーゼルモデルのみに。新デザイン「ダイナミックシールド」採用 ほか
・2019年12月…e-Assist改良ほか
・2020年12月…オートワイパー搭載ほか
・2021年12月…新色追加

●価格情報
・新車価格:391万3800~448万9100円
・中古車相場:22.8万〜579.8万円

次ページは : ■実用装備充実ながら割安な価格が人気の秘密/スバル XV(2017年5月デビュー)

最新号

ベストカー最新号

ジムニーシエラ5ドアの詳報来たる!! 注目モデルも試乗ラッシュ! ベストカー8月26日号

発売中の「ベストカー」8月26日号は注目の新車特集号! 公開されたばかりの新型クラウンクロスオーバー、雑誌ならではの切り口で魅力を探ります。さらに、新型フェアレディZと新型エクストレイルの試乗記。新型シビックタイプR、新型ムーヴキャンバスの紹介もあります!

カタログ