新型コロナに負けるな! 免疫力を下げるNG運転&免疫力アップ法


 新型コロナがいまだかつてないほど猛威をふるっている。とはいえ、3年ぶりの行動制限なしの夏休みということで、遠出を予定している人も多いと思う。実際、高速道路も観光地も混雑が予想されている。

 ウイズコロナと言われても、やっぱり気になるのが新型コロナの感染リスク。マスクをして、密を避けて、手指消毒を徹底したとしても、感染者がどこに潜んでいるかはわからないため、感染100%を防ぐことは困難……。

 そこで知っておきたいのが、いかにして新型コロナウイルスが体内に侵入してきた時に、それに打ち勝てる体になるための術だ。カギとなるのは「免疫力」。今回は、免疫力を下げない、高めるためにはどうしたらいいのかを検証していきたい。

文/斎藤由紀子、写真/写真AC

【画像ギャラリー】新型コロナに負けるな! 免疫力を下げるNG運転&免疫力アップ法(10枚)画像ギャラリー

免疫力が新型コロナウイルスとの戦いの勝敗を分ける!

 免疫とは、新型コロナウイルスだけではなく、体内に侵入してきたさまざまなウイルスや菌を退治したり、変異した細胞を攻撃してがんなどの発症を防ぐシステムだ。

 免疫は、自然免疫と獲得免疫に大別される。自然免疫は、ウイルスが体内に侵入するとすかさず攻撃をしかけて感染を防ぐ働きを持つ、水際対策のための免疫。NK細胞(ナチュラルキラー細胞)やマクロファージという言葉を耳にしたことがある人も多いと思うが、これらが自然免疫だ。戦闘力はさほど高くないというのが難点だが、自然免疫の力が強い人は水際で退治できるウイルスの量が多いため、発症、または重症化リスクを下げることができる。

 ちなみに、日頃から風邪をひきやすいような人は自然免疫の力が弱い可能性が高いため、注意が必要だ。

 もうひとつの獲得免疫とは、自然免疫で退治しきれなかったウイルスと戦う戦闘力の高い免疫。ただし、すでにウイルスと戦った自然免疫からそのウイルスに関する情報を受けてからではないと働き始めることができないため、ウイルスを攻撃し始めるまでに時間がかかるというのが欠点。そして、獲得免疫がウイルスとの抗戦を開始すると、発熱などの症状が出る。

運転中にイライラすると免疫力は低下する

新型コロナに負けるな! 免疫力を下げるNG運転&免疫力アップ法
運転中のイライラは免疫低下の引き金になる。過労運転とともに避けたいNG運転だ

 精神的・肉体的ストレスは免疫力を低下させる要因のひとつ。強いストレスを感じた直後には免疫力が一気に下がることが医学的にも証明されている。つまり、イライラしている時には感染リスクも高まるということだ。

 特に、休憩なしに長時間運転をするなどの肉体的ストレスは免疫力低下に直結するので避けたいところだ。

クルマの運転は諸刃の剣

新型コロナに負けるな! 免疫力を下げるNG運転&免疫力アップ法
運転が好きな人、ドライブが趣味という人にとってはクルマの運転は免疫力アップを後押ししてくれる。ただし、ストレスを感じることなく「楽しく」運転することが重要

 免疫力を高めるうえで、好きなことをすることは有用と言われている。免疫力を高める働きを持つアドレナリンというホルモンは、脳や体が興奮状態にあるときに多く分泌されるからだ。

 つまり、運転することが好きな人にとっては、運転するという行為により脳が高揚して免疫力アップにつながると考えられるのだ。ただし、前項で解説した通り、運転中のイライラは逆効果になってしまうので注意しよう。

 長時間運転をした後に不特定多数と接触する人込みに行かないことも重要だ。運転疲れで免疫力が落ちいてる時に近くに感染者がいたりしてウイルスが体内に侵入すると少量のウイルスでも感染する恐れがあるからだ。

 特に、夏休み期間中はサービスエリアなとが混雑しているため、休憩をする時も密にならない場所で休憩をとるなどの工夫をしよう。食事をする時も、レストランで食べるならマスク会食を、レストランが超満員といった時には店内飲食を避けて、テイクアウトして屋外または、車内で食べるのほうが安心感は高まる。

免疫力を下げる運転

■長時間の休憩なしの運転
 休憩なしにガッツリ運転することはNG。精神的にはOKでも、肉体は悲鳴をあげている可能がある。特に運転が大好きな人は高揚感もあって、運転中の肉体疲労を感じづらいこともあるため、疲れを感じていなくても定期的な休憩をとるようにしよう。

■寝不足状態での運転
 寝不足自体が免疫力を低下させる。長時間に渡り運転をする前日、混雑した所に出かける前日には7時間は睡眠時間を確保しよう。

■強いストレスを感じつつの運転
 カッとするとその後数時間は免疫力が低下することがわかっている。運転中にカッとしそうになったら、心を落ち着かせる効果のある深呼吸を。数回深呼吸をすると心を落ち着かせることができる。

■エアコンの温度を下げすぎない
 体温が低くなると免疫力が低下する。免疫力が最も高い状態を維持できる体温は36℃後半から37℃程度。そのため、体の冷えを感じてしまうような温度設定はNG。また、冷たい風をダイレクトに受けるなどは避けよう。

次ページは : 免疫力を高める秘策は?

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ